コクリエ国語教室

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

変わりすぎてるうちの子、ひょっとしたら、将来有望?〜発達障害は最強の武器である

2018.02.16 Fri

「私はこれからの時代、周囲の人と違ってなんぼだと思っている。

全ての能力が平均的な人に比べて、一風変わったものの見方や

感性を持った人の方が活躍する時代だと思うのだ」

「発達障害は最強の武器である」元マイクロソフト社長の成毛眞氏の本の序章に、こうあります、

 

IMG_7089

ビルゲイツは、会議中、1時間でも2時間でもずっと体を揺らし

続けていて、マイクロソフト社では「会議中ビルを見てはいけない、

船酔いのような状態になる」と言われていたそうだ。

また、成毛氏があるときビルにとても安い商品を売れと言われて

「そんなものは、犬でも売れる!」とメールをしたら、

「日本では、犬が営業マンをやっているのか?」とビルは大真面目に答えたという。

立派なアスペルガー症候群(本の表記通りで、)

比喩が全く理解できない。言葉通りにしか理解できないのだ。

 

そういう成毛氏は、自身をADHDだと言う。

長時間座っていられない、思ったことをすぐ言動に移してしまう、

忘れ物、不注意、自分のことばかり長々と話してしまう、、、

 

どうやらIT業界には、発達障害と言われる人が多いらしい。

シアトルの空港で不審がられた成毛氏は、勤め先を聞かれ

「マイクロソフト」というと、それなら仕方ない、こういう人が

多いから、と無罪放免になったのだそう。

 

学生時代は、忘れ物をしたり、落ち着きがなかったり

「普通でない」ことで悩むことも多いと思うが、

得意なこと、好きなことに没頭できる「過集中」は、何かを極めるのに適している。

 

お子さんがこんな状態で困っていらっしゃる方、長い目で育てたら、ビルゲイツになるかも、、、しれませんよ

 

変わっているところが宝物、大事に育てましょうか

| 2018.02.16 18:08 | おすすめの本, 社会問題 |

お子さん大丈夫?AI vs 教科書の読めない子供達

2018.02.05 Mon

近い将来、AIの発展で仕事が大きく変わり、人間はAIに仕事を奪われるなどと心配されています。

AIを搭載したロボットが、実際に世の中に現れてきています

本当なのでしょうか?

IMG_6985

やっと、コクリエ国語教室が教えていることの重要性が、データで現れました。

 

「AI  vs 教科書が読めない子どもたち」新井紀子著

面白いです。

 

第一線のAI研究者である新井氏は言います

「AIは脅威ではない」と

本当の意味でのAIは、まだ出来ていない。

今巷でAIと呼ばれているものは、AI技術を利用しているだけであり、人間に変わるAIが完成するめどは立っていない。

なぜなら、コンピュータは、四則演算中でも足し算と掛け算しかできない、数学でできている代物であり、人間の脳の活動、世の中のものを全て数式に表すことはできないから。

 

AIと聞くと、すごいことができている気がして、

賢いロボットを見せられると、未来がやってきた気がしている。

自動運転が現実化していたり、

SIRIがいい反応してくれたり、、

AIが将棋で勝ったり

医者に変わって症例を早く見つけたりすると少し焦る

もうちょっとしたら、AIが人間を追い越す「シンギュラリティ」が起こるとか、、

 

なんか、すごい世の中になりそうな気がしていた。

 

当面、その実現はないようだ。

 

しかし、この本では警告する

人間は、大丈夫?と。

 

AIが得意なことをやっていては、AIにかなわない。

記憶、計算、一定の推論の正確さと速さはAIには叶うはずがない

 

じゃあ、AIが苦手なことは何?

数式に表せないこと

 

それは「意味」を読み解くこと

 

人間は大丈夫?本当に文章の意味を読み解いている?

 

AIは、国語が苦手

それでもセンター模試で平均点は取れる。

平均点が取れない学生は、多分文の「意味」がわかっていない。

では、どうしたらいいのか?

解決策は本にはありません。

 

 

でも、コクリエ国語教室では、平均3ヶ月で大きな変化が見込まれます。

「読んでわかる力=読解力と思考力をつける国語塾」

ピンと来た方、お問い合わせください。

春の無料相談会開催中です

 

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

 

| 2018.02.05 13:25 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, 社会問題, 考える力をつけるには? |

子どもが急に変わってしまったのは、、〜思春期の脳

2018.02.01 Thu

面白い本に出会いました

IMG_6971

 

「10代の脳」

アメリカの脳科学を研究している女医さんが、自分の子が高校生になった途端に、別人のようになり、髪を染めたり、 反抗的になってしまったことに驚き、研究を始めたものを本にしています。

 

なぜ思春期の子は、理解不能で、衝動的で、とんでも無いこと、危険なことをするのか?

それは、脳が再編成をしているから。

脳が未完成で、前頭葉(判断や制御をするところ)と脳の他の部分の連絡がうまくいかないからなのだそうです。

本人も、どうしてそれをしてしまうのか、どうしてしないのか、制御できずに困っているのだそうです。

 

だとしたら、このことを親子で共有して、できるサポートをするという手があります。

 

うちの子が特別に反抗的なのではなく、脳が今まだ成熟していないだけ、変わりつつある過渡期だという事、それを知って捉え直してみませんか?

| 2018.02.01 15:07 | おすすめの本, 社会問題 |

中学受験のメリット〜有名私立中学のいいところ

2017.09.21 Thu

開成×灘式思春期男子を伸ばすコツ

随分前に買った本ですが、やっと読めました

IMG_4836

私立の学校のいいところは、教育方針がしっかりしているところ

特に、難関校になると、独自の取り組みを長年にわたって、

信念を持って継続している。

目の前のテストの点数や、損得勘定ではなく、

長い目で見て、人格形成に必要だと思われる事に力を注いでいる。

思春期男子ばかりがいる環境で、その子達に必要な経験、生きた学びがある場なのだ。

 

「信念のある教育方針」のある公立校がいくつあるだろうか?

基本的に先生達は公務員であり、転勤がつきものなので、

公立校でこだわった教育方針を持続するのはなかなか難しいのではないだろうか

 

いくつか気になった部分を挙げてみる

 

★開成    ☆灘

★放任主義で失敗を経験させる。自立と自律を育む自由

☆自由なものの中には、自己責任と自律の気持ちがないと成り立たない

男子校にこだわる理由

★中高時代は女子の発達が早く、男子は補佐的になる。男子ばかりだからこそ先輩後輩で学ぶことがたくさんある

☆男子校だからこそできる事が沢山ある。伝承がある。

 

★面倒見の悪い学校ですが、生徒は世界一優秀。先生は見ているだけ。生徒は問題解決力が身についている

☆受験勉強でなく、大学、社会に出てから役立つ学びを意識。

★思春期という勉強が手につかなくなる時期があります。その時期が高校受験にぶつかると厳しいですね。

☆授業を再現するため 、板書を丸写しでなく、じぶんなりのノートを作る

★何回書いて感じを勉強しなさいという管理教育はせず、自主性を重んじます。勉強方法も個性。自分に合ったやり方を見つけ、それを許す学校に行けば幸せに過ごせる

 

高校入試がないぶん、内申を気にしなくていい分、生徒達は自らの知的好奇心に沿って学び、切磋琢磨し、傷つき立ち直り、自分の道を見つけていく。

 

もちろん優秀な子達だから、とは言えるが、この本を読んでいると、公立中高の環境が、気の毒になる。

 

私立受験をするかしないかの参考にもなるので、興味のある方は、一度読んで見てください

| 2017.09.21 18:26 | おすすめの本, 中学受験 |

個性的すぎて、理解出来ない子の世界は、、

2017.04.03 Mon

IMG_2643

 

「COCORA  自閉症を生きた少女」天咲  心良

 

衝撃的な本である

発達障害のひとつ、自閉症スペクトラムと診断された著者が、自叙伝として書いた本

本人の内側で、どんな事が起こっているのか、何故なのか?が、

本人視点で描かれている事が画期的だ。

癇癪持ちで、人の顔も区別がつかず、人の気持ちもわからず、

団体行動が出来ない主人公ここら

 

ここらの家庭、おばあちゃん、両親、姉からも、「頭がおかしい」「生まれて来なければ良かった」と心無い言葉を浴びせられ続け、ほぼ虐待状態。ひとりも味方になる人はいない

自分で自分の制御もできず、人の話を聞いたり

理解したり、言われた通りに出来ず、

小学校に行けば、かなりおかしいエキセントリックな教師にあたり、毎日ターゲットとなり吊るし上げと、生徒によるいじめ

 

何が嫌で、暴れるのか?

なぜ、奇声をあげるのか?

なぜ、いう事を聞けないで何度も禁止事項をやってしまうのか?

 

それは、自閉症スペクトラムという、発達障害のひとつ、脳の障害なのだが、

その感覚、違和感は子どもだから説明できず、他の人と違うので理解されない。

わがままで頭がおかしく、言う事を聞かない頑固な困り者とレッテルを貼られる

 

感覚が他の人と違う

衣服は、チクチクしたり違和感がひどくて、特定のものしか着られないから、着たきりスズメで臭いと怒られる

何かを食べても味がわからず、嫌な感触しかなく、給食を先生が求めるスピードで食べられない

シャワーや風呂の水が肌に当たる感覚が耐えられず風呂に入れない

音などに敏感

 

慣れたことしか対応出来ないので

教室が変わっても、いつものトイレしか使えなくて、粗相をする

知らない場所ではパニックを起こす

 

言葉通りにしか受け取れないので

人の言うこと、意味を理解出来ない

 

衝動的な側面を制御できないので

親身になってくれる人、人の親切にも結局裏切りで返す

 

などなど、、、

周りの大人や子供から、到底理解されない行動と発言ばかりする。

 

本人の記憶による描写なので、本当にあったことなのか?と首を傾げたくなるほど酷い周りの扱い

家族も酷い     かなり偏った人たちばかり

学校の先生も酷い    特に1年生の担任は人格異常だろう

クラスの同級生も酷い  先生というリーダーの言う通り悪ノリでいじめ続ける

 

小学一年生またはそれ以下で、

自分の感じている事を説明することもできず、

何を言っても信じてもらえず、まともに受け取られず、

どこにいてもひとりぼっちで、仲間も居場所もない。

 

この物語が本当なら、周りの対応もあまりにひどく、読んでいて痛すぎるが、

こういう感覚の違いすぎる、独特の世界観にある人がいるという想像力を持つこと、ひとつの世界観をしることは、決して無駄ではないだろう

その行動や反応でしか判断できない周りの人にとって

ここらさん特有な点もあるだろうが、本人視点で詳しく描かれている事は理解したいと思っている周りの人には役に立つ

特に、子育てで困っているご両親、教育関係者、心理的サポートをする人には一読をすすめる

IMG_2646

今のところ.小学校編と思春期編が出ており、続編も予定されている。

とにかく圧倒され、ほぼ1日で2冊一気に読んでしまった。それほど衝撃的で、新鮮で、惹きこまれた

 

| 2017.04.03 15:02 | おすすめの本 |

学校不要論!byホリエモン

2017.03.25 Sat

「すべての教育は洗脳である」 堀江貴文  光文社新書

 

ホリエモンらしい、とてもストレートで論理的な内容だ。

 

IMG_2512

世の中は二種類の人に分けられる

貯金型は、「いざという時のため」備えるタイプ

やりたいことを我慢し、ボスに従いやりたくないけどやらなくてはいけないことをする

もう一つは投資型   自分のしたい事にすべてのリソースを投下する。

したくないことはせず、自分が夢中になれる事だけにリソースを費やす

 

「いざという時のための」 貯金、勉強、学歴、資格

イザはいつ来るんだろう?

インターネットの時代、昭和のイザは、もう通用しないのに、学校だけは昭和のまま、、、

 

学校も会社も洗脳

思考停止になり、自分のしたい事は迷子のまま、、、

 

ローカル人材とグローバル人材

どちらを目指したいか?

 

今までは、教育分野は、何十年も学校と塾に丸投げのしていたと言っても過言ではない。

それが、これからは、ひとりひとり違う道を選ばなくてはいけない。

 

「いざという時のための取り敢えず進学」は無駄でしかない。

 

お母さま、お父さま。この本を手にとって、読んで見ませんか?

そして、出来れば子どもにも読ませてあげてください。

知らない言葉があっても、なんとか読めるでしょう。

一緒に考えて話し合って見てください。

この子は、どんな教育、どんな興味があるのだろう?

 

ひとりひとり違う世の中には、今の教育制度は、合っていないようです。

 

| 2017.03.25 12:14 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, コクリエで学ぶこと, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

受験と親の関わり〜下克上受験に学ぶ

2017.03.23 Thu

先日、テレビで「下克上受験」が最終回を迎えました

私も全部ではありませんが、よく見ていました。

面白おかしい脚色がありましたが、しっかりした内容だったと思います

IMG_2491

 

原作は同じタイトルの実話本

両親ともに学歴は中卒

おじいちゃんおばあちゃんも中卒

そんな家庭の中で、子供には自分と同じ道を歩いて欲しくないと思ったお父さん

中ぐらいの成績の娘を、塾に通うことなく

お父さん自身が指導して受験に向かったストーリー

 

ドラマも面白かったが、ディテールは省かれているので、本の方がリアル感が伝わります。

 

事の始まりは、お父さんが娘を何よりも愛していたから。

「こんな素晴らしい子が間違って我が家に産まれた。自分たちと同じ道ではなく、

幸せになるべき子だ」と思ったことだ。

そして、お受験ブログから様々な情報を得て、問題集を買い込み、塾テキストをオークションで手に入れ、自宅に塾ルームを作った。

5年生の夏から始まった、少し遅い下克上受験。

どんなに教えても、なかなか覚えない娘。

二人三脚で、お父さんも娘も一緒の問題を解く。

教える人と教えられる人ではなく、ともに学ぶ。

そんな顛末を描いた実話ストーリー

 

この本を読んで、学ぶべきことは

親が「ともに学ぶ」という事。

教えるのではなく、横に並んで学ぶ。

 

子供と同じ視線で物事を見ているという事。

 

ともすると、親も先生も、

対面で「上から視線」で 子供を見がちになる所、

横並びで同じ視線でいると感じた。

 

押し付けない一生懸命さ

言葉にしなくても伝わる信頼感が、

 

子供にとって、安心感になるのでは?

 

受験をしなくても、一度読んで見られるといいと思う、いい本です

 

| 2017.03.23 18:56 | おすすめの本, 中学受験, 考える力をつけるには? |

ARTは国語‼︎ byタモリ〜西野あきひろトークショー名古屋

2017.02.25 Sat

IMG_2182

 

「魔法のコンパス」で大ファンになった西野あきひろさんの名古屋で開催されたトークショーに行ってきました。

 

話の面白さ、頭の回転の速さは、プロに失礼ですが、さすがです‼︎

 

お話の多くは魔法のコンパスの中からでしたが、

絵本を書くきっかけ、タモリさんとのやりとりの中で、興味深いお話が聞けました。

タモリさんが、テレビに出なくなった西野さんに「絵本を描いて見ないか?」と言ったのですが、なぜ西野さんに勧めたのか?

 

世の中に出ている絵本が子供をバカにしている

面白くない、と言うのが二人の動機

 

西野さんは絵を描いたことがないにもかかわらず、西野さんに、絵を描けとタモリさんが言った理由

それは、「ARTは国語だから!」

 

意味がわかりませんよね?

この場合の国語とは、わかりやすくきちんと説明する力

タモリは、わかりやすくきちんと説明する力が、西野さんにあると思ったので、絵本、ARTを勧めたのです。

 

なるほど〜

目からウロコですね!

ARTは、説明しないもの、わかりやすくはないもの

というイメージです。

難解にしてこそナンボ、、みたいな

 

タモリさんが言ったのが、

「ARTは国語」

 

 

えんとつまちのプペルも、この発想から始まったのですね!

わかりにくいものをいかにわかりやすく説明することが出来るか?

漫才などの話芸もまさにそうですよね!

 

国語の力、ただのテスト対策や、難解な文法ではなく、応用範囲が広いのです

 

 

 

| 2017.02.25 17:23 | おすすめの本, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |

読書は国語力アップに効果があるか?

2017.02.20 Mon

IMG_2125

 

読書はどんな効果があるか?

 

読書好きな人にしてみれば、本を読む事は楽しい趣味の範囲なので

「どんな効果があるか」などあまり気にならないかもしれませんね

お子さんの教育に興味のある方は、

「勉強が出来るようになるには本を読む事が必要なんですよね」

と読書の効用に興味がおありだと思います。

特に国語は、読書神話があり、「読書をすればいい国語力が上がる」と信じている方も多いようです。

 

昨日の記事にも書いたように、読書が効果的かどうかは、「自主的に、楽しんで読んでいるかどうか」にかかっていると思います。

が、やはり、様々な子を見ていると、結果的に読書が国語の成績またはテストの点数に良い効果がある事は否めません。

今日はその辺りをお話ししますね

 

1.読書が好きな人は、読むスピードが早い

あらゆるテストは、時間内に問題を解く必要があります。

制限時間内に全ての問題を読んで解かなければなりません。「もうちょっと時間があったらな」は通用しないのです

読む時間が短ければ、当然考えたり解いたりする時間が増えます。

ということは、文章を読むスピードが早いことは、テストにおいて大きなアドバンテージです。

 

特に中学入試、大学入試の国語のテストでは、長い問題文を読むだけで、大半の時間を使ってしまう子が多いのです。早い子と遅い子では、2倍の差は軽くあります。

読書好きは、文字に慣れているので、目の動きも早く、内容も正確に読み取る事が出来る子が多いです。

これだけでも、大きなメリットです。

2.読書により色々な知識を得る、語彙力がつく

本は、世界中の、昔からの全ての知恵を集めたものと言えます。

歴史上の偉大な人物が書物を残していたら、直接その人の話を本を通して知る事が出来るのです。

ほんの数百円千円ちょっとの金額で得られるとてもコスパの良い情報源です。

小説やエッセイ、論説など、多岐にわたる書物から得た知識の集積を、昇華して知恵にする事ができます。

また、得られる知識の一つが、新しい言葉。

本を読めば今まで知らなかった新しい言葉のいくつかに出会うでしょう。こうして国語の基礎である、語彙力が文脈の中で自然に身につきます。

 

 

3.本は珍しい体験を味わわせてくれる

一番大切なことは、人の受け売りではなく、自分で体験することだと思います。

しかし、人生において、時間もお金も限りがあります。本を書く人は基本的に、変わった体験や、意見などを書いています。、出版社が人に読んでもらう価値があると判断した内容であるはずです。

私たちは本を読むことで、その人の体験を疑似体験する事が出来るのです。

4.なぜ、2や3が大切なのか?

国語のテストに絞って考えると、私たちは「知らないことに関する文章は読みにくい」という特徴があります。

知らないことはわからないのです。

自分が体験したこと以外でも、本を通して様々な知識を知っていれば、国語のテスト問題を読解する助けになります。

 

以上、学習という狭い範囲に絞っても、これだけのわかりやすい効果があります。

 

もちろん「教養」という、わかりにくいけど、とても大切なことに、読書が果たす役割は、大きなものがあります。

 

 

| 2017.02.20 17:07 | おすすめの本, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験 |

塾の変遷〜小説 みかづき1

2016.11.24 Thu

塾を題材とした小説「みかづき」森絵都 著  を読了しました。

この小説は、戦後千葉で開設された私塾が、時代にのり、規模を大きくし、様々な問題を通り抜けながら変わっていく様を描いています。

塾中心というよりは、そこに関わる家族の人間模様が中心です。

 

img_0841

「みかづき」というタイトルの意味は、本を読んでのお楽しみではありますが、

本の帯にあるように、教育の本筋=学校は太陽、塾は影の存在=月、

という戦後塾が始まった頃の構図があります。

 

今、中学生ともなると、塾に行かない方がおかしいというほど、塾の存在は当たり前のものになっています。

しかし、開設当時学校や新聞など世論にたたかれ、塾に通う生徒は隠れて通っていたのだそうです。最初は主に勉強のできない子の補習塾という位置づけでした。

そこから、昭和50年代くらいから塾の全盛期となり、べんきょうのできる子が差別化するため、進学塾という位置づけになってきます。

やがて、個別塾の時代。

そして、いつの時代もそうですが、経済格差が顕著になってきた現代、進学塾に通えない子たちをサポートする福祉としての無料塾

 

時代とともに、時代の影として、塾の変遷が見て取れます。

社会の矛盾が、一番先っぽの一番弱いところに表れます

ただ、いつの時代も、学んで、わかると嬉しい!

という子供達の輝く瞳に、教育に携わる者はかなわないのです。

そういう意味で、とても恵まれたやりがいある仕事であると言えます。

この本は、教育について色々なことを教えてくれています。シリーズで書いていきたいと考えています。

お楽しみに

 

| 2016.11.24 18:18 | おすすめの本 |

次のページ »