コクリエ国語教室

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

国語が難しく感じる人は〇〇〇を知らない

2017.12.04 Mon

国語のテストって不思議で、わかる人はわからない人が何をどうしてわからないのかがわからない。

わからない人は、わかる人はどうしてわかるのかが全くわからない。

国語の先生になる人は、子供の頃から国語が得意だった人がなる確率が高いので、わからない人かなぜわからないかわからない。そこで「国語はセンス、漢字で点数を取って」となってしまう。

だから、「わかり方」を教えてくれる人がいない。

 

そんな「国語はセンス」という怪しい都市伝説への、一つのヒントがこの記事にある。

読んでみてほしい

 

 

「言葉の奥には、その言葉を使う社会の共通認識がある」

日本語で小説を書くイラン人作家
〈以下引用〉
人は互いの「共有知」を拠り所にし、それをバネとすることで、多くを語らずとも相手の言わんとしていることを察し合うことができる。
文章であろうと音声であろうと、言葉で何かを伝えようとするときに何よりも重要なのは、文法の知識でも語彙の数でもなく、この「共有知」の有無なのかもしれない。

 

国語で問われるのは、そういう事
国語が苦手、コミュニケーションが苦手な人は、この「共通知」に気づけていない

| 2017.12.04 10:41 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 作文・意見文・小論文教室, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

まずは、文を読んで理解すること

2017.12.03 Sun

コクリエ国語教室では、まず「読解力」をつけます

それは、国語ができないことの第一の原因は

文章を読んで意味が理解できていないから。

「ちゃんと読んで、設問に答える」が国語のテストだからです。

 

文章を読んで、意味がわからないってどういうこと?ですよね。

 

小・中学生の子供の多くが、文章を目で追っていても、頭を働かせておらず、文章を読みながら意味を理解しようとしていません。

 

よくいるのが、問題集を前にして

「先生!何すればいいの?」と聞く子

「何をすればいいかは、書いてあるから!」

はい。

面倒なんです。読んで、自分の頭で理解することは、、

最近なんでも便利だから、説明書を読まなくても、直感的に使い方がわかりますよね?

何年か前まで、携帯を変えると取扱説明書を読んだものです。

そんな世代に生きている子はより一層、文を読む習慣がない。

周りがやり始めたら、聞いたり、見よう見まねでやり始めればなんとかなる。

それが、色々な教科の学習に影響を与えているようです。

教科書を読んでも意味がわからない子が多数存在

https://s.resemom.jp/article/2017/11/28/41564.html

 

うちの子もそうかも、と思った方、ご相談にのりますよ。

冬季講習も募集中です

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2017.12.03 09:45 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 社会問題, 考える力をつけるには? |

未来はノートで変えられる〜麹町中学の例

2017.11.28 Tue

私は国語の塾の主宰だけでなく高橋政史氏に学んだ「方眼ノートトレーナー」でもあります。

なぜ、方眼ノートトレーナーなのか?

 

教育が大きく変わる今、新しい学び方が必要だと考えるからです。

それが「方眼ノート」

 

実は、公立中学である東京の麹町中学で方眼ノートを取り入れています。高橋先生は麹町中学の校長先生と共にこの取り組みを実践されています。

 

麹町中学のノートの取り組みが特集されました

改めてこの記事を読んで、校長先生の考え方、実行力に感服しました。

IMG_2126

子どもに考える力をつけるには?

自ら学ぶ力をつけたい

親子で同じことを学びたい

 

 

こちらから

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11213?layout=b

教員の話をただ漫然と聞いて板書を書き写すのではなく、要約して自分の言葉にまとめ、アウトプットする。工藤氏はこれを「再現性のあるスキル」だと指摘する。

 

 

子どもに考える力をつけるには?

自ら学ぶ力をつけたい

親子で同じことを学びたい

そんな事を実現する

方眼ノート1day講座は随時開催可能です。

お問い合わせください

 

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2017.11.28 09:48 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, 方眼ノート, 考える力をつけるには? |

魔法の手帳?「超」結果手帳

2017.10.25 Wed

みなさん、そろそろ来年の手帳をお考えの頃

 

私もかなり手帳好きで、毎年9月末くらいから、手帳コーナーで手帳ジプシーをしておりました

 

今年は、、もう、手放せない手帳に出会いました

 

その名も「超」結果手帳

頭のいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?の著者、高橋先生が作られた手帳です

IMG_5072

 

こちらの手帳、普通と違う事だらけ

まず、3ヶ月で1冊、つまり何に4冊

この手帳は、10月から12月版です

 

また、1日が見開き1ページ、たっぷりあります。

 

どこに何を書いてもいいのですが、方眼ノートトレーナーたちが9ヶ月使って、いい使い勝手のアイディアがたまっています。

そして、その通りに10月から使い始めたら、、、

驚くような嬉しいことが続々続きました。

お客様からのお問い合わせが10月初めに一週間に集中して

入塾者がいつもの6倍‼️

 

 

一言で言うと、自分と向き合う場、時間を持つための手帳でしょうか?

 

私たちの中に眠っている、可能性のタネに気づき、育てるための手帳

 

そして、ちょっとの魔法

 

ご興味のある方は、手帳講座とともにお渡しすることが出来ます。

手帳だけでも、という方も(在庫があれば)おわけできます

メッセージお待ちしています

 

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2017.10.25 17:18 | コクリエで学ぶこと, 方眼ノート |

勉強すると眠くなる、、それってひょっとすると

2017.10.13 Fri

いろいろな子供たちを見ていると、教えている間にウトウトしたり、意識が遠のく子が時々いる。

苦手な教科だったり、昼間に学校で疲れていたり、いろんな要因が考えられる。

話し合ったり、顔を洗いに行ったり、様々な事をしても、毎回寝てしまう子も。

ほとんどの子は悪気はなく、なんとかしようと思っているにもかかわらず、、、

 

ケースバイケースだが、様々な「抵抗」の現れであることもある。

でも、こんな場合も考えられる様だ。

睡眠障害

http://news.line.me/issue/oa-sankeinews/088c41d77641

 

睡眠障害、以前教えた高校生もあまりにもひどかったので、睡眠外来に行ってもらったが、、、なんともなかった。

病気の子に、気合で、と言っても無理だからね。

 

一般の病院の先生が知らない、専門家しか知らない病気も意外に多い。

 

基本性善説な私は、様々なケースや情報を試してみたり、他の生徒さんのケースを応用したりする。

 

思春期の子たちは、心も身体も揺れ動いている。

知っておいた方がいいこともありますね。

| 2017.10.13 18:56 | コクリエで学ぶこと, 社会問題 |

考える力を育む

2017.09.28 Thu

「ちゃんと考えなさい」

そんな風にお子さんに言うことないですか?

IMG_2126

 

言われた方は「えーっと、、何すればいいの?」

と疑問に思うものの、なんと聞いていいかわからず黙って「考えたふり」

で、結局「ちゃんと考えなさいと言ったでしょ?なんで考えないの?」

と怒られる、、、

考えるって何をすればいいのかわからないまま大人になり、

「ちゃんと考えなさい!」と子供に言う、、と言う連鎖

 

考えるためには?

 

こちらの記事にあるように、お子さんに考える力をつけるには

身近な人の「質問」が効果的です。

どう考えるのか?その方法を質問で誘導して行きます。

答えに誘導するのではなく

「考え方を身につける」ために、質問してくださいね。

 

しばらく続ければ、自分で質問を作れる、自問自答できるようになります。

これが、「考える力がついた」状態です。

 

中学生などでは、考える力がなくても、なんとか点数が取れたりします。

しかし、その後、伸びません。

 

目の前の点数を取ることではなく、考える力を養うことが勉強の大きな目的です。

 

日常生活の中で、小さな頃からできる考える力を育む方法です

 

| 2017.09.28 19:12 | コクリエで学ぶこと, 考える力をつけるには? |

子どもたちと一緒に季節を感じる

2017.09.26 Tue

IMG_4966

昨日、どこからともなく、金木犀の香りが漂ってきました。

今日は近所の田んぼで稲刈りが始まり、稲を刻んだ青臭い香り、新しい畳の香りが漂っていました。

秋が深まっていますね。

IMG_4967

皆さんは、今年、どんな秋を見つけましたか?

 

昨日、小学生の授業で「手紙を書く」をやって見ました。

日曜日にお話を聞いたひきたさんのお手紙教室を真似て。

その中で「季節の挨拶を入れる」というのがあり、とてもいいなぁと思ったのです。

 

季節の挨拶を入れようと思うと、この本文の最初のように、

日常生活から季節感を自分で感じる必要がありますね。

季節の変化にどうやって気づくか?

それも教育だと思うのです。

私たちは、お父さんやお母さんおばあちゃんたちの

「あ、金木犀だね。秋だね」とか

「この香りは、稲刈りが始まったね。いよいよ収穫の秋だね」

なんて会話を聞いて、頭の片隅にインプットします。

あの甘い匂いが金木犀という花の匂いで、秋に咲くことは、誰か知っている大人が

それを幸せそうに話題にしてそうなんだと認識できるのです。

それは、日常生活で得る、生活のなかで得る生きた知識

これは、身につきます。

 

虫好きなら虫から、お花好きなら花から、お月見など季節の行事を

いつも家族で楽しむということでもいいですね。

 

私たちは、五感で様々なものを感じていますが、それを意識するのは

そのうちの一部だけです。

自分にとって意味のあるもの、価値を置くものだけを選択的に意識に上げ、

あとの情報は捨て去ります。

だから、感性を育むにもこのような教育が必要だと思うのです。

 

メールや、Lineで用事や情報のみを伝えることが多い今、

情緒や気持ちを大切にするには、こんな日常のさりげない会話が

大事ではないかなぁ?と思います。

教育でも頭の知識だけでなく「感じることが大切」と言われます。

自分の意見を持ったり、選択するには、感じる能力が大切だったりします。

感じることを親子一緒に始めませんか?

新しい教育制度で重要とされる、考える力、それを具体的に現す

作文、意見文、小論文も、自分の意見にプラスαの感性が乗っていて初めて

その人らしいとてもいい文章になります。

 

 

 

昨日教えていた子は都会に住んでいるので、私のように季節を感じる

自然が身近にないようです、そんな場合はお花を買ってくるとか、

スーパーで買い物する時にこれはこの季節なんだよなんて話してはいかがでしょう?

または、季節を感じに、休みの日は少し郊外まで 脚を伸ばすとが。

 

あなたの秋はどんな秋ですか?

どんな香り、どんな味、どんな音に秋を感じますか?

それを教えてくれたのは誰でしょう?

| 2017.09.26 16:44 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験 |

偏差値74‼︎3ヶ月ですごい成果!

2017.08.16 Wed

とても嬉しいご報告をいただきました。

 

この春から、コクリエ国語教室に通っていただいている高2の男子

進学校に通っていて、将来の夢も幼い時からしっかりしている。

知り合いの方にご紹介いただき、入塾されました。

 

中学までは国語もそんなに問題なかったのですが、高校に入って、

国語が伸び悩んでいるとのことでした。

 

志望校は、国公立の理系の超難関

センター試験でかなりの点数を取らなければなりません。

 

そんな彼は、本当に素直にきちんと課題をこなし、私も驚く成長をされています。

指導カリキュラムからは、まだ道半ばですが、先日授業時に、晴れやかな顔で

「模試の偏差値が74になりました!」と報告してくれました。

「今までどんなに頑張っても、59より上がることはなかったけど、、」と

 

指導1ヶ月目から、かなりの手応えを感じていたようで

「早く問題文が読めるようになった」

「読んだ文章がよくわかる」

と言っていました。

 

苦手意識の強かった国語で、偏差値74は嬉しいね‼︎

大学受験の国語の文章(中学受験も)は、国語嫌いにはかなり難易度が

高いのですが、「きちんとしたん読み方」を身につけた(まだ道半ばですが)

ことで、選択肢も迷わず選べるようになったようです。

 

ちなみに、偏差値74ってどれくらい?という方に

「偏差値74は上位約0.8% ということになります。1000人中8番目くらい、ということです」

 

こんなに短期間にはっきりした成果をあげられたのは、素直に

課題に向かい、自分と向かいあったから。

まだまだ教えることは沢山あるので、偏差値がどこまで伸びるのか、

とても楽しみです‼︎

 

本気の受験生は、伸びがすごい‼︎

どうしても入りたい学校がある、夢を叶えたい学生のみなさん、

お待ちしています

 

お問い合わせ先 お申し込みこちら
08045250709 黒川
電話に出られない場合がございます。お手数ですが、お名前とメッセージを残して下さい。折り返しご連絡いたします。

| 2017.08.16 17:46 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 大学受験, 生徒・父兄喜びの声 |

自分のことは自分で決める!自信をつける法

2017.08.12 Sat

夏休みも、半ば。

お盆休みで、みなさんレジャーにお出かけの頃でしょうか?

そんな時に野暮ですが、宿題は予定通り進んでいますか?

 

先日、以前の教え子のお母さんとばったりお会いしました。

雑談をしていると、お子さんは中1で初めての夏休み

勝手がわからないのか、宿題が捗らないと、お困りの様子。

そこで、お節介ながら、こんなことして見たら?と提案したのが、

スケジュール管理

夏休みは、学校に行かなくていいし、部活やなんかもあるけれど、

自分の時間を自分でコントロールするチャンスなのです。

中学生にまず身につけて欲しいのは、自己管理能力

その手始めが、時間の管理

IMG_4373

こんな感じの手帳「バーチカルタイプ」が時間管理に適しています。

(方眼でなくてもいいいい)

そこに宿題をこなす予定を書き出して、実際にやった時間を後で書き入れ、

毎日振り返りコメントを書きます。

それをお伝えした夕方、お母様から報告が!

「手帳買ってきて今やってます!」と写真付きで

これは、成功するパターン‼️

すぐやる人は結果が出やすいのです。

 

それから8日後

またまたお母様から報告をいただきました

「宿題終わりました!(工作除き)」

すご〜い!

自分でどう取り組んでいいかわからなかったのが、手帳に書くことで、

しっかり自分の時間を管理して、やるべきことをしっかり終了‼︎

自分でやってうまくいったから、これからも、きっとこの

時間管理法続くでしょう!

何事も素直な実行が一番ですね!

素晴らしい〜

自分のことは自分で決めて、しっかりこなす‼︎

自信とやる気が出てきます

 

勉強は、自分で予定を立て、節制し目標達成するもの。

その能力がつけば、勉強が「自分ごと」になるのです

そして「出来た!」という体験が自信になり、次もやってみよう!と、意欲が出てきます。

まずは、手帳買いに行って見ませんか?

 

あ、お母さんが圧力かけちゃダメね!

どんなに進んでなくても、いいところを見つけて承認し、「じゃ、どうする?」と自分で改善案を作るよう促しましょうね

 

(このタイプのことが向く子と向かない子がいますので、無理強い厳禁ですが)

 

《予定の立て方》

バーチカルタイプの手帳の1日分の左側に、予定を書き出します。(シーズンオフなので、日付付きがあってないかも、日付を書き込むタイプでもOK)

まずは、一週間分から始めましょうか、

塾や、遊ぶ予定、家族で出かける予定など、、まず全部書き出します。

そして、宿題の一覧表を持ってきて、各教科どんな宿題が何ページぶんあるか、確認し、どの順番にやるか決めます。

やっているときは、教科ごとにやった時間やページ数を別の色のペンで手帳に記入、実行ベースを記録する

最初に立てた予定が無理なら、修正する。

一週間に一度はお母さんと見直しましょう

(一部ワザと省略しています。会った時に、聞いてくださいね)

 

| 2017.08.12 17:11 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |

読書感想文のススメ〜想いを言葉にするチャンス

2017.07.27 Thu

「すごい‼︎読書感想文教室」は、今年も沢山のお申し込みをいただいております。

 

知人、友人から感想文教室の依頼を受け開催することもあります。

そんななか、なかなか予想通りに応募がないことがあります。

「何かやりづらいことある?」と聞くと、「読書感想文と自由研究の選択だと、

子供が自由研究を選ぶ。お母さんは読書感想文かかせたいんだけどね、、、」と

 

お母様方という話すと、「読書感想文が始まると、家の中でバトルが、、、」

と言われることが度々、、、

そんな体験を一度でもすると、お子さんは

「読書感想文(作文)なんて大嫌い」となってしまいますね

IMG_4008

先日、読書感想文教室をしていて思ったのは、

みんな、思いは胸にあるんだけど、それを言葉にする所が難しいということ。

言葉にならない言葉や思いと向き合って、それを言葉にできた時、

誰もが目を輝かすということ。

想いを言葉にすることは、嬉しいことなんだって言うこと。

丁寧に聴きだすと、素敵な言葉がココロに詰まっている。

 

ただ、それを引き出すのに必要なのは、「相互信頼」だったり、

「大丈夫、言葉にできるよ」という引き出す側の経験だったりする。

 

読書感想文は、その、想いを言葉にするとても良い機会なのに、

前の嫌な経験から、せっかくのチャンスを潰してしまっているのは、

勿体無いなぁ

 

先日小学校一年生の子たちが、嬉々として文章を綴っているのを見て、

マイナスの思い込みがないと、こんなにスムーズなんだ、

と、子供の持つ可能性に感動した

 

家でない場所で、逃げ場がないのも、やり切る為に良い環境。

 

頭をフル回転させて、ヘロヘロになる経験が、考える力を鍛えていくんだと、

子供たちのやりきった顔をみて、思った。

 

読書感想文を書くことは、自分の限界に挑戦して、

想いを言葉にするチャンスだ。

 

「嫌だなぁ」と言いながら、重い体と頭を引きずってきた子も

始まってみれば、夢中で考え、書き始める。

食わず嫌い、ならぬ書かず嫌いが多いんだよなぁ。

自分の中に埋もれている素敵だ言葉たちに

自分の中に潜んでいる天才に出会えないのは、勿体無いない‼︎

 

| 2017.07.27 18:35 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |

次のページ »