コクリエ国語教室

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

勉強ができる人は、何が違うのか?

2018.06.14 Thu

勉強って、難しいし、大変ですよね。

IMG_6308

塾に行ったり、頑張って勉強をやってもやってもなかなか結果は出ないし、、、

勉強ができる人は、何かが違うんだ

塾にたくさんお金を払ったり、私立に行ったりお金のある人が有利なんだ     とか

才能だよ、もともと頭の良さは決まってるんだ

とお悩みのお子さん、お母さんに、、

塾にもいかず九州の公立高校からハーバード大学に行き、優秀な成績をおさめたお話を、、

勉強ができる人は何が違うのか

「自己管理能力、タスク管理など、必要な勉強をする習慣がある事」です

それは、才能でも、お金でもなく、基本は習慣なのです

 

ニュース記事こちらから

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14846097/

 

1.すべき事をリストにする

2.それをTO  DOリストにまとめる→

3.実行する

4.やったら消すまたはシールを貼る

 

これを繰り返すだけ

これも、押し付けるのでなく、自然に親自身も実行し、家の当たり前にする

苦もなく、やるべき事、宿題とか課題とかお片づけとかが実行できるので、しつけや注意するということがなくなる。

しかも自分で決めて自分で実行する能力と自信が身につく

 

いことだらけ

 

自信があるから、チャレンジもできる

 

いいことだらけ

 

しかも、何と言っても大人になってからの方が役に立つ

 

 

いうまでもありませんが、

これには親に、自己管理能力がある事、という前提が、、

まずは自分からやって見ましょうか。

 

| 2018.06.14 16:18 | 中学受験, 大学受験, 考える力をつけるには? |

キラキラ5月号発行

2018.05.10 Thu

いよいよ、2号目

キラキラ5月号が発行されました

ハコ先生の、ごどもと一緒にミライをつくる

IMG_8247

今月のテーマは「おもしろいを育てる」

子どもたちが、勉強に、様々な活動に好奇心を持って、進んで取り組むにはどうしたらいいのだろう?

子どもたちがソレを「おもしろい」と思えるかどうかにかかっている。

本を読むことでも、昆虫を観察することでも、運動をすることでも、おもしろいと思ったことなら、人は誰でも時間を忘れて取り組むものだ。

 

それには、「面白がる力」のようなもの、好奇心の源が必要なのだ。

「面白がる力」は、幼児の頃に養うのが一番だと思う

 

IMG_8248

| 2018.05.10 17:33 | 中学受験, 考える力をつけるには? |

祝㊗️中学受験合格❣️今年もサクラサク

2018.02.11 Sun

IMG_2393

 

まだまだ寒い日が続きますが、、

 

中学受験は一足早く、春が来ています

 

名古屋は、先週末東海中学、滝中学の入試が行われ、

6日と7日に合格発表がありました‼︎

 

今年も生徒たちが、頑張ってくれました。

「合格しました!」

この一言が聞きたくて、お仕事頑張ってます。

 

難関中学は国語が難しい

 

なぜかというと、国語の力がある子達は、入学後、授業の吸収率がいいから。

教えたこと、本をきちんと理解できる能力が必要なのです。

こちらの本にも、読解力のある子は難関私立に入ると、書かれていました。

IMG_6942

 

中学入試を目指される方で4年生、5年生で、

「国語苦手かな?でも、算数でなんとかカバーすれば、、」

と思われている方

 

国語は早めの対応がオススメです。

学年が進めば、問題文が長く難しくなります。

また文章が簡単な時に、読解力、国語の解答力をつけることを体験からオススメします。

 

ご質問、お問い合わせのある方は、

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

 

| 2018.02.11 16:42 | コクリエ国語教室について, 中学受験, 生徒・父兄喜びの声 |

志望校はどう選ぶ?〜中学受験の基礎

2018.01.20 Sat

そろそろ中学入試も本番を迎えつつあります

何年もずっと勉強をしてきた成果を発揮する日がテスト日です

受験は、もちろんその子の進路、人生に大きな影響を与えます。

進学した学校で出会う人、先生、学ぶ事、学ぶ環境は、まだ幼い子供達に与えるものは大きいと言えるでしょう

 

偏差値が高いから、有名校だからと選ぶ場合があるかと思います

 

保護者の方にまずみて欲しいのは、その子の特性特徴も学校の相性です。

 

自由な雰囲気が合う子もいます

適切ないいか指導やマネジメントがあったほうが伸びる子もいます

友達の影響を受けやすい子

周りに関わらず一人で黙々と学びたい子

部活などその学校の特徴もあるでしょう

 

とりあえず有名校ではなく、

この子に合った学校はどこなのか?

その子がその環境で伸びるのか?

 

スタートはそこからです。

 

学校の特性がわからないという方、ご相談にのりますよ

 

お問い合わせください

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

| 2018.01.20 15:11 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験 |

コクリエで学ぶのはリーディングスキル

2018.01.13 Sat

以前話題にした、東大を目指したAIの東ロボくん

国語の読解力がつかないと判断され、東大を目指すことを諦めました。

その研究者の新井紀子氏の記事が、今年の1月1日の「朝日小学生新聞」にのっていました。

見開きでどどーんと!(記事詳細はぼかしてあります)IMG_6612

先日お話しした「リーディングスキル」の話題です。

コクリエ国語教室で学ぶのが、この「リーディングスキル」

いままで、教育界では話題にも登っていませんでした。

今日ががわからないのは、その教科の知識が足りなかったり、記憶力ややる気がないからなどと、、おもわれていまふしが、、

 

そうではなく、「勉強の前にすることがある」のです。

教科書を読んで言葉でなく「意味」を理解するということ

日本語を話せるからといって、書き言葉、教科書の記述が理解できているとは限らないこと

それをAIにテストの問題を解かせる、というアプローチの途中で気づかれたのです。

 

リーディングスキルがないと、アクティブラーニングやプログラミング教育をしてもなんの意味もないと書かれています。

 

この記事では、どうやってリーディングスキルをつけるのか?に回答はありません。

ただ、カレンダーや新聞など文字情報を子供たちの目に触れるところに置いておくこと、というアドバイスだけ。

 

読み解く力=リーディングスキルは、スキルであり、才能ではありません。

読み方を学んで、訓練すれば身につくものです。

 

コクリエでなら「リーディングスキル」が短期間に身につきます

中学受験生、大学受験生には必須のスキルです。

どんなものなのか聞いてみたいかた

お問い合わせはこちらから

08045250709  黒川

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2018.01.13 16:28 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

読んで理解する力〜リーディングスキルを身につける

2018.01.03 Wed

【無料相談会のお知らせ】

お正月の朝日小学生新聞に、リーディングスキルの話題が出ていたようです。

 

年末に話題になっていた

生徒たちは教科書を理解できていない」問題

https://s.resemom.jp/article/2017/11/28/41564.html

 

リーディングスキルとは、読解力

文章を読んで、筆者の意図、伝えたいことを理解する力のことです。

実際に多くの生徒を見ていて、教科の能力が足りないというよりは、

リーディングスキル不足で理解できていない、テストの問題を把握していないというケースを多く見かけます

 

 

実は文字を読んで理解することは、とても脳を使うのです。

そして、脳は意外なことに、「怠け者」

少しでも楽をしたいのです

 

世の中は人の欲望に忠実に進化します

「楽をしたい」「疲れることはしたくない」

という多くの人の要望に応えて、多くの電化製品や携帯電話は

直感的に操作できるように進化しました。

一昔前は、携帯電話を買いかえると、取扱説明書と首っ引きでした。

 

こんな便利な時代に生まれ育っている子供達は、

文字を読まなくても、なんでも便利に使いこなします。

 

ところが勉強だけは、そうはいきません。

「頭を使うこと」が勉強ですから、頭を怠けさせるわけにはいきません。

 

そこで、ますます文字を読んで勉強することを嫌がる子たちが増えています。

 

国語のテストであまり良い成績を取れなかった子に、もう一度私の前でやり直してもらうと、結構いい点数を取れることがあります。

「どうしてテストの時、点数取れなかったの?」

ときくと、「真剣に読んでなかった」と

一人の時にじっくりと頭を使って読むということができない子が結構たくさんいます。

 

読む力がないというよりは、

理解できるようにしっかり読む読み方を知らない、

一人でしっかりと読む集中力がない

 

ということが多々あります。

 

「リーディングスキルをつけるには、どうしたらいいの?」という方

お問い合わせお待ちしております

 

新年度に向けて、無料相談会を始めます

お問い合わせはこちらから

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2018.01.03 17:29 | コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内, 社会問題 |

あけましておめでとうございます

2018.01.01 Mon

IMG_6477

 

明けましておめでとうございます

 

受験生の皆さんとご家族はお正月どころでは、、というところですね。

今日は今年はどんな年か、というお話から

気学の師からの年賀状から、抜粋させていただきます、

うらないなんて、という方もいらっしゃると思いますが、占い頼りでなんでも振り回されてしまうのはどうかとも思いますが、古来より伝えられている知恵として、参考にされるのは構わないと思います

受験には、運も大事。運を味方にするのに、年の気をお役に立ててみてください

 

今年は、戊(つちのえ)戌(いぬ)九紫火星(きゅうしかせい)の年回りです
戊は、新しい基盤ができる
戌は、ものごと滅する
九紫火星は、明白になる

2018年は
新しい自分をつくり、旧い自分を捨てる
それが誰にも明らかになる
という年です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

新しい自分と、捨てる旧い自分
あなたは何をつくり、何を捨てますか?

| 2018.01.01 17:07 | 中学受験, 大学受験 |

国語力を集中的につける in 名古屋駅〜冬季講座、相談会のご案内

2017.12.13 Wed

iroennpitu

【国語の力を冬休みにつけませんか?】

 

中学受験生〜大学受験生向け冬季講座を開催します

国語の力、考える力が必要なことはわかっているけど、普段なかなか時間が取れない、とお困りの方、、

 

国語だけは勉強の仕方がわからない、、という方

 

興味はあるけど、相談しづらいなぁ、、という方

 

冬休みに集中して国語に取り組んでみませんか?

 

 

国語の成績を上げるには時間がかかるとお考えでは?

 

たった4回の受講で難関校の模試で46点から70点に上がったかもいます

たった3回の受講で中学受験塾のテストで111位から7位になった例もあります。

高校2年生で2ヶ月受講で偏差値59から74に上昇した例ももあります

 

名古屋エリアでは国語塾はあまりなく、馴染みがありませんよね。

一度話を聞いてみたくはありませんか?

 

そこで、個別無料相談会を行います

 

お問い合わせください

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先
http://cocurie.jp/contact/index.html

 

08045250709  黒川

電話に出られない時があります。メッセージを残してください。折り返しお電話します

 

| 2017.12.13 18:07 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内 |

国語が難しく感じる人は〇〇〇を知らない

2017.12.08 Fri

国語のテストって不思議で、わかる人はわからない人が何をどうしてわからないのかがわからない。

わからない人は、わかる人はどうしてわかるのかが全くわからない。

国語の先生になる人は、子供の頃から国語が得意だった人がなる確率が高いので、わからない人かなぜわからないかわからない。そこで「国語はセンス、漢字で点数を取って」となってしまう。

だから、「わかり方」を教えてくれる人がいない。

 

そんな「国語はセンス」という怪しい都市伝説への、一つのヒントがこの記事にある。

読んでみてほしい

 

 

「言葉の奥には、その言葉を使う社会の共通認識がある」

日本語で小説を書くイラン人作家
〈以下引用〉
人は互いの「共有知」を拠り所にし、それをバネとすることで、多くを語らずとも相手の言わんとしていることを察し合うことができる。
文章であろうと音声であろうと、言葉で何かを伝えようとするときに何よりも重要なのは、文法の知識でも語彙の数でもなく、この「共有知」の有無なのかもしれない。

 

国語で問われるのは、そういう事
国語が苦手、コミュニケーションが苦手な人は、この「共通知」に気づけていない

| 2017.12.08 10:41 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 作文・意見文・小論文教室, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

勉強とは何か?蔭山メソッド講演会

2017.10.08 Sun

百ます計算の蔭山先生のお話を伺ってきました。

三省堂書店ゲートタワーの名古屋店の店内で行われました。レジ横で熱弁1時間半

IMG_5279

学力は、読み書き計算の反復で基礎力をつけ、地頭を強くすれば、自ずとついてくる

勉強とは、、言葉や数字を使って〇〇〇をつける練習

 

★漫然と漢字をノートいっぱい書くと、漢字は覚えられないのだそう。書くのは3回まで‼️

★監視したり叱って緊張させるのではなく、笑顔でリラックスさせる事

★勉強を楽しむ工夫をし、応援する事。

 

漢字は、たくさん書いて覚えなさい、と宿題に出るけど、間違いなんですね〜怖い

 

蔭山先生のオススメのリビング学習も、間違って広まっているのだとか。

リビングの食卓で勉強させるのではなく、

リビングの窓際に学習机を置いて、遠くからようすが伺えるようにする。

それがリビング学習

決してしてはいけないのは、食卓で子どもの目の前に座って、

監視し圧をかけること。(笑)

 

リラックスして集中できる環境を与えることが大事なのです。

 

百ます計算は、同じ問題を毎日同じ時間にやらせ、タイムを計って褒めること。

 

「なんのために何をするか」を理解して、子供を見守りたいですね。

| 2017.10.08 17:29 | 中学受験, 考える力をつけるには?, 良かった出会い・セミナー |

次のページ »