コクリエ国語教室

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

読解力はトレーニングで身につく!

2017.06.16 Fri

ホームページやブログなどの発信では、主に小・中学生中心になっていますが、実は指導実績は、

高校生(浪人生)の方が多いのです。

 

今日は、大学受験の現代文について

芽シャボン

大学受験の現代文の問題は、私たち大人でも滅多に目にすることの

ないほど難しい内容の評論文が中心です。

使われている言葉も、普段の読書などでは出てこない語彙ですし、

評論文の内容も、かなり難易度が高いものです。

 

そこで、語彙の難しさに振り回されることなく、内容をしっかり理解する能力が必要です。

中学までは国語でそんなに困らなかった子でも、しっかりとした読解力がないと、高校の現代文は解けないのです。

そこで「要約」で、どうよんでいるのかを確認します。

 

この春からコクリエ国語教室に通い始めた高校生。

進学校に通っているので、かなり良くできるのですが、国語は苦手。

最初の数回は、「一番大切なところ」がつかめずに苦労していました。

こういう子の特徴は、そこそこ読めるが、「肝心なところ」だけ、外しているのです。

 

ところが、受講5回目、わたしの方が驚くことになります。

突然、とても良い要約ができる様になったのです。

 

現代文の場合、相性のいい文章ということもあるので、何問か試しましたが、実力が上がっているのです。

 

この様に突然読解力が付く子が良くいます。

なぜだか5回目あたりに、、、毎週だと一ヶ月ちょっと。

 

読める様になると、何故前は読めなかったのが、ズレていたのか、わからなくなるほどです。

実は、この様な自分の変化に驚いて「頭が良くなった」という子がいたので、

コクリエ国語教室のキャッチフレーズにしたのですが。

 

この様に色々な子に指導していると、「読解力」は、多くの人に共通に備わっている能力であり、トレーニングすれば、誰でもできる様になるものだ、との想いが確信になっていきます、

 

宿題も出していましたが、それ以外に学校の宿題として、週に2題、つまり授業以外に週3題要約をしていたのです。

最初は大変ですが短期に集中してトレーニングすると、力がつきますね。

 

国語の力、読解力はセンスではなく、トレーニングで身につくものなのです。

 

 

 

LINE@で、情報発信をしています。

よろしければ登録お願いします

IMG_3567

| 2017.06.16 16:44 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 大学受験 |

2020新大学入試 国語 分析 しました。

2017.05.23 Tue

2020年から始まる新しい大学入試の記述式問題のモデル問題が

発表されました。

2020年から、今の中学3年生が受ける大学入試から、センター試験に変わり、始まる統一テスト。数学と国語で、記述問題が出るというのが、大きな変更点だ。

新しい試験は「大学入学共通テスト」と改称されたようだ。

まだ、仮称だが。

 

IMG_3278

 

詳しくは、こちらの記事から

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG15HBI_W7A510C1MM0000/

 

その中の国語の問題について、感想と意見を書く。

まず、驚くべき質的変化といえる。

あまりにも、あまりにも、実用的な内容だ。

現代文の問題というより、外国人向けの日本語検定などで

出るのでは?というような、生活に密着した実用的な内容になっている。

 

今回のモデル問題には2問掲載されている。

 

1問目は、ある説明会からかえってきた父と、娘の会話と資料の一部から、互いの主張を区別し、意見を想定して説明するというもの。

もう1問は、契約書類を読み、事案について契約の条文から、根拠となる部分を答えるなど、だ。

 

んー、実用国語という意味では、必要な内容で、実際に生徒たちに必要な能力を養うものかもしれない

しかし、ちょっと勉強したら、これができない日本人はいないのではないか?

大学入試として、この問題でいいのか?入試という事を考えて、テストの合否に結びつく差異が現れるか?は、大いに疑問の残るところだ。

アカデミックな大学というより実用的な専門学校の入試だろうか?

 

大学入試センターは、受験者を日本人向けではなく、外国人向けに絞ったのか?と言いたい変更である。

添付の記事から、問題を参照できる

是非目を通してみて下さい。

 

 

| 2017.05.23 10:44 | 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 社会問題 |

塾の選び方教えます〜塾長会@愛知

2017.04.30 Sun

IMG_3045

愛知県で初めての塾長さんの集る会「塾長会@愛知」 が開催されました。

皆さん本当に熱心で、子供たちの事を思う気持ちがヒシヒシと伝わって来ました。

 

最近お母様方と話していると、よく聞かれるのが「いい塾ない?」ということ

大手塾は、一斉授業だからあまり意味がない

個別塾も、フランチャイズで信用できない  などなどお聞きします

(フランチャイズや大手塾にももちろんいい先生もたくさんいらっしゃいます)

 

聞いてみると、昔ながらの個人塾が消えているのです。

大手塾に阻まれて、なかなか生徒が集まらないのでしょう。

 

先日ある子が中学入学前に、苦手な算数をクリアしようと、個別のフランチャイズ塾に入ったそうです。

話を聞いてみると、何と、毎回先生(学生アルバイト)が変わるのだとか。

授業は60分。その間、先生はその子がどこが苦手なのか、何がわからないのかを把握することも出来ず、授業を終わるのではないかと想像します。

子供の特性を知った上で、「ここがわからないんだろうな」と仮説を立てて、説明していくには、それなりの経験と子供と教科を理解する力が必要です。

不慣れな学生が、毎回コロコロ担当が変わったのでは、何回受講しても効果が現れるとは考えられません。

また、先生は選べないようでわかりにくい先生も多々、、、だそう。

 

お母様方、塾は行けばわかるようになる魔法の場所ではありません。

キチンと塾を判別して、要望を話し、結果をウォッチして下さい。

 

例えば・・・

★塾長さんと必ず定期的に話して下さい

★塾長さんに、システムや講師、授業についてどうしてそうしているのかを含めてよく聞いて下さい

塾としてのポリシーや、教育方針がわが子に合っているか?

★我が子にあっているか、判断して下さい

わが子がどんなタイプか?ライバルや仲間がいると頑張れるか?

人に惑わされたくないか? ひとつわからないと前に進めないなど癖があるか?

★子供に塾での様子を聞いて下さい(わかりやすいかなど)

★信頼できる塾である事を確認して安心して任せて下さい

いったんお任せしたら、後は信頼し、時々塾長さんにご相談を。

 

その点、このような場所に情報収集するような熱心な塾長さんのいらっしゃる個人塾は信頼できると思います。

 

教育は人」です。

思いのある、プロフェッショナルな先生と関わることで、子供たちに変化が現れるのです。

 

そんな出会いが楽しい夜でした。

 

| 2017.04.30 14:59 | コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 研修・その他活動, 良かった出会い・セミナー |

「受験に受かる子」を育てる家庭のヒミツ〜in新栄

2017.04.23 Sun

名古屋の新栄でお話会をさせていただきました。

IMG_2979

 

「エール」という中学生の学習支援のプロジェクトを始められた

岡留さんによんでいただきました。

 

こちらは、子どもたちが自主的に学ぶことを支援する、

自己管理プログラムを取り入れる、ユニークな取り組みです。

私も、勉強は基本的に自分の力でするもの。

そのために必要な支援のみというのが自然な姿だと思います。

IMG_3035

約15名のお母様方、とても熱心に聞いていただきました。

今回はレジュメなしだったので、みなさん、メモを取る手が止まりません。

我が子を思う気待ちがメモを取らせている、と感じました

 

IMG_3039

 

今回の教育制度の改革は、本当に大きな改革です。

今まで、学校や塾にお任せすればという姿勢が多かったと思うのですが、

これからは、まさに「自己責任」の時代

お母さまの意識が、子供の将来を大きく変えます。

お話会の中でもたとえ話でお伝えしましたが、

教育の方向性が180度変わります。

今まで大阪行きだった列車が、東京行きに変わるようなものです。

今まで先頭にいた人が、最後尾に、最後尾にいた子が、最前列に、、、そんな変化だと言えます。

 

お母さま方にお願いしたいのは、我が子の素敵なところをしっかり見つけて、

勇気付けてあげてください。

みんな一緒の正解がない世の中になります。

その子らしさが出発点です、

 

| 2017.04.23 16:00 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 考える力をつけるには? |

お話会in弥富 第二回目

2017.04.10 Mon

乳幼児向けフィンガームーブメントのお教室をされている中島優子さんによんでいただいて、お話会in弥富を4月8日に開催しました

IMG_2772

 

土曜日ということもあり、午後から弥富のケーキ屋さんハルさんで焼き菓子付きでおちゃを飲みながら、ゆったりと

IMG_2616

小学校低学年〜中学生のお子さまをお持ちのお母様方に、新しい教育制度と、何故そうなっていくのか、を約2時間たっぷりお話しさせていただきました。

いろいろなご質問もいただき、まずはご家庭で出来る国語力アップ法をお伝えしました。

 

「考える力」を子供たちに持たせるということは、大人の側にも覚悟が必要。

でも、それがこれからの子供たちの人生に必要なのです、

| 2017.04.10 14:34 | 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内 |

ビリギャル式大人の坪田塾 参加して来ました

2017.04.07 Fri

IMG_2756

ビリギャルでおなじみの、坪田塾 塾長

坪田信貴氏の「大人の坪田塾」に参加して来ました。

 

以前、百マス計算の蔭山先生とのコラボセミナーに続きお話を聞くのは、2回目

 

IMG_2757

 

今回はユニークな試みで、なんと、会場は映画館!

椅子がふかふか豪華で座りやすく、会場が階段式なので、見やすいのが良い点

残念なのは、会場が暗いこと、、、(途中でちょっと明るくなりました

 

平日夜の名古屋駅開催だったので、サラリーマン風の方が多かったかな?

 

ビリギャル式 子供や部下をその気にさせる 心理学的指導術

気になりますよね?

 

結論的に言うと、やはり本業の塾の延長なので、学生とそれを指導する人、親がターゲットの話題が多かったように思います。今すぐの社会人の指導というのではなかったかな?と。

 

まずは、時代背景から

今の子たちは、何歳まで生きると思いますか?

平均寿命103歳と言われているそうです。

すると、ライフサイクルが変わって来ますね。60歳定年だとするとそのあと43年間、「老後」があります。

多分、もう一つ仕事をするなど、生き方が変わってくるのでしょう

 

また、良く話題に出るようにAIとの共存

 

AIが人間の能力を追い越し、その5年後に、AIのIQは、なんと、、、10000になるそう。打ち間違いではなく、一万です。

 

頭の良さではたちうち出来そうにありません。

IQで言うと、普通の人と頭のいい人の違いは20%程度。天才出さえ50%増程度なのだそうだから、100倍って頭がいいって、どう言うことでしょう?

 

何が言いたいかというと、今からは想像もできない世の中になる、っていう事。

人類が生まれてから今から今までの変化とは比べようもない、未曾有の世界が現れるという事です。

 

そんな変化の中、教育をどうして行くのか?

その準備が大学入試改革であり、教育改革なのです。

 

情報処理、記憶力、正確さ、情報検索で、人間はAIに勝てそうもありません。

 

じゃあ、どんな能力を伸ばしましょうか?

そんなことを、一つ一つ、ひとりひとり考えて行く時代になりそうです。

 

肝心の心理学的指導術については、ブログでは簡単には説明しにくいので、直接私にあった人は聞いて見て

または、はひょっとしたら、後日ブログ化する、、、カモ

| 2017.04.07 14:12 | 2020年度新大学入試, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 良かった出会い・セミナー |

第一回お話会in弥富 開催

2017.04.02 Sun

IMG_2614

先日、弥富でお話会をしました

《子どもを幸せな受験生にするために》と題し、

2020年度から始まる新大学入試制度が、

なぜ実行されるのか?

どう子育てしたらいいのか?

学習について

 

など、お話しさせていただきました。

 

会場は大好きな、スィーツカフェハルさん

午前中開催だったので、モーニングを頂きました

皆さん、当然ケーキモーニングをチョイス

(写真は以前のもの)

 

IMG_9801

みんな、モーニングをいただくのも忘れ、お話に聞き入ってくださいました。

弥富で0歳からの幼児教育教室を開催されている中島優子さんが企画して下さいました。

おかげさまで満員御礼‼︎

 

お子様の年齢は3歳くらいから中学生まで多様でしたが、気になることは一緒

 

IMG_2616

 

今回の改革は、明治以来の大改革

それに合わせて、ご家庭でも意識改革が必要です。

学校、塾に頼りきりの一括教育でなく、ひとりひとりオーダーメイドの教育が必要だからです。

 

社会は大きく変わっている

それをまずお母さまが知って欲しい。

 

次回4月8日午後にも開催します。

おかげさまでこちらも満員御礼‼︎

聞いて見たいなぁという方、5枚以上いらしたら開催できます‼︎

お問い合わせくださいね

| 2017.04.02 18:39 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

学校不要論!byホリエモン

2017.03.25 Sat

「すべての教育は洗脳である」 堀江貴文  光文社新書

 

ホリエモンらしい、とてもストレートで論理的な内容だ。

 

IMG_2512

世の中は二種類の人に分けられる

貯金型は、「いざという時のため」備えるタイプ

やりたいことを我慢し、ボスに従いやりたくないけどやらなくてはいけないことをする

もう一つは投資型   自分のしたい事にすべてのリソースを投下する。

したくないことはせず、自分が夢中になれる事だけにリソースを費やす

 

「いざという時のための」 貯金、勉強、学歴、資格

イザはいつ来るんだろう?

インターネットの時代、昭和のイザは、もう通用しないのに、学校だけは昭和のまま、、、

 

学校も会社も洗脳

思考停止になり、自分のしたい事は迷子のまま、、、

 

ローカル人材とグローバル人材

どちらを目指したいか?

 

今までは、教育分野は、何十年も学校と塾に丸投げのしていたと言っても過言ではない。

それが、これからは、ひとりひとり違う道を選ばなくてはいけない。

 

「いざという時のための取り敢えず進学」は無駄でしかない。

 

お母さま、お父さま。この本を手にとって、読んで見ませんか?

そして、出来れば子どもにも読ませてあげてください。

知らない言葉があっても、なんとか読めるでしょう。

一緒に考えて話し合って見てください。

この子は、どんな教育、どんな興味があるのだろう?

 

ひとりひとり違う世の中には、今の教育制度は、合っていないようです。

 

| 2017.03.25 12:14 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, コクリエで学ぶこと, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

教育が変わる‼︎まずお母さま方が学ぶ時代です!

2017.03.15 Wed

IMG_2407

 

2020年大学入試が変わります。

明治以来の大改革だと言われています。

第一弾は、新中3から第二弾は新小5からが対象です。

センター試験が廃止になり、代わりに大学入学希望者学力評価テスト(仮称)

が始まります。

大きな違いは、第一弾では、数学と国語に記述式問題が導入されると言う事です。

思考力、判断力、表現力をみるところが、大きなポイントです。

 

どうして大学入試が変わるのか?

それは世の中が変わり、社会で必要とされる人材、能力が大きく変わったからです。

具体的には、こんな感じ

IMG_2408

求められる資質、能力、評価が、180度変わると言ってもいいでしょう。

正解を求めず、苦手なものを克服せず、努力しない。

ケンカもしてしまうなんて、、

つまり、これより前の世代の常識が通用しないのです。

お子さんに今まで通りの「いいこ」になる教育だけをしていては、大学入試や就活では評価されなくなってしまいます。

 

どういうことかと言うと、お母さまがたが、新しい時代に向けてお子さんをどう育てるか?を学ぶ時代になったのです。

「正解がない世界」 なので、子供の個性と、未来の社会や生き方をそれぞれの子ごとにオリジナルに考える時代なのです。

 

私は家庭での在り方で、この変化の多くの部分はクリアできると思っています。

「考える力」をつけるのは、お子さんの前に、保護者の方。

あら〜!大変?

やった〜!楽しそう?

 

お母様方とそんなお話をしたり、話し合うお茶会を企画しております。3月30日と4月8日、会場は弥富の予定です

お問い合わせください。

08045250709黒川

この情報元はこちら

 

 

IMG_2409

| 2017.03.15 15:06 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

合格を手にするためには、〇〇が必要

2017.03.13 Mon

IMG_2393

サクラサク

 

3月も中旬になると、中学生、高校、大学共に入試も終わり、受験結果も多くのところでわかってきたころですね。

受験に合格するには、もちろん長い期間をかけて努力していく必要があります。

 

ただ、私たちの立場から見ると、かなり初期の段階で、「合格する子」はわかります。

それは、その時点の成績ではありません。

初期の時点で成績が伴わなくても、「合格するな」と思った子は、徐々に成績を上げていきます。

もちろんその逆、初期の成績が良くても、、、というお子さんもいらっしゃいます。

 

その違いは、何でしょう?

 

それは、ざっくりと言うと「性格」です。

私の経験からの仮説では、、ですが、

 

★素直な子

★スケジュールなどをコロコロ変えない子(安定している)

★自分を認めている子

 

は、合格確率が高いと言えます。

 

こういう子は成績は、後からついて来ます。

 

つまり、受験勉強の前、「人格形成」の時点でかなりの違いが出ているということです。

早期教育で知識をつけるより、その子の良さを伸ばし、心身ともに素直にスクスク育てることが、一番の教育です。

 

もう一つ、

ご家族の見守る視点も、大きいと思います。

安心できる居場所を家で提供しているか?も違いを作ります。

受験勉強は過酷です。

その中で、ホッとできる居場所があること

暖かい美味しい食事

は、エネルギーの補給になります。

 

是非、ご家庭はそのような場所にして下さいね!

 

直接私の声でお伝えしたいことが、まだまだあります。もっと深めてお母様方にお伝えするお話会を行なっております。お話1時間と質問タイム1時間のお茶会です。

今決まっているのは

3月30日と4月8日に弥富で開催します。残席わずかです。

ご興味のある方はお問い合わせください

08045250709黒川

 

 

| 2017.03.13 15:19 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験 |

次のページ »