コクリエ国語教室

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

夢に日付を!渡邊美樹氏講演会

2016.11.11 Fri

 

第一部は、シングルマザーシェアハウスの見学でしたが、

第二部はアクショングループ本社のあるビルに移動して記念講演会でした。

image

渡邊美樹氏のお話を聞けるなんて・・・・

ずいぶん前にある企画で渡邊美樹氏をお呼びできないかと考えたことがありました

とてもではないけれど、呼べる金額ではありませんでした。

そんな貴重な講演会、もちろん、一番前の一等席で!!かぶりつき

image

渡邊氏は、背も高く紳士的で、存在感のある方でした。

お話は、さすがのクオリティ。息もつかせない勢いと、適度の笑いを含めながら、2時間弱渡邊氏は、「みんなの夢を叶える会」の代表であり、その一環で「みんなの夢アワード」があり、その今年のグランプリが、大津さんのシングルマザーシェアハウスです。

 

夢を叶えるというと、ふんわりした夢物語のように感じますが、渡邊氏が24歳で起業する前から積み重ねてきた体験に基づく夢の叶え方のお話は、生易しいものではありません。

 

貴重な夢の7か条をシェアしますね。

1.どうしてもという夢を持つ

2.勉強する

3.夢を二度叶える

4.辛くても続ける

5.他者に応援してもらう

6.夢に日付を入れたら、変えない

7.夢を叶えるプロセスで成長する

 

特に、6番「夢に日付を入れたら変えない」

たまみさんも、シングルマザーシェアハウスを現実化する中で、様々な障害や、どんでん返しがある中で、1年かからずに現実化した。

渡邊氏は、それをよく知っているからこそ、ものすごく忙しい中を無理をして、このようなお祝いの会で登壇してくださいました。

 

渡邊氏はおっしゃいました

「自分も起業する時1年で300万円貯める苦しさに、日付を変えようと思った。でも、それをしたら、自分を甘やかしてしまう」

自分との約束は、破っても誰も非難しない。ところが、これが一番怖いのだ。

 

講演会最後に、質問をさせてもらった。

そのことについては、また別の日に

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

| 2016.11.11 18:17 | 未分類, 良かった出会い・セミナー |

国語の成績アップに、こども新聞

2016.10.10 Mon

国語のテストの成績は、どうしたら上がるのか?

国語という教科は、他の教科とあきらかに違う幾つかのポイントがある。

そのひとつは、あらかじめ本人が持っている知識に左右されるということだ。

知らないこと、聞いたことも見たことも体験したこともないものは、単語はわかっても本当には理解しにくい。

 

例えば、あなたが見たことも聞いたこともない場所について書かれた文章を読むとします、

そこには特殊な建物や、風習があり、写真やイラストはなく、言葉のみで描写されていたとします。

はたして、あなたはその文章を理解し、イメージできるでしょうか?

例えば、あなたがカレーを見たことも食べたことがないとします

「カレーは辛いのよ」

「どんな風に辛いの?キムチみたい?ワサビみたい?タバスコみたい?」

辛いで思い出す、すでに経験のある何かの辛さと比べようとしますよね。

、カレーとそれらの辛さは、違いますよね。

そんな風に私たちは自分の経験、または映像などで見たことのあるもの、読書や人の話で知ったことを物事の理解の助けにしています。経験値が少なければ、理解できることも少ないのです。

 

そう、あまり語られていませんが国語には「知識の壁」があるのです

人は、今までの自身の経験や、読書などによる情報や、写真や映像によるインプットがある事柄のみイメージでき、理解できるのです。

指導経験から言って、国語の成績を上げるために必要なものはおおまかに3つです

★読解力

★解答力

★文章の内容に関する知識

 

一番わかりにくく、きりがないのが、知識です

どんな文章が出題されるかは、予想不可能だから

 

そこでおすすめは、雑学として、社会の事が広くのっている新聞

それも、普通の新聞は大人が読んでも難しい

前提知識を膨大に持っている上で、ニュース性のある新しいことのみが載っているのが新聞です。

 

そこでおすすめは「子供向けの新聞

各新聞社でも出しています

地元中日新聞だと、日曜日の新聞に1枚挟まっています。

 

朝日新聞の小学生新聞なんかがいいかも。

子供向けの「ひきたよしあき」さんのコラムも載っています

それが、LINEで無料で読めるそうです

大人が読むにも便利。

いまさら聞けない基礎的なことが解説されていたりします

朝日こども新聞

「しっていることを増やす事」は考える力を伸ばす基礎ですね。

新聞が知識習得にいい訳は、ひとまとまりの文章が短く、 何らかの意味のある記事であること。

プロの書き手に書かれ、編集されたものであり、文章の書き方が正しい事。

「正確な文章の型」が体に染み付いていること、は文を書く、説明力を付ける上でとても大切です。

 

 

 

 

| 2016.10.10 15:59 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, 中学受験, 未分類, 社会問題, 考える力をつけるには? |

愛知サマ-セミナー参加します

2016.07.13 Wed

http://www.samasemi.net/
7月の17日18日に愛知サマーセミナーに出ます
いずれも東海学園高校2階106号室または107号室です
予約不要 無料です  来てね~~

 
http://samasemi.heteml.jp/flex/php/SearchClass.php…

http://samasemi.heteml.jp/flex/php/SearchClass.php…

 

詳しいスケジュールです

17日(日)2限(11:10~12:30)106号室 国語嫌いのあなたに贈る「まとめ力」
4限(14:50~16:10)107号室 未来はノートで変えられる方眼ノート術
18日(祝)1限(9:30~10:50)106号室 国語嫌いのあなたに贈る「まとめ力」
4限(14:50~16:10)106号室 未来はノートで変えられる方眼ノート術

| 2016.07.13 10:57 | 未分類 |

日本史(世界史)は暗記科目ではない!

2016.06.20 Mon

 

中学生、高校生ともに、期末テスト期間真っ只中ですよね。

image

私たちは、各教科をいろんなカテゴリーに分けます。

文系と理系

暗記ものと、演習もの      などなど、、、

 

日本史は?当然文系で暗記ものですよね。

年号や、事件、出来事、法律、人名などを暗記する科目と認識します。

暗記が苦手な人には、なかなか厳しい科目ですよね。

あなたは、暗記は得意ですか?苦手ですか?

暗記が苦手という人に、朗報です!

 

写真の雑誌「東洋経済」にこんなことが書いてありました。

「日本史は、暗記科目ではない」

えー??何いってるの?ですよね。

記事には、こうありました。

「日本史は、暗記科目ではなく、理解する科目だ」

そうなんです!暗記の前に、まず

「理解する」フェーズが必要なのです。

 

生徒たちにも、よくいっています。

人間は、意味をなさないもの、理解していないものを覚えることは困難だと。

歴史科目を覚えるには、まず理解することがファーストステップなのです。それを飛ばして無理に覚えようとするから難しい。嫌いになるのです。

理解力をつけること。教科書を読んで理解するには「読解力」が不可欠です

 

闇雲に、根性で、イヤイヤ暗記したものはテスト終了とともに、すっかり頭から消えます。

理解して、興味を持って学んだものは、頭に定着して、記憶から消えません。

 

 

無理やり苦しんで覚えてすぐ忘れる記憶と、わかって面白くなって、忘れない記憶、どちらがいいですか?

 

理解するには、まず国語力、読解力をつけるのが、早い!のです。

 

ちなみに、理解するためには、事象ごとの繋がりをタテヨコで、図表に書いてつなげるがいいそうです。

私も日本史大好きで、自分でノートを作る事をメチャメチャハマってました。

 

国語力、理解力をつけるにはどうしたらいいの?
 という方、お問い合わせお待ちしています
コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

| 2016.06.20 16:03 | おすすめの本, コクリエ国語教室について, 未分類, 考える力をつけるには? |

期末テスト対策2〜具体編〜学習計画をたてるには?

2016.06.15 Wed

昨日は、中1の子が、期末テスト対策として、何を気をつけたらいいか?をお話ししました。

時間の使い方が大切だ、と、話ししました。

 

計画を立ててるけど、変わらない

計画を立てるけど、守れない

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

ほとんどの学校で、テストの範囲表とともに、学習予定を立てるシートが配られて、提出しますよね。

多くの子は、仕方ないから、書いて提出するけれど、仕方なく書くだけで、守る気持ちもないし、適当に書くことが多いのでは?

 

今日は学習計画表の立て方を詳しくお話ししますね。

 

コーチングで、問題解決をするためのステップとして、問題をさらに小さなパーツに分解するという技術があります。

 

これを使って、まず、各教科で、しなきゃいけないワークのページ数や、やることを書き出します。全ての教科をもれなくです。

可能であればそれにかかる時間を概算で出します。

次に、自分が勉強できる時間を見える化します。

部活がある日

部活が休みになってから

土曜日、日曜日

それぞれ別に、帰宅時間、食事時間、お風呂、休憩など、バーチカルタイプで、書き出して行きます。

 

テストの勉強について、やるべき項目と、やれる時間この2つをはっきり見える化します。

 

あとは、仮説として、予定表をとりあえずでたてて、

やってみて、予定時間で完了するか調べて、修正しながら完成。

 

目安として、テストの1週間前には、ワークを完了させましょう。残りの1週間で、ワークでで書かなかったところをしっかり復習するためです。

5教科以外は、残りの1週間の中で、それぞれ大切なところをノートにまとめたり、プリントなどに工夫して、テスト前日に覚える準備です。

 

昨日、ある男の子と一緒にこれをやりました。彼は、かなり勉強をしない子です。伸び代が大きいとでも言いましょうか。

それぞれの項目を、彼の望み通りに、書いてもらいました。以外にマジメに書いてました。

どうやって勉強するかについては、時間の配分や、何をやるかは、「どうしたい?」と聞いて、彼の意見をほとんど取り入れました。

ただし、いつまでにワークをやり終える、とか、勉強をどうやるかは、私の意見を入れました。

最後に、予定表が出来上がった時、彼は目を輝かせて、「これならランクが5個はあがる!」

もちろん、これを実行してナンボではありますが、出来るかもしれない、と、自ら思うことだけでも、小さな成功体験になります。

 

この方法は、特に約束を守る律儀なタイプ、女子に向きます。

色塗りをしたり、シールをはって、達成感を味わうなど、工夫をすると、楽しめます

 

 

| 2016.06.15 12:39 | 未分類 |

自分のタイミングで芽を出す

2016.05.16 Mon

この仕事をして、生徒たちと接していて、一番うれしいのはその子の成長を感じたとき

特に、変化に時間のかかっている子が、自ら変化した時に、何とも言えない喜びというか、「やっぱり!」っていう感じを受ける

そして、いつ芽を出すかは、本人にかかっていて、人が何ともしがたいことも・・・・

芽シャボン

 

私や親などの大人は、何年も生徒たちを見ていて、人生経験もして、

その中から、「こんなことあるかもよ」と予想される出来事や、生徒はあまり意識していない視点を伝える。

たとえば・・・・、「中学と違って高校はあまりにもテストの成績が悪いと、進級できないよ。」とか

新しく中学生になった子には、「定期テスト前にはワーク提出があるから、テスト前だけでなく家に帰ったら勉強してね」

なんて、話をしても、たいてい聞いてはいない

大体中3まで、毎回テスト前に後悔を繰り返す子が多い

 

そんなもんだとは思っているが、言い続ける事(文句を言うのではなく)にも意味があると思う。

頭の片隅にはそれらが入っていて、なんかの瞬間に、自分から行動し始める事がある

 

今年高校に入った子

英語が苦手で、出来なくて、今まで何十年教えてきた子の中でも、ダントツで、びっくりするくらい英語がわからない。

勉強しようともしない。

そんな子が、ある夜LINEをしてきた

「明日までにやりたいので英語わからないところ、教えてもらえますか?」

驚くとともに、本当にうれしかった

 

まもなく、定期テスト

自分から「次回とその次、英語のテスト対策お願いします」と言ってきた

「やる気になった?」と聞くと

「さすがにやらなきゃと思った」とのこと

 

聞いていないようで、ちゃんとどこかでは認識しているんだな。

自分のペースで、どこかでスイッチが入るんだな

 

こんなことが起きるたび、その変化や成長に感動しながら、

この仕事をやっていてよかったと思う

そして、生き物はすべて自分のタイミングで芽を出し、それは早すぎず遅すぎずちょうどいいタイミングなんだと

| 2016.05.16 13:28 | コクリエ国語教室について, 未分類 |

教育虐待ってしってますか?

2016.05.12 Thu

東京で、厳しすぎる母親を女子中学生(今は高校生)が殺したとされる事件が報道されました

ニュース

今年2月に、中日新聞に掲載された「教育虐待」

親が、子どもの意思に沿わない受験や進路などを推し進める事が「虐待」であるとして問題化しています。

20160224070753

子供が幼い時代は、本人には情報源がなにもなく、親の意思が子供の意思である事は、誰も疑いません。

いつから、子どもの意思を尊重すべきか・・・難しい問題です。

特に母親は、母子一体化している場合も多く、大学生になっても、親が様々なことを決めるというケースもあります

では、何が問題で何が問題でないのか?

はっきりした線引きができるものではなく、セクハラやパワハラもそうですが、当事者がそれを嫌だと思ったら、問題なのでしょう。

そのためには、信頼関係をもつこと。

お互いに本音で語れるフラットな状態である事。

20160224070803

これにつきるのではないでしょうか?(写真は記事内の私のコメントです)

 

また、母子が密着しすぎて息苦しい状態の場合、父親や第三者(塾の先生などが最適)がサポートすることも重要です

 

いずれも、良かれと思っての事。

悲しい事件です

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら

| 2016.05.12 18:51 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 未分類 |

お正月にコミュニケーション力をつける

2016.01.05 Tue

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

お正月、帰省をして普段はあまり会わないおじいちゃんおばあちゃんと会って、食事をしたり、一緒に過ごす機会がありますよね。
喫茶店などで過ごすそんな一家の様子
多くの場合お子さんがマンガを読んでいたり、ゲームをしていたりで、全くコミュニケーションがない、という感じではありませんか?
普段会わないおじいちゃんおばあちゃんとの会話は、共通の話題も乏しこともあり、自然には弾みません。
ところが、これが今一番大事だと言われている、コミュニケーション力をつけるチャンスなのです。
以前ある大きな会社の経営者が、就職活動中の学生にこんなことをおっしゃっていたのを聞きました。
コミュニケーション力とは、同年代の人と話す力ではなく、何の共通点もない環境年代の人と話す力だ」
共通話題のある話しやすい人と話すのは簡単です。
しかし、話のきっかけもなく、互いに興味を持てない同士が、話をするには工夫が必要ですよね。
それが出来る力をコミュニケーション力というのです
そう考えると、お正月におじいちゃんおばあちゃんと色々な話をすることは、コミュニケーション力をつけるチャンスです。
少しだけお父さんお母さんがサポートしてあげて、話の糸口を見つけてあげてはいかがでしょう?
おじいちゃんおばあちゃんの得意なことを教えてもらったり、お子さんたちと一緒に何かをする機会を作ったり。
おじいちゃん達にインタビューをしてレポートをする事を課題にしたり。
親子の家庭が別々に暮らすことが当たり前で、「核家族」という言葉すらなくなり、日常生活で年代の違う人との交流が減った結果、子供達のリアルな経験値が減っています。
実は国語の読解力をつけるためには「実体験」「リアルにわかること」が多ければ多いほどいいのです。
「わかる」「理解する」というのは、頭で知的にわかるだけでなく、納得する、自分の体験に照らしてわかる、という部分が必要なのです。
おじいちゃんおばあちゃんに色んなことをインタビューして、聞いて見てはいかがでしょう?長い時間生きている人の知恵は、本で読んだだけではわからないものがあります。
例えば田舎の古い家で不便な体験をする事は、今はなかなかできない貴重な体験だったりします。教育的意味も含め、お母さん達が、それを楽しみ味わうように促すことが必要でしょう。
また、これを機会に改まった席では、敬語を使うことなどを教えてはいかがでしょう?
無理にではなく、自然に敬語が使えることは、将来とても役に立ちます。

| 2016.01.05 15:37 | 未分類 |

明けましておめでとうございます

2016.01.01 Fri

新年明けましておめでとうございます

{180FA9E3-A82B-4E93-9869-22762C1EC25E:01}

今年はとてもきれいに初日の出を拝めました。

受講生のみなさんの合格と、幸せを祈願して、地元の神社に初詣して甘酒を頂き、ほっこりゆったりと一年を始めることが出来ました。
今年もたくさんのご縁と笑顔が咲きますように
よろしくお願いします

| 2016.01.01 15:36 | 未分類 |

好きな科目をひとつがんばる

2015.12.30 Wed

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

成績がなかなか上がらない
勉強が好きになれない
そんなお悩みをお持ちのお子さんに提案するのは「1教科だけでも好きまたは、得意科目を作る」です。
出来れば主要教科の中で、1つだけ、強いて言えば、マシなものを選んでもらいます。
そして、それだけに絞って、成果が出るような指導をします。
すべての教科の成績を同時に上げるのは、最初からは、ハードルが高いものです。
一つだけ、しかもじぶんで選んだものなら、力を集中させる事が出来ます。
もし、それが歴史や地理だったら、まとめノートをしっかり作ったり、時間がなければまとめた参考書を自分オリジナルで書き直してみてはどうでしょう?
もし、それが数学だったら、しっかり理解した後に、たくさん問題演習をしましょう。
というように、具体的に対策を立てて見ます。
学校の先生やその教科が得意な子に、とっておきの勉強法を聞いて見てはいかがでしょう?
一生懸命頑張れば、きっと成果が得られるはずです。得られなかったら、やり方を再度工夫して見ましょう
一教科でも、頑張ったら成果が上がったら、更にそれを上げるか、もう一教科がんばって見ませんか?
最初のキッカケ作りが、一番大変で勇気がいります。
冬休みに、少しがんばって見ませんか?

| 2015.12.30 15:38 | 未分類 |

次のページ »