コクリエ国語教室

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

読解力がない「話が通じない人」AERA特集

2018.04.13 Fri

4月16日号のAERAな特集は「読解力で生き残る  なんで話が通じない」

IMG_7967

AERAの特集に「読解力」というワードが登場するなんて!

全て、新井氏の「AI  vs教科書が読めない子供たち」がベストセラーになったお陰です

IMG_7984

 

AERAにも、新井氏と投資家ぐっちーさんの対談が載っています

教育だけでなく、どこの世界の方でもうっすら感じていた事

「話の通じない人がいる」を、科学的に見せてくれた、というので

こんなにブームなっているのだと思います。

新井氏はまだその解決策を明確にはされていませんが、「きちんと読む事」は、特殊な方法ではなく、意識の向け方で、誰でもできる技術だと思っています。

日本の国語教育でなぜだかやってこなかった事。

「日本人だから日本語読めるよね」が、時代とともに通じなくなって来たのだと感じます。

IMG_7983

 

AERAがアンケートを基にして作ったこちらの記事

よく読んでいくと、「これは、読解力の問題かな?」と思えるものが多々

こちらに書かれている話の通じない人たち、一言で言うと

自己中心的」なのです。

自分の知ってる事、自分の想定内、自分がわかる事以外は、

無視したり、聞かなかった事にしたり、聞いてもやらない、、

わからないと言うより、自分の範囲を出ようとしない。変わろうとしない。

 

国語教育をずっとやって来た私には、当たり前だと感じられますが、

これが「国語力がない」「国語力が身につかない」原因であり、結果でもあります。

あなたの周りに、話が通じない、話を聞いてるようだが伝わっていない、仕事のトラブルが頻発する人いませんか?

ひょっとして、なぜか周りから「話聞いているのか?」と怒られる人、きちんとやっているつもりなのにお客さまや上司からキレられる、、なんて方いませんか?

 

それ、読解力がないせいかも知れません。

 

そんな方々は、今後のAI時代に、仕事がなくなってしまうかも、、、

 

コクリエ大人の国語塾」は、そんな人、そんな社員のためにあります

http://cocurie.jp/lesson/index.html#adult

受験のためだけでなく、子どもの未来に備えてコクリエ子供塾

http://cocurie.jp/lesson/index.html

 

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

 

| 2018.04.13 18:44 | おすすめの本, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, コクリエ大人塾, 社会問題 |

良く誤解される、相手にキレられるのは、国語力不足かも

2018.03.12 Mon

IMG_6942

先日のブログで書いた、リーディングテストからの、アミラーゼ問題、わかりましたか?

http://cocurie.jp/blog/?p=1574

文章が少々入り組んでわかりにくい問題でしたが、落ち着いて読めば、難しい問題ではありません。

 

続いてリーディングテストシリーズいきますね。

今回は簡単ですから、ご安心ください

その代わり、一度読みでお願いしますね!

 

Alexは、 男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある

この文脈で以下の文中の(  )に当てはまる最も適当なものを選択肢の中から選べ

Alexandraの愛称は(                )である

1.   Alex  2.   Alexander  3.男性   4.女性

 

 

さあて、いかがでしょうか?

答えは、、1Alexですよね

いかがでした?これはかなり初級者コースですね

 

 

このような問題ができない場合「うっかりミス」と認識する場合が多いのですが、実は読む力、読んだバッと把握する力がない、という事です。

 

できなかった方、大人の方ならひょっとしてお仕事でまたは人と話していて

「話が通じない」「よくキレられる」ってことありませんか?

相手の言っていること、またはメールなどを間違って理解しているかも、、、

 

そんな方のために、コクリエ大人の国語塾がありますよ。

詳しくはこちらからhttp://cocurie.jp/lesson/index.html#adult

コッソリ通ってみませんか?

国語力は技術なので、いつからでも身に付けることができます。

元の  ニュース記事はこちら

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180211-00081509/

| 2018.03.12 19:49 | コクリエで学ぶこと, コクリエ大人塾, 社会問題 |

あなたのリーディングスキルをチェック❣️

2018.03.08 Thu

最近ニュース記事などで取り上げられている話題

リーディングスキルテストから、

前にもお話しした本「AI  vs教科書が読めない子ども達」

IMG_6942

この中で、新井さんが行ったリーディングスキルテストから問題出しますね。

さあ、あなたのリーディングスキルは、大丈夫?

さて、問題です

 

「アミラーゼという酵素はグルコースが繋がってできたデンプンを分解するが、

同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない」

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢の中から一つ選びなさい。

セルロースは( )と形が違う

1デンプン

2アミラーゼ

3グルコース

4酵素

 

さあて、わかりましたか?

少し注意力を必要としますが、理科の知識を問うものではなく、文章読解力の問題です。

書かれていることを、きちんと読めるか?を聞いているだけです

 

アミラーゼ(という酵素)は(グルコースが繋がってできた)デンプンを分解するが、

(同じグルコースからできていても、形が違う)セルロースは分解できない

文意は、カッコを外したところ

アミラーゼはデンプンを分解するが、セルロースは分解できない

カッコ内は、これを修飾した言葉です。

 

問題の「形が違う」のは、セルロースとデンプンのグルコースの繋がり方です。

だから、答えは1のデンプンですね。

 

本によると、この問題、ジャーナリストなど文章処理のプロと思われる大人でも間違いが多かったのだとか。

メールや社内文書など、たくさんの文書を読むことの多い現代、読み間違い、勘違いが元で起こるトラブルも多そうです。

ニュース記事

https://blog.tinect.jp/?p=49718

大人の読解力教室も、必要性が認識されて来ています。

 

ご希望があれば随時開催します

| 2018.03.08 16:02 | おすすめの本, コクリエで学ぶこと, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

変わりすぎてるうちの子、ひょっとしたら、将来有望?〜発達障害は最強の武器である

2018.02.16 Fri

「私はこれからの時代、周囲の人と違ってなんぼだと思っている。

全ての能力が平均的な人に比べて、一風変わったものの見方や

感性を持った人の方が活躍する時代だと思うのだ」

「発達障害は最強の武器である」元マイクロソフト社長の成毛眞氏の本の序章に、こうあります、

 

IMG_7089

ビルゲイツは、会議中、1時間でも2時間でもずっと体を揺らし

続けていて、マイクロソフト社では「会議中ビルを見てはいけない、

船酔いのような状態になる」と言われていたそうだ。

また、成毛氏があるときビルにとても安い商品を売れと言われて

「そんなものは、犬でも売れる!」とメールをしたら、

「日本では、犬が営業マンをやっているのか?」とビルは大真面目に答えたという。

立派なアスペルガー症候群(本の表記通りで、)

比喩が全く理解できない。言葉通りにしか理解できないのだ。

 

そういう成毛氏は、自身をADHDだと言う。

長時間座っていられない、思ったことをすぐ言動に移してしまう、

忘れ物、不注意、自分のことばかり長々と話してしまう、、、

 

どうやらIT業界には、発達障害と言われる人が多いらしい。

シアトルの空港で不審がられた成毛氏は、勤め先を聞かれ

「マイクロソフト」というと、それなら仕方ない、こういう人が

多いから、と無罪放免になったのだそう。

 

学生時代は、忘れ物をしたり、落ち着きがなかったり

「普通でない」ことで悩むことも多いと思うが、

得意なこと、好きなことに没頭できる「過集中」は、何かを極めるのに適している。

 

お子さんがこんな状態で困っていらっしゃる方、長い目で育てたら、ビルゲイツになるかも、、、しれませんよ

 

変わっているところが宝物、大事に育てましょうか

| 2018.02.16 18:08 | おすすめの本, 社会問題 |

お子さん大丈夫?AI vs 教科書の読めない子供達

2018.02.05 Mon

近い将来、AIの発展で仕事が大きく変わり、人間はAIに仕事を奪われるなどと心配されています。

AIを搭載したロボットが、実際に世の中に現れてきています

本当なのでしょうか?

IMG_6985

やっと、コクリエ国語教室が教えていることの重要性が、データで現れました。

 

「AI  vs 教科書が読めない子どもたち」新井紀子著

面白いです。

 

第一線のAI研究者である新井氏は言います

「AIは脅威ではない」と

本当の意味でのAIは、まだ出来ていない。

今巷でAIと呼ばれているものは、AI技術を利用しているだけであり、人間に変わるAIが完成するめどは立っていない。

なぜなら、コンピュータは、四則演算中でも足し算と掛け算しかできない、数学でできている代物であり、人間の脳の活動、世の中のものを全て数式に表すことはできないから。

 

AIと聞くと、すごいことができている気がして、

賢いロボットを見せられると、未来がやってきた気がしている。

自動運転が現実化していたり、

SIRIがいい反応してくれたり、、

AIが将棋で勝ったり

医者に変わって症例を早く見つけたりすると少し焦る

もうちょっとしたら、AIが人間を追い越す「シンギュラリティ」が起こるとか、、

 

なんか、すごい世の中になりそうな気がしていた。

 

当面、その実現はないようだ。

 

しかし、この本では警告する

人間は、大丈夫?と。

 

AIが得意なことをやっていては、AIにかなわない。

記憶、計算、一定の推論の正確さと速さはAIには叶うはずがない

 

じゃあ、AIが苦手なことは何?

数式に表せないこと

 

それは「意味」を読み解くこと

 

人間は大丈夫?本当に文章の意味を読み解いている?

 

AIは、国語が苦手

それでもセンター模試で平均点は取れる。

平均点が取れない学生は、多分文の「意味」がわかっていない。

では、どうしたらいいのか?

解決策は本にはありません。

 

 

でも、コクリエ国語教室では、平均3ヶ月で大きな変化が見込まれます。

「読んでわかる力=読解力と思考力をつける国語塾」

ピンと来た方、お問い合わせください。

春の無料相談会開催中です

 

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

 

| 2018.02.05 13:25 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, 社会問題, 考える力をつけるには? |

2020年大学入試どう変わる?〜安河内先生講演会

2018.02.04 Sun

岐阜で開催された、東進ハイスクールの安河内先生の講演会を聞いてきました

IMG_6652

先生は、新大学入試の検討メンバーにも入っていらっしゃる、最先端のお話を伺えました

 

まず、2020年からの第一弾の暫定期間としては、英語は民間試験と入試センター側の試験の二本立てになります

 

どこの試験を使うかはまだはっきりしていませんが、4技能と言われる、「話す、聞く、書く、読む」をバランスよくテストに取り入れることになります。

今までのテストが、読む書くに偏っていたことを考えると、大きな変化です。

IMG_6661

新しいテストの中では、日本語訳というものはなくなるとのこと

 

また、スピーキング(面談) が入って来るので、内気な人、上がりやすい人は要注意。場数を踏むといいですね。

 

何よりも、今の学校の勉強方法がかなり変わる、または役に立たなくなるのは確かなようです。

自分で、または塾などで、話す、聞く、書く、読むの4技能に渡ってしっかり学ぶ必要がありそうです。

| 2018.02.04 14:59 | 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 社会問題 |

子どもが急に変わってしまったのは、、〜思春期の脳

2018.02.01 Thu

面白い本に出会いました

IMG_6971

 

「10代の脳」

アメリカの脳科学を研究している女医さんが、自分の子が高校生になった途端に、別人のようになり、髪を染めたり、 反抗的になってしまったことに驚き、研究を始めたものを本にしています。

 

なぜ思春期の子は、理解不能で、衝動的で、とんでも無いこと、危険なことをするのか?

それは、脳が再編成をしているから。

脳が未完成で、前頭葉(判断や制御をするところ)と脳の他の部分の連絡がうまくいかないからなのだそうです。

本人も、どうしてそれをしてしまうのか、どうしてしないのか、制御できずに困っているのだそうです。

 

だとしたら、このことを親子で共有して、できるサポートをするという手があります。

 

うちの子が特別に反抗的なのではなく、脳が今まだ成熟していないだけ、変わりつつある過渡期だという事、それを知って捉え直してみませんか?

| 2018.02.01 15:07 | おすすめの本, 社会問題 |

コクリエで学ぶのはリーディングスキル

2018.01.13 Sat

以前話題にした、東大を目指したAIの東ロボくん

国語の読解力がつかないと判断され、東大を目指すことを諦めました。

その研究者の新井紀子氏の記事が、今年の1月1日の「朝日小学生新聞」にのっていました。

見開きでどどーんと!(記事詳細はぼかしてあります)IMG_6612

先日お話しした「リーディングスキル」の話題です。

コクリエ国語教室で学ぶのが、この「リーディングスキル」

いままで、教育界では話題にも登っていませんでした。

今日ががわからないのは、その教科の知識が足りなかったり、記憶力ややる気がないからなどと、、おもわれていまふしが、、

 

そうではなく、「勉強の前にすることがある」のです。

教科書を読んで言葉でなく「意味」を理解するということ

日本語を話せるからといって、書き言葉、教科書の記述が理解できているとは限らないこと

それをAIにテストの問題を解かせる、というアプローチの途中で気づかれたのです。

 

リーディングスキルがないと、アクティブラーニングやプログラミング教育をしてもなんの意味もないと書かれています。

 

この記事では、どうやってリーディングスキルをつけるのか?に回答はありません。

ただ、カレンダーや新聞など文字情報を子供たちの目に触れるところに置いておくこと、というアドバイスだけ。

 

読み解く力=リーディングスキルは、スキルであり、才能ではありません。

読み方を学んで、訓練すれば身につくものです。

 

コクリエでなら「リーディングスキル」が短期間に身につきます

中学受験生、大学受験生には必須のスキルです。

どんなものなのか聞いてみたいかた

お問い合わせはこちらから

08045250709  黒川

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2018.01.13 16:28 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

教育改革があさイチで特集されました

2018.01.10 Wed

NHKの朝の番組「あさイチ」で、教育改革が特集されました

たくさんの方が見られる番組で取り上げられて、認知度が上がるのは、喜ばしいことです

IMG_6562

学習指導要領が変わることから話題がスタート

学習指導要領では、ゆとり教育⇨脱ゆとり⇨知識を使う力と方針が変わりました。

 

アクティブラーニングを実践しているクラスの様子などもレポートされていました

アクティブラーニングとは、能動的学び

先生が話して生徒が聞く受動的学びと違い、主人公は生徒

例えば数学の問題を先生が解説するのではなく、グループで話し合って解く

先生は生徒たちの様子を観察し、グループへの参加態度や発言から、子供たちの変化や様子を評価していきます。

先生の能力や個別の評価能力により、かなり差が出そうです。

 

また、番組の中でも言ってましたが、先生によってアクティブラーニングに積極的な人とそうでない人に分かれ、ベテランの先生たちが今までと違うやり方をするのは、難しいと、、

IMG_6564

2020年の大学入試から、受験の方針が変わりますが、いち早く中学受験では、新しいタイプの問題が出ています.

上記のような問題です。

パート2に続きます

 

 

2020年大学入試改革のお話会をご要望があれば、随時開催しています。

 

ご興味のある方はお問い合わせください

08045250709   黒川

 

http://cocurie.jp

 

 

 

 

| 2018.01.10 22:27 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内, 社会問題, 考える力をつけるには? |

成人式で騒ぐ人たち〜

2018.01.08 Mon

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 です

 

今日は成人の日

昨日または今日、全国の自治体で成人式が開催されていますね。

報道は、面白いもの奇抜なものを抜粋するので、成人式というと「大騒ぎする奇抜な成人たち」が報道されます。

 

多分とても稀な存在だと思うのですが、、、

 

その中で奇抜なコスプレに身を包んだ男性へのインタビューで、「目立つから」この姿で来たと言っていました。

 

また、あるところでは来賓の祝辞の最中に悪ふざけして、食事のテーブルの上に乗る男性もいました。

 

いまどきいるのかと思うような、ヤンキーの旗を並べている写真も見ました。

何故彼らはあんなことをするのでしょう?

 

多分ですが、普通の自分では晴れがましい席にいられない、のではないかと。

 

20歳だと、多くが大学生

地元の中学時代の友達と会うのに、どこかいいところを見せたい。けど、いいところが見せられない、、、となると、悪目立ちするしかない。

 

最近日本だけでなく、問題になっているバカなことをして目立つのがいいと思っているYouTuberたちと同じ心理

「とにかく目立つ、とにかく人がやらないことをする」

ことでしか自己主張ができない

 

変わってないと、奇抜でないと自分を認められない

自己肯定感が低いからですね。

 

多分ですが、、、

小さい頃から、怒られたり、人にバカにされたり、

自分の良さを発揮したり評価されることがなかったのでしょう。

 

今日、何が言いたいかというと、

成人式で暴れる情けない子をなくすには

子供の頃から、その子の良さを周りが言葉にして承認すること。

勉強やスポーツができなくても、落ち着きがなくても

優しかったり、手先が器用だったり、どこかいいところがあるはずです。

 

自分のいいところをきちんと認めてもらった子は、普通の自分でいられると思うんです。

| 2018.01.08 18:31 | 社会問題 |

次のページ »