コクリエ国語教室

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

「受験に受かる子」を育てる家庭のヒミツ〜in新栄

2017.04.23 Sun

名古屋の新栄でお話会をさせていただきました。

IMG_2979

 

「エール」という中学生の学習支援のプロジェクトを始められた

岡留さんによんでいただきました。

 

こちらは、子どもたちが自主的に学ぶことを支援する、

自己管理プログラムを取り入れる、ユニークな取り組みです。

私も、勉強は基本的に自分の力でするもの。

そのために必要な支援のみというのが自然な姿だと思います。

IMG_3035

約15名のお母様方、とても熱心に聞いていただきました。

今回はレジュメなしだったので、みなさん、メモを取る手が止まりません。

我が子を思う気待ちがメモを取らせている、と感じました

 

IMG_3039

 

今回の教育制度の改革は、本当に大きな改革です。

今まで、学校や塾にお任せすればという姿勢が多かったと思うのですが、

これからは、まさに「自己責任」の時代

お母さまの意識が、子供の将来を大きく変えます。

お話会の中でもたとえ話でお伝えしましたが、

教育の方向性が180度変わります。

今まで大阪行きだった列車が、東京行きに変わるようなものです。

今まで先頭にいた人が、最後尾に、最後尾にいた子が、最前列に、、、そんな変化だと言えます。

 

お母さま方にお願いしたいのは、我が子の素敵なところをしっかり見つけて、

勇気付けてあげてください。

みんな一緒の正解がない世の中になります。

その子らしさが出発点です、

 

| 2017.04.23 16:00 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 考える力をつけるには? |

第一回お話会in弥富 開催

2017.04.02 Sun

IMG_2614

先日、弥富でお話会をしました

《子どもを幸せな受験生にするために》と題し、

2020年度から始まる新大学入試制度が、

なぜ実行されるのか?

どう子育てしたらいいのか?

学習について

 

など、お話しさせていただきました。

 

会場は大好きな、スィーツカフェハルさん

午前中開催だったので、モーニングを頂きました

皆さん、当然ケーキモーニングをチョイス

(写真は以前のもの)

 

IMG_9801

みんな、モーニングをいただくのも忘れ、お話に聞き入ってくださいました。

弥富で0歳からの幼児教育教室を開催されている中島優子さんが企画して下さいました。

おかげさまで満員御礼‼︎

 

お子様の年齢は3歳くらいから中学生まで多様でしたが、気になることは一緒

 

IMG_2616

 

今回の改革は、明治以来の大改革

それに合わせて、ご家庭でも意識改革が必要です。

学校、塾に頼りきりの一括教育でなく、ひとりひとりオーダーメイドの教育が必要だからです。

 

社会は大きく変わっている

それをまずお母さまが知って欲しい。

 

次回4月8日午後にも開催します。

おかげさまでこちらも満員御礼‼︎

聞いて見たいなぁという方、5枚以上いらしたら開催できます‼︎

お問い合わせくださいね

| 2017.04.02 18:39 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

学校不要論!byホリエモン

2017.03.25 Sat

「すべての教育は洗脳である」 堀江貴文  光文社新書

 

ホリエモンらしい、とてもストレートで論理的な内容だ。

 

IMG_2512

世の中は二種類の人に分けられる

貯金型は、「いざという時のため」備えるタイプ

やりたいことを我慢し、ボスに従いやりたくないけどやらなくてはいけないことをする

もう一つは投資型   自分のしたい事にすべてのリソースを投下する。

したくないことはせず、自分が夢中になれる事だけにリソースを費やす

 

「いざという時のための」 貯金、勉強、学歴、資格

イザはいつ来るんだろう?

インターネットの時代、昭和のイザは、もう通用しないのに、学校だけは昭和のまま、、、

 

学校も会社も洗脳

思考停止になり、自分のしたい事は迷子のまま、、、

 

ローカル人材とグローバル人材

どちらを目指したいか?

 

今までは、教育分野は、何十年も学校と塾に丸投げのしていたと言っても過言ではない。

それが、これからは、ひとりひとり違う道を選ばなくてはいけない。

 

「いざという時のための取り敢えず進学」は無駄でしかない。

 

お母さま、お父さま。この本を手にとって、読んで見ませんか?

そして、出来れば子どもにも読ませてあげてください。

知らない言葉があっても、なんとか読めるでしょう。

一緒に考えて話し合って見てください。

この子は、どんな教育、どんな興味があるのだろう?

 

ひとりひとり違う世の中には、今の教育制度は、合っていないようです。

 

| 2017.03.25 12:14 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, コクリエで学ぶこと, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

受験と親の関わり〜下克上受験に学ぶ

2017.03.23 Thu

先日、テレビで「下克上受験」が最終回を迎えました

私も全部ではありませんが、よく見ていました。

面白おかしい脚色がありましたが、しっかりした内容だったと思います

IMG_2491

 

原作は同じタイトルの実話本

両親ともに学歴は中卒

おじいちゃんおばあちゃんも中卒

そんな家庭の中で、子供には自分と同じ道を歩いて欲しくないと思ったお父さん

中ぐらいの成績の娘を、塾に通うことなく

お父さん自身が指導して受験に向かったストーリー

 

ドラマも面白かったが、ディテールは省かれているので、本の方がリアル感が伝わります。

 

事の始まりは、お父さんが娘を何よりも愛していたから。

「こんな素晴らしい子が間違って我が家に産まれた。自分たちと同じ道ではなく、

幸せになるべき子だ」と思ったことだ。

そして、お受験ブログから様々な情報を得て、問題集を買い込み、塾テキストをオークションで手に入れ、自宅に塾ルームを作った。

5年生の夏から始まった、少し遅い下克上受験。

どんなに教えても、なかなか覚えない娘。

二人三脚で、お父さんも娘も一緒の問題を解く。

教える人と教えられる人ではなく、ともに学ぶ。

そんな顛末を描いた実話ストーリー

 

この本を読んで、学ぶべきことは

親が「ともに学ぶ」という事。

教えるのではなく、横に並んで学ぶ。

 

子供と同じ視線で物事を見ているという事。

 

ともすると、親も先生も、

対面で「上から視線」で 子供を見がちになる所、

横並びで同じ視線でいると感じた。

 

押し付けない一生懸命さ

言葉にしなくても伝わる信頼感が、

 

子供にとって、安心感になるのでは?

 

受験をしなくても、一度読んで見られるといいと思う、いい本です

 

| 2017.03.23 18:56 | おすすめの本, 中学受験, 考える力をつけるには? |

教育が変わる‼︎まずお母さま方が学ぶ時代です!

2017.03.15 Wed

IMG_2407

 

2020年大学入試が変わります。

明治以来の大改革だと言われています。

第一弾は、新中3から第二弾は新小5からが対象です。

センター試験が廃止になり、代わりに大学入学希望者学力評価テスト(仮称)

が始まります。

大きな違いは、第一弾では、数学と国語に記述式問題が導入されると言う事です。

思考力、判断力、表現力をみるところが、大きなポイントです。

 

どうして大学入試が変わるのか?

それは世の中が変わり、社会で必要とされる人材、能力が大きく変わったからです。

具体的には、こんな感じ

IMG_2408

求められる資質、能力、評価が、180度変わると言ってもいいでしょう。

正解を求めず、苦手なものを克服せず、努力しない。

ケンカもしてしまうなんて、、

つまり、これより前の世代の常識が通用しないのです。

お子さんに今まで通りの「いいこ」になる教育だけをしていては、大学入試や就活では評価されなくなってしまいます。

 

どういうことかと言うと、お母さまがたが、新しい時代に向けてお子さんをどう育てるか?を学ぶ時代になったのです。

「正解がない世界」 なので、子供の個性と、未来の社会や生き方をそれぞれの子ごとにオリジナルに考える時代なのです。

 

私は家庭での在り方で、この変化の多くの部分はクリアできると思っています。

「考える力」をつけるのは、お子さんの前に、保護者の方。

あら〜!大変?

やった〜!楽しそう?

 

お母様方とそんなお話をしたり、話し合うお茶会を企画しております。3月30日と4月8日、会場は弥富の予定です

お問い合わせください。

08045250709黒川

この情報元はこちら

 

 

IMG_2409

| 2017.03.15 15:06 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

わかっているのに、成果が上がらない子へ

2017.03.08 Wed

IMG_2126

一生懸命勉強しているのに、テストなど成果に結びつかないお子さんがよくいらっしゃいます。

それは、何故なのでしょう?

どうしたらいいのでしょう?

今日はそんなお話をします

 

多くの生徒たちは、授業を聞いたり、自分で勉強して「わかった!」といいます

でも、その後問題集を解いたり、テストだったりで、分かったはずのことができないことがよくあります。

私はそんな生徒たちによく、こう説明します

 

まず、最初は「わからない」よね

次に習って「わかった!」になる。

ここで気を緩めちゃダメだよ

次は「出来る」

問題集などで、似た問題をたくさん自分でやってみて、「出来る」になる

大体ここまではやるね。ワークを一回やって、提出まで。

でもね、これじゃ足りない。まだ次がある

ちょっと基本を変えてあったり、応用問題になると出来ない。

テストなど緊張した状態だと出来ない

それはね、勉強不足。大事なステップをやってないの

次はね「いつでも(何でも)出来る」

 

ここまで仕上げたら、緊張しちゃう人も大丈夫だよ

わかった?

「出来る」から「いつでも出来る」の間は結構距離がある

一旦ここまでやるようにすれば、レベルアップ間違いなし

もうひとステップ、もうひと頑張りトライしてみてね

 

こんな風に、成果が上がらなかったお子さんに話してみてはいかがでしょう?

| 2017.03.08 11:37 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 考える力をつけるには? |

ARTは国語‼︎ byタモリ〜西野あきひろトークショー名古屋

2017.02.25 Sat

IMG_2182

 

「魔法のコンパス」で大ファンになった西野あきひろさんの名古屋で開催されたトークショーに行ってきました。

 

話の面白さ、頭の回転の速さは、プロに失礼ですが、さすがです‼︎

 

お話の多くは魔法のコンパスの中からでしたが、

絵本を書くきっかけ、タモリさんとのやりとりの中で、興味深いお話が聞けました。

タモリさんが、テレビに出なくなった西野さんに「絵本を描いて見ないか?」と言ったのですが、なぜ西野さんに勧めたのか?

 

世の中に出ている絵本が子供をバカにしている

面白くない、と言うのが二人の動機

 

西野さんは絵を描いたことがないにもかかわらず、西野さんに、絵を描けとタモリさんが言った理由

それは、「ARTは国語だから!」

 

意味がわかりませんよね?

この場合の国語とは、わかりやすくきちんと説明する力

タモリは、わかりやすくきちんと説明する力が、西野さんにあると思ったので、絵本、ARTを勧めたのです。

 

なるほど〜

目からウロコですね!

ARTは、説明しないもの、わかりやすくはないもの

というイメージです。

難解にしてこそナンボ、、みたいな

 

タモリさんが言ったのが、

「ARTは国語」

 

 

えんとつまちのプペルも、この発想から始まったのですね!

わかりにくいものをいかにわかりやすく説明することが出来るか?

漫才などの話芸もまさにそうですよね!

 

国語の力、ただのテスト対策や、難解な文法ではなく、応用範囲が広いのです

 

 

 

| 2017.02.25 17:23 | おすすめの本, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |

読書が大事?いえ、まずは良い〇〇

2017.02.19 Sun

IMG_2117

 

子役の芦田愛菜ちゃんが、偏差値70以上の難関中学に、6ヶ月の準備期間で合格した事が大きな話題になっていますね。

週刊誌に、「芦田愛菜が低学年で年300冊の読書をしていた」というニュースが出ていました。

良く色々な方から「国語を上げるには読書をするといいのですよね」などとご質問を頂きます。

正直、ちょっと悩みます。読書すれば成績が上がるという単純な話ではないと考えます。

いくらたくさんの本に目を通しても、本人が興味を持って自主的に読んでいないのであれば、嫌々読んで本嫌いになるのであれば逆効果です。

 

芦田愛菜ちゃんのご両親は、愛菜ちゃんが何か聞くと、本を与えたそうです。答えを簡単に教えてもらうのでなく、自分で本を読んで知るという習慣をつけたのですね。素晴らしいと思います。

愛菜ちゃんは言っています

《小さい頃から両親がたくさん本を選んできてくれたので、読書はすごく身近な存在でした。歯みがきとか、お風呂とかと同じような感じ》

 

そうなんです。

学びの基礎は、「良い習慣を身に付ける事」なのです。

本を読むのも

時間を意識して、学習することも

タイムマネジメントすることも

知的好奇心を育てるのも

 

全て「良い習慣」

それを、歯磨きやお風呂に入る事のように当たり前にしていた。

 

この基礎が整ってから、良い教材や良い塾、良い先生が生きてくるのです、

 

まずは、小さい時に良い習慣を身につけること

歯磨きやお風呂に入るように当たり前に本を読んでいた良い習慣が、イザという時に役に立ったというのは、言うまでもありません。

 

もちろん読書はとても役に立つものです。

その効用については、また別の記事で‼︎

 

| 2017.02.19 17:44 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 考える力をつけるには? |

お母さまとのお茶会報告

2016.12.15 Thu

12月1日にお母さまとのお茶会を開催しました

 

img_1005

 

一宮のカフェ、ピルエットさんをお借りしての素敵な会でした

お話しさせていただいた内容は、

2020年の大学入試改革を中心とする、文部科学省の教育改革

その目的と、保護者としてどう対策をしたらいいか?

ご家庭でできる新制度対策の勉強法をお話ししました。

みなさん熱心で、楽しい会でした。

 

終了後は、ご都合のつく方でランチ会

img_0995

こちらも、大満足でした!

 

今回インフルエンザなどで残念ながら来られなかった方もいらして、年明けも開催予定です。

ご興味お持ちいただいた方、メッセージ下さいね!

 

 

| 2016.12.15 16:31 | 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 社会問題, 考える力をつけるには? |

AIに勝てる人間の頭の良さは「読解力」

2016.11.15 Tue

ニュースによると、AIの東大くんは、国語が出来なくて、受験を断念したらしい

記事はこちら

やっと、コクリエが訴えてきたことに、理解が及んできた気がする

img_0496

コクリエ国語教室は、国語の成績を上げるだけではない

コクリエ国語教室の特徴は

文章を読んで、大切なことを読みとる力をつける」 こと

国語的な表現をすると、読解力をつけるということになる。

 

何故これを始めたかというと、生徒を見ていて

「数学や国語という教科の中身がわからないのではなく、問題文や設問の意味が取れていないのでは?」

と感じたことから始まった

生徒に国語の問題文を読んで、「大事な事」を答えてもらうと、本筋とは全く違う答えが返ってくる

これでは、問題に答えられないはずだ…

 

始めたころ、多くの人、大人には理解されなかった

ところが、成果が出始めた

国語の点数・成績が短期間に上がっていくのだ

 

何故理解されないのか??

多くの人は「日本人だから日本語の読み書きはできているはず」という思い込みの中にいる

そうじゃないのだ。

人によって、「言葉の理解度」は違う。

それが表に出る事が少ないまま、我々は様々なことを理解しないまま、すれ違っている。

これがテストの世界で起こると、「国語の苦手な子」と判断され

「国語はセンスだから、苦手な子にはわからないよね」と放置されてしまう。

 

「文章を読んできちんと理解する事」は学ばなくてはいけない事柄なのだ。

 

先日、数年間チャレンジしていた、AIの東大くんが東大受験をあきらめたという記事が載った。

国語と英語が苦手科目だそう。

「読解力」はAIには出来ない芸当だという。

その通りだろうと思う。

「言葉」と「意味」は違う。

文脈の中で、同じ言葉を使っても全く違う意味を持つことを、人間は理解するがコンピュータには難しい

一方数学などはAIが得意な事。機械でもできる事なのだろう

 

 

そんなことが書かれたYAHOOニュースがこちら・・・・

こちらの記事

 

| 2016.11.15 15:54 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

次のページ »