コクリエ国語教室

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

塾の選び方教えます〜塾長会@愛知

2017.04.30 Sun

IMG_3045

愛知県で初めての塾長さんの集る会「塾長会@愛知」 が開催されました。

皆さん本当に熱心で、子供たちの事を思う気持ちがヒシヒシと伝わって来ました。

 

最近お母様方と話していると、よく聞かれるのが「いい塾ない?」ということ

大手塾は、一斉授業だからあまり意味がない

個別塾も、フランチャイズで信用できない  などなどお聞きします

(フランチャイズや大手塾にももちろんいい先生もたくさんいらっしゃいます)

 

聞いてみると、昔ながらの個人塾が消えているのです。

大手塾に阻まれて、なかなか生徒が集まらないのでしょう。

 

先日ある子が中学入学前に、苦手な算数をクリアしようと、個別のフランチャイズ塾に入ったそうです。

話を聞いてみると、何と、毎回先生(学生アルバイト)が変わるのだとか。

授業は60分。その間、先生はその子がどこが苦手なのか、何がわからないのかを把握することも出来ず、授業を終わるのではないかと想像します。

子供の特性を知った上で、「ここがわからないんだろうな」と仮説を立てて、説明していくには、それなりの経験と子供と教科を理解する力が必要です。

不慣れな学生が、毎回コロコロ担当が変わったのでは、何回受講しても効果が現れるとは考えられません。

また、先生は選べないようでわかりにくい先生も多々、、、だそう。

 

お母様方、塾は行けばわかるようになる魔法の場所ではありません。

キチンと塾を判別して、要望を話し、結果をウォッチして下さい。

 

例えば・・・

★塾長さんと必ず定期的に話して下さい

★塾長さんに、システムや講師、授業についてどうしてそうしているのかを含めてよく聞いて下さい

塾としてのポリシーや、教育方針がわが子に合っているか?

★我が子にあっているか、判断して下さい

わが子がどんなタイプか?ライバルや仲間がいると頑張れるか?

人に惑わされたくないか? ひとつわからないと前に進めないなど癖があるか?

★子供に塾での様子を聞いて下さい(わかりやすいかなど)

★信頼できる塾である事を確認して安心して任せて下さい

いったんお任せしたら、後は信頼し、時々塾長さんにご相談を。

 

その点、このような場所に情報収集するような熱心な塾長さんのいらっしゃる個人塾は信頼できると思います。

 

教育は人」です。

思いのある、プロフェッショナルな先生と関わることで、子供たちに変化が現れるのです。

 

そんな出会いが楽しい夜でした。

 

| 2017.04.30 14:59 | コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 研修・その他活動, 良かった出会い・セミナー |

さくら並木のカフェ

2017.04.15 Sat

 

日本人の私たちは、本当に桜が大好き‼︎

春が来るのを、まだかまだか、と待っているのですよね。

ずーっと前から、桜並木が綺麗に見れるcafeはないかしら?と思っていました。

そんな夢のようなお店が、今年、名古屋にオープンしました

IMG_3076

 稚児宮カフェ

名古屋の北区黒川駅の近くです。名古屋ハウジングセンターの近くです。

窓からみれる景色が、さくら色

IMG_3077

黒川の御用水

とっても綺麗です。

IMG_3078

 

 

駐車場もあり、コーヒーやデザートが美味しい。

ランチもモーニングもあります。

超おすすめスポットです

| 2017.04.15 16:23 | 良かった出会い・セミナー |

ビリギャル式大人の坪田塾 参加して来ました

2017.04.07 Fri

IMG_2756

ビリギャルでおなじみの、坪田塾 塾長

坪田信貴氏の「大人の坪田塾」に参加して来ました。

 

以前、百マス計算の蔭山先生とのコラボセミナーに続きお話を聞くのは、2回目

 

IMG_2757

 

今回はユニークな試みで、なんと、会場は映画館!

椅子がふかふか豪華で座りやすく、会場が階段式なので、見やすいのが良い点

残念なのは、会場が暗いこと、、、(途中でちょっと明るくなりました

 

平日夜の名古屋駅開催だったので、サラリーマン風の方が多かったかな?

 

ビリギャル式 子供や部下をその気にさせる 心理学的指導術

気になりますよね?

 

結論的に言うと、やはり本業の塾の延長なので、学生とそれを指導する人、親がターゲットの話題が多かったように思います。今すぐの社会人の指導というのではなかったかな?と。

 

まずは、時代背景から

今の子たちは、何歳まで生きると思いますか?

平均寿命103歳と言われているそうです。

すると、ライフサイクルが変わって来ますね。60歳定年だとするとそのあと43年間、「老後」があります。

多分、もう一つ仕事をするなど、生き方が変わってくるのでしょう

 

また、良く話題に出るようにAIとの共存

 

AIが人間の能力を追い越し、その5年後に、AIのIQは、なんと、、、10000になるそう。打ち間違いではなく、一万です。

 

頭の良さではたちうち出来そうにありません。

IQで言うと、普通の人と頭のいい人の違いは20%程度。天才出さえ50%増程度なのだそうだから、100倍って頭がいいって、どう言うことでしょう?

 

何が言いたいかというと、今からは想像もできない世の中になる、っていう事。

人類が生まれてから今から今までの変化とは比べようもない、未曾有の世界が現れるという事です。

 

そんな変化の中、教育をどうして行くのか?

その準備が大学入試改革であり、教育改革なのです。

 

情報処理、記憶力、正確さ、情報検索で、人間はAIに勝てそうもありません。

 

じゃあ、どんな能力を伸ばしましょうか?

そんなことを、一つ一つ、ひとりひとり考えて行く時代になりそうです。

 

肝心の心理学的指導術については、ブログでは簡単には説明しにくいので、直接私にあった人は聞いて見て

または、はひょっとしたら、後日ブログ化する、、、カモ

| 2017.04.07 14:12 | 2020年度新大学入試, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 良かった出会い・セミナー |

子どもたちに何を伝えていくべきか?~第三弾講演会質問に答えて

2016.11.12 Sat

第三弾  講演会での質問について書きますね

講演会は、特別にこのために印刷された、スペシャルバージョン

「夢を仕事にするはじめの一歩」

表紙は、夢アワードグランプリを取った時のたまみさんの写真です

これをわざわざ作って下さる所に、渡辺代表の愛を感じますね

image

この内容のおおもとは、渡辺代表のこの本にあります。

image

講演会の最後に、時間ぎりぎりのところ、質問を受け付けていただきました。

私のした質問は

「私の触れ合うこたちの中には、勉強に熱心ではなかったり、

受験生でも少子化で選ばなければ高校に入れることを知り、学ばない子がいる。

片や、先日テレビで見たところによると、中国人学生が日本の国立難関校に押し寄せている。

今後の日本、勉強嫌いで、何事にも覇気のない子たちの将来が心配だ。

渡邊代表であれば、この子たちに何をどのように伝えるか?」

 

質問をしている間、代表は何度も深くうなづいてくださった。

そして、渡邊代表がう寧されている東京の私立高校のお話をしてくださった。

image

お答えのポイントはふたつ

1.危機感を持たせる
このままだとどうなるか?など、危機感を持たせる情報を教える

2.夢を持たせる
夢目標を持って、具体的に指導することで、指導実績があがった

 

詳細は、この本に書いてありました。

とてもいい本です。お母様方一度お読みください

image

 

かつて、グローバル化と言えば、日本人が欧米に出ていくことを指した

ところが今のグローバル化は、ハングリー精神あふれるアジア人が日本にやってきて、

学校や仕事や、いろんなところで、チャンスを狙う。

ぬるま湯の中の日本人は、あっという間に自分たちのポジションをなくす。

中国人受験生の記事

 

そのことを、お母様方が感じて、子どもが危機感を持つように、促す必要がある。

 

色んな意味で日本も、教育が直面する環境も大きく変わっている

そのことを、はやくから意識することが必要だと、切実に思います

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

| 2016.11.12 16:22 | おすすめの本, 社会問題, 良かった出会い・セミナー |

夢に日付を!渡邊美樹氏講演会

2016.11.11 Fri

 

第一部は、シングルマザーシェアハウスの見学でしたが、

第二部はアクショングループ本社のあるビルに移動して記念講演会でした。

image

渡邊美樹氏のお話を聞けるなんて・・・・

ずいぶん前にある企画で渡邊美樹氏をお呼びできないかと考えたことがありました

とてもではないけれど、呼べる金額ではありませんでした。

そんな貴重な講演会、もちろん、一番前の一等席で!!かぶりつき

image

渡邊氏は、背も高く紳士的で、存在感のある方でした。

お話は、さすがのクオリティ。息もつかせない勢いと、適度の笑いを含めながら、2時間弱渡邊氏は、「みんなの夢を叶える会」の代表であり、その一環で「みんなの夢アワード」があり、その今年のグランプリが、大津さんのシングルマザーシェアハウスです。

 

夢を叶えるというと、ふんわりした夢物語のように感じますが、渡邊氏が24歳で起業する前から積み重ねてきた体験に基づく夢の叶え方のお話は、生易しいものではありません。

 

貴重な夢の7か条をシェアしますね。

1.どうしてもという夢を持つ

2.勉強する

3.夢を二度叶える

4.辛くても続ける

5.他者に応援してもらう

6.夢に日付を入れたら、変えない

7.夢を叶えるプロセスで成長する

 

特に、6番「夢に日付を入れたら変えない」

たまみさんも、シングルマザーシェアハウスを現実化する中で、様々な障害や、どんでん返しがある中で、1年かからずに現実化した。

渡邊氏は、それをよく知っているからこそ、ものすごく忙しい中を無理をして、このようなお祝いの会で登壇してくださいました。

 

渡邊氏はおっしゃいました

「自分も起業する時1年で300万円貯める苦しさに、日付を変えようと思った。でも、それをしたら、自分を甘やかしてしまう」

自分との約束は、破っても誰も非難しない。ところが、これが一番怖いのだ。

 

講演会最後に、質問をさせてもらった。

そのことについては、また別の日に

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

| 2016.11.11 18:17 | 未分類, 良かった出会い・セミナー |

大きな夢が叶った日~シングルマザーハウスオープニングイベント

2016.11.08 Tue

11月7日は、大津たまみさんの大きな夢が実現した日

シングルマザーハウスのお披露目会と渡邊美樹さんの講演会、懇親会に伺いました

image

大津さんは、現在2つの協会を含む「アクショングループ」代表です。

約10年前起業する前に離婚し、当時9歳の子供を抱え就職を探しましたが、

シングルマザーの就職はなかなか難しい

そこで、お掃除・家事代行の会社を起業します。

仕事を始めると、休みもとれず、ひとり息子の世話をすることもままならず、

助けてもら得る人もいない中、非常な苦労をされました

 

当時9歳の子は立派に成人。20才になりました。

image

仕事が軌道に乗り、かつての自分のようなシングルマザーをサポートしたいと、夢を持ちました。

昨年2月渡邊美樹代表の協会が主催する「みんなの夢アワード」でグランプリを取りました。

サポートを希望する色々な会社との協働で、シングルマザーハウスが実現しました。

20161108032543-1

 

「一人ぼっちの夜をなくす」

子どもが、ひとりでさびしく冷たいご飯を食べる事がないように

食事や家事のサービスも付いています。

image

キッチン、お風呂などの共用部分と、ロフト付きの4つの個室を持つ建物です。

各部屋素敵な壁紙で、女性らしい心配りが随所にあります。

特に素敵なのが、キッチン横の勉強スペース

4席ある自習室です。(写真撮り忘れました)

今回の入居対象は、お子さまが小学校低学年までとのことですが

きちんとした独立の勉強スペースがあるのは、たまみさんの子どもたちへのメッセージでしょう。

 

 

image

こちらは、長く住むというより、離婚直後の仕事も見つけなければならない

一番大変な一時期を助け合う事を目標としていて、就業支援などの仕組みも用意されています。

 

 

離婚が、貧困や教育格差につながらないように、

社会が見守る、それができる大人がサポートする仕組みです。

 

渡邊代表の講演会は、パワフルで、心に響きました

その内容は、また改めて・・・・・

 

 

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

 

 

 

| 2016.11.08 15:17 | 良かった出会い・セミナー |

教育を選ぶ時代になった     みんなの教育サミット〜15歳までの選択肢

2016.11.02 Wed

image

 

先日、瀬戸で塾を経営されている一尾さん主催の

「みんなの教育サミット〜15歳までの選択肢」に参加しました。

image

このサミットは、幼稚園、小中学校の間で、様々な取り組みや理論で

運営されている、公私含めた教育機関のお話を聞く事が出来ました。

幼稚園では、春日井の森の幼稚園、

晴れの日も雨の日も森の中で過ごし、自然に学ぶ幼稚園

モンテッソーリ教育をされている北区の幼稚園

シュタイナー教育の幼稚園

シュタイナーでは7歳までは文字を教えないそう

など、それぞれの方針通りの発表者の方々のお話を聞いて、自分のこの個性をキチンと認識して、教育機関を選ぶことが大切だな、と感じた。

なにしろ、発表者がかな〜り個性的。

感性が強い所、理論的な所など、合う合わないがありそう

自分の子どもと自分たち(夫婦)の個性にあったところを選ぶ必要があると感じた

 

午後からは小中学校

公立小学校の熱心な若手の先生

シュタイナー学園 小学部 中学部

独特の世界観を持った、シュタイナー教育。

12年教育なので高校もできるかも

自主学校(一尾さん)

サラリーマンではなく、稼げる力 ツクル力を育む 小中生無料の自主学校

勇気づけ学園 (来年開校予定の埼玉の小学校)

それぞれの方が、それぞれの実情やビジョンをお話された

 

「多様性」の時代に、公教育や既存の学校では選べる範囲がとても狭い

進路も「大学に行く」ことを無条件に当たり前の標準コースと考えられている

それ以外の進路は、異端とされる

 

これからの時代にどんな教育がいいのか?

うちの子にどんな未来を示せるんだろうか?

 

何となく、周りにあわせて偏差値で将来を判断した時代に比べて

多様性を持った幾つかの選択肢のなかから、

「選ばなくてはならない」時代になった

選択肢が多いことはいいことだが、選択肢が多いことは、悩み多きことでもある。

親と子の価値観が違う場合は争いにもなるだろう。

 

これからの時代が、誰も体験したことのない世界になる可能性が否定できない今

情報と想像力と、何よりもわが子の適性、個性、価値観を見極めて、

進路を考える必要がある。

 

今までよりもさらに、親も含めて考える事、自分で決める事が必要だ

横並び、取り敢えず受験は意味が無くなり、

自己責任が、教育の選択という点でも当たり前になって来る。

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

 

| 2016.11.02 17:26 | 良かった出会い・セミナー |

中学生のためのグローバル人材教育

2016.09.26 Mon

9月18日に行われた、グローバル人材を育てるプログラムを見学させていただきました。

image

大学卒業までアメリカでずっと暮らしていた日本人男性が、主催する会社のプログラムを

GIVERSメンバーである、海外生活の鈴木さんが主催し、岐阜市の協賛を得て、開催されました。

岐阜、愛知から、約20名の中学生男女が参加しました

始まりのあいさつ中の鈴木社長

image

スタートの様子何が始まるか、ドキドキです

緊張気味の参加者たち・・・・・・

 

今、教育が大きく変わろうとしています

どう変わるかというと、「グローバル人材を育成する」ため

少子高齢化でこれからの日本は、今までよりいっそう海外を舞台に

ビジネスをしなくてはならなくなります

大企業や公務員として、人の言うことを聞いていれば一生安泰という人生は

考えにくくなります

大企業でさえ、どんどん本業のビジネスを変えて生き残っています

「人の言うことを聞く良い子」は社会で役に立たなくなってしまいます

 

大学入試も、「思考力・判断力・表現力」をテストするというふうに変わってきています

プレゼン能力、自分で考えて、人と協働する事を求めています。

どうやら、海外の大学で学んだ人が身につけてきたであろう、能力を日本でも身につけろ、という事のよう

 

要は、「アメリカをはじめとした海外のの教育をまねろ」なのです

グローバルスタンダードに習えというところでしょうか。

そのアメリカから輸入した、中学生向けの教育プログラム

面白そうです

いきなり英語で始まり、ドキドキ、ワクワク、、、

あれ?ついていけるかな?なんて思っていたら、意外に(失礼)

生徒のみんな、英語で自己紹介など、、、

やるじゃん!

image

(スマホだと、なぜかこの写真が横向きになってしまう、、)

ワークショップでは、今までの日本の教育に慣れすぎたみんなに

「正解はないよ、思ったことを発言して」

「なんでもOKだよ!!」

と声をかけていきます

午前中は、初めて会ったみんなとコミュニケーションをとったり、

基本的なこの会での姿勢を伝えたり・・・・・

程よく20代を中心としたおとな(日本人・外国人)がスタッフとしていて、

一緒にゲームを楽しんでいます

 

午後から本題

「問題解決」をグループで話し合う、魅力的に発表する

 

一日を通しての、私の感想は

「とにかくみんな楽しそう」

全く知らない同士でも、あっという間に仲良くなって、グループ活動を楽しんでいました

 

今度は名古屋でも開催を予定しています

ご興味ある方はお楽しみにね!!

対象は、基本的に中学生です

| 2016.09.26 16:49 | 良かった出会い・セミナー |

今話題の岐阜の美しすぎる図書館

2016.09.20 Tue

岐阜は、名古屋から近いものの、あまり足を運ぶ場所ではない。

繊維業が盛んだったというイメージそれも少し前の時代。

 

ところが最近岐阜がブームのようだ

岐阜県というくくりだと、映画の舞台として大評判

今大ブームの「君の名は」は岐阜県飛騨市

{ルドルフとイッパイアッテナ」では主人公のネコは岐阜から東京に言ったという設定

「こえの形」というアニメ映画も岐阜が舞台で話題らしい・・・・

 

そんな、急きょ話題を独り占めの岐阜ですが・・・・

今回行ったのは「美しすぎる図書館」

image

メディアコスモスという建物で、2階が図書館になっていますが、

「グローブ」と呼ばれる傘のようなものが多数並んでいます(11あるそう)

なんか、守られているような不思議な安心感です

image

天井は木(ヒノキ)で出来た、不思議な波状のもので出来ています

ドアやテーブルなども、基本木でできていて、なにしろ木のいい香りが漂っています。

たってちょうど1年。

休みの日であったこともあり、多くの市民の方が思い思いに楽しんでいらっしゃいました

 

image

一階は図書館ではありませんが、「ワイワイゾーン」と名付けられた、

机といすや、畳のコーナーがあり、皆さんが勉強やお話を楽しんでいます

また、外国人がこども達に英語を教えているにぎやかなコーナーもあり。

勉強会などが催される小部屋もあります。

 

そして、2階の図書館コーナーにも、これらの声が伝わってきています

図書館というと、しーんとしていなくてはいけなくて、靴音にも気を使う感じがありますが、

ここは程よいザワザワ感が心地よいのです。

建物や天井が気で出来ているので、多少音を吸収もしてくれるのかな?

「居心地の良い」「五感で楽しめる」を実感しました

 

最近の高校生は、程よくザワザワしたスタバで勉強というパターンが多いのですが

岐阜の高校生は、幸せですね

また、効率を上げるために、よく場所を変えて勉強をするという声を聴きますが、

ここは広くて、いろんなコーナーがあるのでこの中で移動するだけで済みそう。

美しすぎる岐阜県立図書館でした

| 2016.09.20 17:20 | 良かった出会い・セミナー |

いい教育とはなんだろう?

2016.09.19 Mon

世の中は3連休ですが、私は特に関係なく、教育関係のイベントにたくさん参加しています

image

 

金曜日夜、ナゴヤドーム近くの名城大学で「いい教育とは何か?」

を話し合うイベントが行われました

image

瀬戸で塾をしている一尾さんと、キャリアカウンセラーの柴田さんが呼びかけて、

大人も子供も合わせて30人近く集まりました。

「いい教育とは?」

一般論として、現代においてこれを語るのは難しいと思います。

なぜなら、昔と違い、生き方も価値観も多様性に満ちているから。

ある程度どんな生き方をしても、生きていけるくらいに、日本は豊かだから。

「食うに必死」な時代は「なんであれ食っていける力をつける事」だった

手に職をつけることがいい教育

 

教育の目的は、「自立して生きられる人間の育成」

ここに関しては、意義はないだろう。

 

「自立とは?」

「生きるのに必要な技能、要素は?」

「教育とは学校のみの学びを指すのか?」

など、幾つかの定義が必要だ。

子供の頃は、少しでも少ない項目で簡単なものだけを学べばいいと考えがちだが、

大人になり、色々な経験をすると、もっと学べばよかったと思うことばかり。

 

幾つかのグループに分かれ、いろいろな話し合いをした。

自分たちの受けた教育で、良かったものを聞くと、大体「先生」がその話の中心になる。

よくも悪くも印象的な先生の話だ。

よく考えると、教育と、それを伝える先生は本来別物なのに、先生の影響が強すぎる。

人にはタイプや好き嫌い、合う合わないがある。

あう先生に出会えばラッキーだが、そうではない場合、

教育コンテンツそのものだけを受け取れる仕組みがあってもいい。

また、こんなに便利な時代になったので、何らかの事情で学校に行けない場合、

動画などで標準プログラムを提供し、テストだけ受けて通知表をつける方式があってもいいと思う。

こんなにインフラがそろっているのだから、あとは、実行のみで解決するだろう。

(ところが公的な機関ではパソコンの買えない家庭はどうするかとか、ネガティブな部分を拡大し始める。

そのあたりは、貸出、図書館利用など、例外的に何か方策を考ええばいいだろう)

 

もちろん、理想的には学校に行って、尊敬できる恩師ができるのが理想だが、

現状をみると、こんな救済措置も必要なのでは?

 

よく生きるために、ある程度の知識と教養は必要だと思う

日本はせっかく高い教育水準を誇っているので、斬新な教育のシステムで実験して見てはどうだろう?

 

いい教育とは?についての、私の結論

本来持つその子の良さを伸ばし(保持し)、知識や、

人と関わることなどを学び、成長を促すこと。

あくまで、その子の持つ良さを壊さないことが、大前提だと思う

だから、「やり方」は無数にあるし、教科の能力より、

子どもの良さを見極める力・温かいまなざしこそが、教師が持つべき能力だと思う

| 2016.09.19 16:05 | 良かった出会い・セミナー |

次のページ »