コクリエ国語教室

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

コクリエで学ぶのはリーディングスキル

2018.01.13 Sat

以前話題にした、東大を目指したAIの東ロボくん

国語の読解力がつかないと判断され、東大を目指すことを諦めました。

その研究者の新井紀子氏の記事が、今年の1月1日の「朝日小学生新聞」にのっていました。

見開きでどどーんと!(記事詳細はぼかしてあります)IMG_6612

先日お話しした「リーディングスキル」の話題です。

コクリエ国語教室で学ぶのが、この「リーディングスキル」

いままで、教育界では話題にも登っていませんでした。

今日ががわからないのは、その教科の知識が足りなかったり、記憶力ややる気がないからなどと、、おもわれていまふしが、、

 

そうではなく、「勉強の前にすることがある」のです。

教科書を読んで言葉でなく「意味」を理解するということ

日本語を話せるからといって、書き言葉、教科書の記述が理解できているとは限らないこと

それをAIにテストの問題を解かせる、というアプローチの途中で気づかれたのです。

 

リーディングスキルがないと、アクティブラーニングやプログラミング教育をしてもなんの意味もないと書かれています。

 

この記事では、どうやってリーディングスキルをつけるのか?に回答はありません。

ただ、カレンダーや新聞など文字情報を子供たちの目に触れるところに置いておくこと、というアドバイスだけ。

 

読み解く力=リーディングスキルは、スキルであり、才能ではありません。

読み方を学んで、訓練すれば身につくものです。

 

コクリエでなら「リーディングスキル」が短期間に身につきます

中学受験生、大学受験生には必須のスキルです。

どんなものなのか聞いてみたいかた

お問い合わせはこちらから

08045250709  黒川

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2018.01.13 16:28 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

教育改革があさイチで特集されました

2018.01.10 Wed

NHKの朝の番組「あさイチ」で、教育改革が特集されました

たくさんの方が見られる番組で取り上げられて、認知度が上がるのは、喜ばしいことです

IMG_6562

学習指導要領が変わることから話題がスタート

学習指導要領では、ゆとり教育⇨脱ゆとり⇨知識を使う力と方針が変わりました。

 

アクティブラーニングを実践しているクラスの様子などもレポートされていました

アクティブラーニングとは、能動的学び

先生が話して生徒が聞く受動的学びと違い、主人公は生徒

例えば数学の問題を先生が解説するのではなく、グループで話し合って解く

先生は生徒たちの様子を観察し、グループへの参加態度や発言から、子供たちの変化や様子を評価していきます。

先生の能力や個別の評価能力により、かなり差が出そうです。

 

また、番組の中でも言ってましたが、先生によってアクティブラーニングに積極的な人とそうでない人に分かれ、ベテランの先生たちが今までと違うやり方をするのは、難しいと、、

IMG_6564

2020年の大学入試から、受験の方針が変わりますが、いち早く中学受験では、新しいタイプの問題が出ています.

上記のような問題です。

パート2に続きます

 

 

2020年大学入試改革のお話会をご要望があれば、随時開催しています。

 

ご興味のある方はお問い合わせください

08045250709   黒川

 

http://cocurie.jp

 

 

 

 

| 2018.01.10 22:27 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内, 社会問題, 考える力をつけるには? |

2020年新大学入試は国語力が必要

2017.12.15 Fri

2020年の新しい大学入試の施行テストが発表されました、

高校2年生と3年生が受けましたが、難関校の生徒でさえ、今までにない種類のテストに戸惑うばかりです。

 

img_0496

まずは、新聞の記事からご覧ください

 

朝日新聞ニュース

http://www.asahi.com/sp/articles/ASKD141HLKD1UTIL01Y.html

以下引用

教諭は「データやグラフを読み込み、言葉を使って表現する本来の国語力が試されている」と評価する。ただ、学校の定期テストで似た問題を出そうとしても、参考になる問題集や教科書は少なく、「準備が大変」と心配する。
公表された問題について、専門家はどう見るのか。文部科学省の有識者会議で共通テストのあり方を議論してきた荒瀬克己・大谷大教授は「学び方が問われる」と感じたという。「こういう問題を解けるような力をつけるため、高校は知識とその活用法を教えた上で、生徒自身が考える場を作ることが大切だ」
駿台教育研究所の石原賢一・進学情報事業部長は、現在のセンター試験よりも難易度が高い共通テストの導入によって、「できる生徒とできない生徒との差が大きく開く。学力が中下位の生徒にとっては、問題文の意味を理解するのも難しい」と指摘する。

 

 

こちらが、施行テストの数学Aの問題です

( 問題を朝日新聞が再構成したもの)

IMG_6276

 

これが、数学の問題です。

国語の問題ではないのです。

数学が得意でも国語が苦手な子は、この文章を読む気力もなく、手をつける事もできないでしょう

なく、2020年の新しいテストが向かっている方向は、こちらなのです。

現代は文字を読まなくても、感覚的に機会が操作できるような時代です。それに慣れた子は、文字を読む機会も少なく、脳を使わなくてはいけない文章の読解を嫌がる子も多いのです。

それに反して、この出題

 

今までは、わざわざ国語を学ばなくても済んだかもしれませんが、これからは国語こそ一番に学ばなければならないと思います。

 

冬季講習、個別無料相談会も行なっております。

お問い合わせください

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先
http://cocurie.jp/contact/index.html

 

08045250709  黒川

| 2017.12.15 18:31 | 2020年度新大学入試, 大学受験 |

国語が難しく感じる人は〇〇〇を知らない

2017.12.08 Fri

国語のテストって不思議で、わかる人はわからない人が何をどうしてわからないのかがわからない。

わからない人は、わかる人はどうしてわかるのかが全くわからない。

国語の先生になる人は、子供の頃から国語が得意だった人がなる確率が高いので、わからない人かなぜわからないかわからない。そこで「国語はセンス、漢字で点数を取って」となってしまう。

だから、「わかり方」を教えてくれる人がいない。

 

そんな「国語はセンス」という怪しい都市伝説への、一つのヒントがこの記事にある。

読んでみてほしい

 

 

「言葉の奥には、その言葉を使う社会の共通認識がある」

日本語で小説を書くイラン人作家
〈以下引用〉
人は互いの「共有知」を拠り所にし、それをバネとすることで、多くを語らずとも相手の言わんとしていることを察し合うことができる。
文章であろうと音声であろうと、言葉で何かを伝えようとするときに何よりも重要なのは、文法の知識でも語彙の数でもなく、この「共有知」の有無なのかもしれない。

 

国語で問われるのは、そういう事
国語が苦手、コミュニケーションが苦手な人は、この「共通知」に気づけていない

| 2017.12.08 10:41 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 作文・意見文・小論文教室, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

まずは、文を読んで理解すること

2017.12.03 Sun

コクリエ国語教室では、まず「読解力」をつけます

それは、国語ができないことの第一の原因は

文章を読んで意味が理解できていないから。

「ちゃんと読んで、設問に答える」が国語のテストだからです。

 

文章を読んで、意味がわからないってどういうこと?ですよね。

 

小・中学生の子供の多くが、文章を目で追っていても、頭を働かせておらず、文章を読みながら意味を理解しようとしていません。

 

よくいるのが、問題集を前にして

「先生!何すればいいの?」と聞く子

「何をすればいいかは、書いてあるから!」

はい。

面倒なんです。読んで、自分の頭で理解することは、、

最近なんでも便利だから、説明書を読まなくても、直感的に使い方がわかりますよね?

何年か前まで、携帯を変えると取扱説明書を読んだものです。

そんな世代に生きている子はより一層、文を読む習慣がない。

周りがやり始めたら、聞いたり、見よう見まねでやり始めればなんとかなる。

それが、色々な教科の学習に影響を与えているようです。

教科書を読んでも意味がわからない子が多数存在

https://s.resemom.jp/article/2017/11/28/41564.html

 

うちの子もそうかも、と思った方、ご相談にのりますよ。

冬季講習も募集中です

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2017.12.03 09:45 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 社会問題, 考える力をつけるには? |

未来はノートで変えられる〜麹町中学の例

2017.11.28 Tue

私は国語の塾の主宰だけでなく高橋政史氏に学んだ「方眼ノートトレーナー」でもあります。

なぜ、方眼ノートトレーナーなのか?

 

教育が大きく変わる今、新しい学び方が必要だと考えるからです。

それが「方眼ノート」

 

実は、公立中学である東京の麹町中学で方眼ノートを取り入れています。高橋先生は麹町中学の校長先生と共にこの取り組みを実践されています。

 

麹町中学のノートの取り組みが特集されました

改めてこの記事を読んで、校長先生の考え方、実行力に感服しました。

IMG_2126

子どもに考える力をつけるには?

自ら学ぶ力をつけたい

親子で同じことを学びたい

 

 

こちらから

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11213?layout=b

教員の話をただ漫然と聞いて板書を書き写すのではなく、要約して自分の言葉にまとめ、アウトプットする。工藤氏はこれを「再現性のあるスキル」だと指摘する。

 

 

子どもに考える力をつけるには?

自ら学ぶ力をつけたい

親子で同じことを学びたい

そんな事を実現する

方眼ノート1day講座は随時開催可能です。

お問い合わせください

 

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2017.11.28 09:48 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, 方眼ノート, 考える力をつけるには? |

大学入試改革お話会in一宮ピルエット

2017.09.14 Thu

IMG_4789

2020年大学入試が変わります

あと3年、今の中学3年生からが対象です

あっという間のことなのに、あまり浸透していない

「まだ先のことだし」

「入試って、中学入試?」

「うちには、関係ないのでは?」

そんなふうに思っていらっしゃる方が多い、主に小学生のお子さんの

お母さまにお集まりいただきました。

 

「明治以来の教育大改革」

「大学入試が変わるだけでなく、国の教育の方針が変わる」

「新しい時代に必要な学力とは?」

 

そんなお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4794

 

お話会が終わってからは、ロコモコプレートランチ

美味しゅうございました

| 2017.09.14 19:31 | 2020年度新大学入試, 大学受験 |

ホームページプチリニューアル〜お話会へのお誘い

2017.09.07 Thu

8月末に、ホームページをプチリニューアルしました。

ぱっと見た目は変わらないんですがね

IMG_4729

 

ホームページを作ってから2年半

本当にたくさんの方と、ホームページを通じて出会ってきました。

ご縁のある方は、繋がるものだなぁと、驚いています。

 

今回のリニューアルは、今一番力を入れたい事、伝えたい事を

ホームページに反映したいと思い、始めました。

 

その第一弾は、これ

IMG_4730

2020年の大学入試改革

2年半前にも書いていたのですか、まだまだ業界の人間以外は馴染みがなくて、、、

あまり前面に出していませんでした。

今の中学3年生からが対象ですが、正直言って、関心のある方は、少ない、、、

 

本当に驚くほどの大革命

今までの常識が非常識に

ダメだった事や、子が、評価されるように、、

 

大丈夫かな?間に合うかな??

一朝一夕に変われるものではないのです。

意識改革が必要なのです

 

一番しわ寄せが来るのは、受験する生徒

なのに、今だに詳しいことは学校では教わっていない、、、

 

ってことで、お母さまに大学入試改革について伝えて、

家庭でできる対策をして欲しいということでセミナーやお話会をしています。

 

近々は、来週の9月14日、一宮のカフェピルエットでお話会をします。

ピンときた方、是非いらして下さい

 

9月14日10時から12時

会費   3000円

終わったあと、ご希望の方は別料金でランチもご用意できます

ランチはお申し込み時にご予約下さいませ♪

お申込み先はこちらまで
☎0586-52-2185 ピルエット

http://www.pa-du-due.jp/pirouette/inq.php

 

| 2017.09.07 18:06 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ |

ご参加いただいた方の声〜大学入試改革セミナー

2017.09.05 Tue

IMG_4106

大学入試改革のお話会、お茶会を昨年より何度か開催致しております。

ご参加いただいただいたお母さまからの声をいくつかお伝えします

 

★男子中学生のお母さま

新しい大学入試は、今までと全く違うことが今わかってよかったです。

国語力の必要性がよくわかりました。家でやってみます。

 

★中学生のお母さま

一緒に受講した、同じ年代の母たちの話が聞けたことがよかったです。

気さくにどんな質問もできたところもよかったです。

 

★女子中学生のお母さま

今後の入試の試験の様子が少しイメージ出来ました。

日々の暮らしの中で、いろいろなことに興味を持つことで国語力を上げられることがわかりました。

 

★男子中学生のお母さま

話がわかりやすく、参加者の考えや気持ちに寄り添い表現されていたのが、スムーズでよかった

 

 

 

| 2017.09.05 16:29 | 2020年度新大学入試, 出席者の声 2020入試改革セミナー |

2020年教育が変わります!お茶会開催します

2017.08.28 Mon

2020年に大学入試制度が変わります。

現在の中学3年生からです。

明治以来の大改革で、「学び方そのもの」が変わります。

小学生から中学生のお子様をお持ちのお母様方にいち早く知っていただきたくて、お茶会、お話し会を開催しております、

 

今回は、一宮の素敵なカフェで行います。

ご都合のつく方は、是非!

IMG_4082
9月14日 10時から12時
3000円
会場 ピルエット
一宮市猿海道1丁目9-20

 
以下、ピルエットさんからの案内文になります

 

ご存知でしたか?
2020年 入試が変わります

現在の中学3年生から
記憶中心の教育から『考える力』が問われる時代になります

受験しないから関係ない?
まだ小さいから、関係ない?

いえいえ!
入試が変わるということは
就職試験も変容していくのです…

制度が変わる理由
実際に何が変わるの?
どう対策したらいいの?に
コクリエ国語教室の黒川葉子先生にご説明して頂きます

http://cocurie.jp/

小学生から
家庭で日常会話でトレーニングできちゃうんですよ♪すぐに家でできる具体的な方法をお話しします。
毎回大人気、満席です。これは聞き逃せない!お早めに参加費 3000円別料金にてランチもご用意できます恵み農縁さんのベジランチを予定しております

https://www.facebook.com/megumiyanouen/?fref=ts

(詳細は後日…)
お申し込み時にご予約下さいませ♪

お申込み先はこちらまで
☎0586-52-2185 ピルエット

申し込みフォーム   こちらからお申し込みお願いします

http://www.pa-du-due.jp/pirouette/inq.php

| 2017.08.28 10:58 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ, 相談会・説明会・イベント案内 |

« 前のページ | 次のページ »