コクリエ国語教室

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

国語の成績を上げるには〜その2 読む力のトレーニング法

2019.02.18 Mon

国語の成績を上げるにはどうしたらいいのでしょう?

他の教科は、セオリーがありますが、国語については指導法が

確定していないのが現実です。

 

特に日本では、これまで日本語を話せる生徒が対象でしたので

改めて、話すこと、読むことなどの基本を教えるという発想がなかったのでしょう。

小学校入学時点でまだ書けない漢字や語彙は教えたり

音読はさせますが、改めて本文からなにをどう読むのかという指導は

ほとんどされていないと感じます。

 

小学生3年生から主に国語が苦手な子に教えていて感じるのが、

「読み方」を学ばないまま学年が進むにつれ、なにがどうわからない

のかさえ、本人がわからないと言うことです。

 

さてみなさん、国語のテストにおいて「読む」とは、なにをすればいいのでしょうか?

国語の得意な方、どうやって読めば、テストの点が取れるか説明できますか?

 

国語のテストの文章を読むのは、その後の問題に答えるため。

テストの答えは基本的にひとつなので、読み方も一種類です。

趣味の読書と違い、決まった読み方をしなくてはいけません

 

では、何をどう読むのか?

説明文についてお話しします。

「筆者が伝えたいこと」を文章から読み取ることです。

文章は必ず伝えたい何かがあって、書かれます

それを伝えるために、比喩や繰り返しや対比など色々な手段を使います。

学年より2〜3年下のドリルを使い、場合によっては小学校3年くらいの

ドリルに戻って、本文から「筆者の伝えたいこと」を見つける

トレーニングをしましょう

 

簡単なトレーニングですが、身につくまで繰り返しが必要です。

教科書の文章は長すぎるので、短めのドリルなどの文章で練習される

ことをオススメします。

 

ご質問などあれば、、

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。

折り返しお電話させていただきますので、メッセージを

残してください

| 2019.02.18 16:11 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, リーディングスキルについて, 考える力をつけるには? |

国語の成績を上げるには?その1

2019.01.29 Tue

 

名古屋の中学受験は、佳境です

何年も頑張って来たことの1つの結果が返って来ます

IMG_2129

 

 

6年生の受験が終わるということは、次の学年の準備が始まるということですね。

中学受験の塾では2月から新学年の授業が始まります。

新4年生など、中学受験の勉強を始める方は、小学校の勉強とは

全く違い、戸惑いが多いのでは?

そこで、基本の基本、「国語の成績の上げ方」を何回かに分けて

お話しします。もしご質問等あれば、メッセージくださいね

 

 

算数や社会、理科の勉強法はわかるのですが、

国語の成績を伸ばすのは、なかなか難しいという声を聞きます

なぜでしょう?

 

それは、「国語のテストはなどと同じ問題が出ないから」

算数や理科社会では、過去問や、他校で出た問題で少し変えたような問題が出ることはあります。

教科の内容にそんなに変わりはないし、類問が出るのは当たり前です。

つまり、ある程度問題の演習をして、算数でさえ「暗記力」で

対応できるのです。

 

ところが、国語は、本文の重なりもあまり見られませんし、設問となると

まず、似た問題が出ることはありません。今まで演習した問題は

役に立たないのです。

ですから、「確実な勉強法」がないと言われるのです

 

受験国語の点数を上げるためには、どうしたらいいのでしょう?

 

1.文章を読み取る力(読解力)を身につける

2.使える語彙を増やす

3.設問への答え方を身につける

 

細かいことは他にもありますが、まずはこの3つです。

1.の読解力については、接続語を使って「つまり」の後に筆者の言いたいことが書いてあるなどと解説がありますが、すべての文に「つまり」があるわけではありません。

意文章を読んでその「意味」を理解する力を身につけるのです。

その方法は、「こうすればいい」と簡単に言葉にできないものです。

もし、それができるのであれば、AIも読解力を持つことができるはずです。

単語の組み合わせが文章であれば、AIにすべての辞書を覚えさせれば読解できるはず、それができないということは、プラスαの何かがそこに存在します。

 

何度も教えてくれる人とともにトレーニングすることで身につくものなのです

 

次回はもう少し詳しく、読解力の付け方をお話ししますね

 

お問い合わせ、ご質問、お申し込み
★★★★★★

頭がよくなる国語塾 コクリエ国語教室
主宰  黒川葉子

こちらからお願いします

http://cocurie.jp/contact/index.html

080-4525-0709(留守電にメッセージお願いします)

052-485-7009

名古屋市中村区名駅南1丁目19?27 オルバースビル5階

http://cocurie.jp  コクリエ国語教室HP

FB、LINE@でも情報を提供しております

★★★★★★

| 2019.01.29 16:41 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, リーディングスキルについて, 中学受験, 大学受験 |

「天才の声」を聞こう〜読書感想文教室を終えて

2018.09.18 Tue

夏休みに、三年間毎年読書感想文教室を開催してきました。

IMG_8535

 

 

今年は特に、PTA新聞に広告にを出させていただき、たくさんの方がお申し込みをしてくださり、たくさんの親子に参加していただきました。

そんな中で、気づいたことを、、、

 

子どもはみんな天才です

 

それぞれ、オリジナルの考え、アイディアを持っています

ただ、それを表現する機会がない

 

読書感想文では、子どもが本の中で気に入った部分を聞きます。

そこのどこが、なぜ気にいったか、など質問をしていきます

すぐに返事の帰ってくる子もいれば、しばらくずっとかんがえている子もいます。

でも、辛抱強く待っていると、必ずその子独自の考え、意見が自分の言葉で出てきます。

これはね、本当に、驚くほどです。

小学校一年生でも、キチンと考えていること、思ったことが言葉になって出てくるのです

 

でもね、親御さんだと、辛抱強くまてないのです

答えが出る前に、「無理よね」「ないよね」と勝手に決めて、次に行きたがる。

 

ただ、待って欲しいのです。

そうすれば、天才の声が聞こえる

天才の芽が出てくるところを見ると、感動しますよ‼️

 

感想文教室では、お父さんお母さんが

「うちの子が、こんな作文をかけるなんて!」と感動されます

 

書けるのです

ちゃんとその子オリジナルの意見、言葉が眠っているのです

それを掘り起こすには、じっと待つこと

信じて待つこと

そうすれば天才の芽は、必ず芽生えます

 

| 2018.09.18 09:48 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 読書感想文 |

文字を読んでも、意味を読み取らない子達

2018.08.21 Tue

IMG_6321

 

 

国語を教えていて、驚くが、文章を読むとき、文字のみを追う読み方しかできない子がいる。

「意味」を理解しようとしないまま、とりあえず、読む

ドリルを彼らに渡し、「これ読んでやってみて」というと、読み終わると、「読んだよ、何すればいい?」ドリルなので、問題があり、〇〇をときなさいとか、〇〇に与えなさいと書いてあるにもかかわらず、、だ。

やる気がないわけでも、反抗しているわけでもないようだ。読めと言われたから読んだ。次は何すればいい?ということのようだ。完全に受け身で、自分の頭を働かせるということがない。

そんなに珍しいことではなく、時々こんな子に出会う。

 

こんな記事がある

 

「読むこと」は、教わった覚えがない、自然に読んでいる。自然に読むその読み方が、たまたま意味をきちんと受け取る読み方だった子は、国語の問題が解ける

しかし、たまたま身につけた自己流の読み方では「意味」を受け取りにくかった場合は、国語が苦手なまま、、、

 

これでいいのだろうか?

勉強の基本は、本を読んだり人の話を聞いて、そこから「大事なこと=意味」を受け取って、理解し、演習したり記憶したりする

経験上、この入り口でつまづいている子がかなりいると思う。

 

 

| 2018.08.21 16:58 | コクリエ国語教室について, リーディングスキルについて, 社会問題, 考える力をつけるには? |

2018すごい!読書感想文教室 大人気!続々開催日追加中

2018.07.02 Mon

すごい!読書感想文教室の、追加開催ご案内です

 

IMG_8535

「この夏、一生ものの「書く力」を手に入れる!」

読書感想文教室で、これからの教育の重点要素、「書く力」を手に入れませんか?

 

今年で3回目の開催

今まで参加の方の感想として

大嫌いだったはずの読書感想文が楽しくなった、

書き方がわかってこれからも書けそうな気がする

うちの子がスラスラ書いていて驚きました。

という喜びの声が

 

PTA新聞の広告から大反響、お申し込みをいただいて、5回開催予定を11回に大幅に増やしました。

それでも残り席あとわずか

お早めにお申し込みください。

また、他の日程にお申し込みいただいた方で、新しい日程に変更希望の方がいらしたら、メールにてご連絡ください。

【現在募集中の「すごい!読書感想文教室」】

7月24日10時から13時+ランチ付き〜14時半一宮ピルエット

7月26日10時から13時 名古屋駅前会場

7月29日14時から17時  名古屋駅前会場

8月4日13時半から16時半名古屋駅前会場

詳しいことはこちらから

名古屋HP

https://peraichi.com/landing_pages/view/sugoidokusyo

| 2018.07.02 09:08 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 作文・意見文・小論文教室, 相談会・説明会・イベント案内 |

2018愛知サマーセミナー今年も出ます

2018.06.29 Fri

関東地方は早くも梅雨明けだそう

本格的に梅雨っぽくないんだけどね

ってことは、夏が来た!

愛知の夏は、毎年愛知サマーセミナーで始まります。

(だいたいサマセミ中の梅雨明けが多いのよね)

今年も、愛知サマーセミナー出場します

IMG_41067月15日日曜日3限、4限  椙山中高です。

たくさーんの中から、目を皿にして見つけてください。

3限は、AIに勝つ読解力をつける

4限は、未来はノートで作られる(方眼ノート)

どちらも、無料開催は今までも、多分これからもサマセミだけです。

今年はなぜだか予約メールが入って来ています。

予約優先ですが、席が埋まらなければ当日参加可能です。

 

お待ちしています

| 2018.06.29 11:42 | コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について |

幼稚園向けフリーペーパー「きらきら」

2018.04.19 Thu

フリーペーパー「きらきら」に、4月号から一年間コラムを書かせていただきます。

「きらきら」 は、愛知岐阜三重のようちえん、保育園などに12万部配布されているお馴染みの冊子

IMG_8016

 

 

今回はご縁をいただきまして、素敵なコーナーを一年間担当させていただきます。

「ハコ先生のママとミライをつくる」

幼児期にご家庭で親子でやっていただきたいこと

お母さんに知っておいていただきたいこと

学校に行く前に、勉強になる前に身につけておいて欲しいことなどを一年間書いていきます。

IMG_8017

 

「きらきら」はみなさん楽しみにされているようで、あちこちから「読んだよ〜」と声をかけていただきます。

第一回目のテーマは「やる気を育てる」

勉強をするのは、ひとなので、勉強をする状態になっておくことだとても重要なのです。

同じことを同じ時間やっても、やる気がある人とやる気のない人では、当然成果が大きく変わってきます。

「勉強すること」は、本来人間にとって楽しいことなのです。

知らないことを知るのは「快」なのです。

それなのに学生時代は、勉強は「イヤイヤすること」である人が多いような、、

知的好奇心、自己肯定感を持つことがヤル気を高める基になります

これから一年間、いろいろな話題を取り上げて行きます。

お子さんが幼稚園からもらってくるかた限定にはなりますが、お楽しみに!

| 2018.04.19 18:43 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について |

読解力がない「話が通じない人」AERA特集

2018.04.13 Fri

4月16日号のAERAな特集は「読解力で生き残る  なんで話が通じない」

IMG_7967

AERAの特集に「読解力」というワードが登場するなんて!

全て、新井氏の「AI  vs教科書が読めない子供たち」がベストセラーになったお陰です

IMG_7984

 

AERAにも、新井氏と投資家ぐっちーさんの対談が載っています

教育だけでなく、どこの世界の方でもうっすら感じていた事

「話の通じない人がいる」を、科学的に見せてくれた、というので

こんなにブームなっているのだと思います。

新井氏はまだその解決策を明確にはされていませんが、「きちんと読む事」は、特殊な方法ではなく、意識の向け方で、誰でもできる技術だと思っています。

日本の国語教育でなぜだかやってこなかった事。

「日本人だから日本語読めるよね」が、時代とともに通じなくなって来たのだと感じます。

IMG_7983

 

AERAがアンケートを基にして作ったこちらの記事

よく読んでいくと、「これは、読解力の問題かな?」と思えるものが多々

こちらに書かれている話の通じない人たち、一言で言うと

自己中心的」なのです。

自分の知ってる事、自分の想定内、自分がわかる事以外は、

無視したり、聞かなかった事にしたり、聞いてもやらない、、

わからないと言うより、自分の範囲を出ようとしない。変わろうとしない。

 

国語教育をずっとやって来た私には、当たり前だと感じられますが、

これが「国語力がない」「国語力が身につかない」原因であり、結果でもあります。

あなたの周りに、話が通じない、話を聞いてるようだが伝わっていない、仕事のトラブルが頻発する人いませんか?

ひょっとして、なぜか周りから「話聞いているのか?」と怒られる人、きちんとやっているつもりなのにお客さまや上司からキレられる、、なんて方いませんか?

 

それ、読解力がないせいかも知れません。

 

そんな方々は、今後のAI時代に、仕事がなくなってしまうかも、、、

 

コクリエ大人の国語塾」は、そんな人、そんな社員のためにあります

http://cocurie.jp/lesson/index.html#adult

受験のためだけでなく、子どもの未来に備えてコクリエ子供塾

http://cocurie.jp/lesson/index.html

 

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

 

| 2018.04.13 18:44 | おすすめの本, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, コクリエ大人塾, 社会問題 |

学校で学ぶ国語と社会で役立つ国語力

2018.04.09 Mon

最近、リーディングスキルのブログを2回書きましたが、日本の国語教育では、文法として学ぶことはあっても、国語科でこのような形で問われることはあまりありません。

「わざわざ学校で学ばなくても、日本語の読み書きはできるはず」という前提で、カリキュラムが作られているのではないかと思います。

ですから、リーディングスキルテストのような問題を解くことはなく、他教科(社会、理科、算数の文章問題)ができなかった時、教科の知識の問題と捉えられているのではないでしょうか?

IMG_2129

 

コクリエ国語教室では「勉強の前にすることがあった」として、正確に文章を読み、意味を理解する力をつけています。

諸外国では、母国語教育は、実用的な技術とされています。

しかし、日本の国語科では、何を習ったでしょう?

どちらかというと、文学鑑賞、解釈の仕方を学んだのではないでしょうか?

これは、定期テストには必要な知識であり、教養としては必要かもしれませんが、肝心な「母国語の実用的技術」は身についていないのではないでしょうか?

一方、入試では、文学作品の解釈法ではなく、正確に文章を読み、理解し、問いに答える、選択肢から正解を選ぶ読解力が必要とされています。

 

つまり、何が言いたいかというと、国語ができなかったのは、リーディングスキルテストで正解できないのは、あなたのせいではなく、習ったことがなかったから。

 

学習塾で国語を学んでも、読解力が付く授業はなかなかありません。定期テスト対策や、入試対策しか教えてもらえないのです。

 

読む力、理解する力は、社会に出た時必要な技能です。

コミュニケーション力も、この二つからできています

 

子供塾、大人塾の両方をご用意しています。

また、コクリエメソッド養成講座の準備中です。

今の仕事に活かしたい、新たに仕事にしたい、副業にしたいという方お問い合わせお待ちしています

 

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

| 2018.04.09 18:40 | コクリエ国語教室について, リーディングスキルについて |

塾選びって、意外に難しい

2018.04.08 Sun

入学式、始業式で華やかな毎日ですね。

新しいことが始まる季節、心機一転で、塾でも行こうかと思っている方、塾に通い始めている方が多数いらっしゃると思います。

私は、国語という単科塾なので、学習塾のご相談を受けたり、他の科目で通っている塾の話を時々聞きます。

IMG_6308

それを聞くと、意外にみなさん塾をうまく使っていない、

というか、それは合ってないのでは?と思う事例を聞きます。

塾を選ぶ場合「近くにあるから」「有名だから」「CMしているから安心」

と選んでませんか?

塾にもタイプがあり、目的により、またお子さんに必要な塾を

選ぶことが大切だと思います

 

塾のカテゴリーわけ

塾には大きく言って集団塾と個別塾    また、進学塾と補習塾というわけ方ができるでしょう。

進学塾は学校を先取りしたりさらに難しいことを学ぶ塾であり、補習塾は学校で学んだだけでは理解し難い場合に教えてもらう塾です。

 

また、大手塾、フランチャイズ塾、個人塾という経営の仕方によっても分類できます。

どんな先生が教えてくれるのか?専門家なのか、大学生なのか?教育が行き届いているのか、あまりしていないのか。

フランチャイズや某家庭教師派遣などは、授業に入る前に指導するための教育がなされていないところも多々あります。

また、専任担当が付くのか、毎日違う先生なのかもチェックが必要です。貴重な授業時間の中で、自分の特徴などを説明しなくてはなりません。私の聞いた例では、理解力があまりない子が、毎回違う先生に教えてもらっていて、毎回何も進まない、わからないまま、ということもありました。理解力が足りない子は、自分のわからないことがわからないので、専任のベテランの先生が必要です。

 

個別指導で繁忙期など季節外れに入塾すると、こちらの要望に合わない

手の空いている先生をマッチングされることもあります。

キチンと要望を言って、相性の合う、要望にあった先生を紹介してもらってくださいね。

中でも先生との相性は、学ぶときにとても大事です。

どんなに良い先生でも、合わなければ頭に入って来ません。

個別塾ではマッチングが命です。ただし、子供のワガママな場合もあるので、塾の責任者とよく話し合いましょう。

 

塾を選ぶときのポイントは、塾の責任者、塾長先生、教室長の先生ときちんと話し合いができるか?

その方が、生徒一人一人のことを考えた発言や行動をしてくれるか?

 

 

これ以外で、どんな塾がいいの?見分け方は?などは、

お問い合わせ頂ければ、コッソリお伝えすることもできます。

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

| 2018.04.08 19:03 | コクリエ国語教室について |

次のページ »