コクリエ国語教室

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

偏差値74‼︎3ヶ月ですごい成果!

2017.08.16 Wed

とても嬉しいご報告をいただきました。

 

この春から、コクリエ国語教室に通っていただいている高2の男子

進学校に通っていて、将来の夢も幼い時からしっかりしている。

知り合いの方にご紹介いただき、入塾されました。

 

中学までは国語もそんなに問題なかったのですが、高校に入って、

国語が伸び悩んでいるとのことでした。

 

志望校は、国公立の理系の超難関

センター試験でかなりの点数を取らなければなりません。

 

そんな彼は、本当に素直にきちんと課題をこなし、私も驚く成長をされています。

指導カリキュラムからは、まだ道半ばですが、先日授業時に、晴れやかな顔で

「模試の偏差値が74になりました!」と報告してくれました。

「今までどんなに頑張っても、59より上がることはなかったけど、、」と

 

指導1ヶ月目から、かなりの手応えを感じていたようで

「早く問題文が読めるようになった」

「読んだ文章がよくわかる」

と言っていました。

 

苦手意識の強かった国語で、偏差値74は嬉しいね‼︎

大学受験の国語の文章(中学受験も)は、国語嫌いにはかなり難易度が

高いのですが、「きちんとしたん読み方」を身につけた(まだ道半ばですが)

ことで、選択肢も迷わず選べるようになったようです。

 

ちなみに、偏差値74ってどれくらい?という方に

「偏差値74は上位約0.8% ということになります。1000人中8番目くらい、ということです」

 

こんなに短期間にはっきりした成果をあげられたのは、素直に

課題に向かい、自分と向かいあったから。

まだまだ教えることは沢山あるので、偏差値がどこまで伸びるのか、

とても楽しみです‼︎

 

本気の受験生は、伸びがすごい‼︎

どうしても入りたい学校がある、夢を叶えたい学生のみなさん、

お待ちしています

 

お問い合わせ先 お申し込みこちら
08045250709 黒川
電話に出られない場合がございます。お手数ですが、お名前とメッセージを残して下さい。折り返しご連絡いたします。

| 2017.08.16 17:46 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 大学受験, 生徒・父兄喜びの声 |

自分のことは自分で決める!自信をつける法

2017.08.12 Sat

夏休みも、半ば。

お盆休みで、みなさんレジャーにお出かけの頃でしょうか?

そんな時に野暮ですが、宿題は予定通り進んでいますか?

 

先日、以前の教え子のお母さんとばったりお会いしました。

雑談をしていると、お子さんは中1で初めての夏休み

勝手がわからないのか、宿題が捗らないと、お困りの様子。

そこで、お節介ながら、こんなことして見たら?と提案したのが、

スケジュール管理

夏休みは、学校に行かなくていいし、部活やなんかもあるけれど、

自分の時間を自分でコントロールするチャンスなのです。

中学生にまず身につけて欲しいのは、自己管理能力

その手始めが、時間の管理

IMG_4373

こんな感じの手帳「バーチカルタイプ」が時間管理に適しています。

(方眼でなくてもいいいい)

そこに宿題をこなす予定を書き出して、実際にやった時間を後で書き入れ、

毎日振り返りコメントを書きます。

それをお伝えした夕方、お母様から報告が!

「手帳買ってきて今やってます!」と写真付きで

これは、成功するパターン‼️

すぐやる人は結果が出やすいのです。

 

それから8日後

またまたお母様から報告をいただきました

「宿題終わりました!(工作除き)」

すご〜い!

自分でどう取り組んでいいかわからなかったのが、手帳に書くことで、

しっかり自分の時間を管理して、やるべきことをしっかり終了‼︎

自分でやってうまくいったから、これからも、きっとこの

時間管理法続くでしょう!

何事も素直な実行が一番ですね!

素晴らしい〜

自分のことは自分で決めて、しっかりこなす‼︎

自信とやる気が出てきます

 

勉強は、自分で予定を立て、節制し目標達成するもの。

その能力がつけば、勉強が「自分ごと」になるのです

そして「出来た!」という体験が自信になり、次もやってみよう!と、意欲が出てきます。

まずは、手帳買いに行って見ませんか?

 

あ、お母さんが圧力かけちゃダメね!

どんなに進んでなくても、いいところを見つけて承認し、「じゃ、どうする?」と自分で改善案を作るよう促しましょうね

 

(このタイプのことが向く子と向かない子がいますので、無理強い厳禁ですが)

 

《予定の立て方》

バーチカルタイプの手帳の1日分の左側に、予定を書き出します。(シーズンオフなので、日付付きがあってないかも、日付を書き込むタイプでもOK)

まずは、一週間分から始めましょうか、

塾や、遊ぶ予定、家族で出かける予定など、、まず全部書き出します。

そして、宿題の一覧表を持ってきて、各教科どんな宿題が何ページぶんあるか、確認し、どの順番にやるか決めます。

やっているときは、教科ごとにやった時間やページ数を別の色のペンで手帳に記入、実行ベースを記録する

最初に立てた予定が無理なら、修正する。

一週間に一度はお母さんと見直しましょう

(一部ワザと省略しています。会った時に、聞いてくださいね)

 

| 2017.08.12 17:11 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |

受験生のみんな!国語苦手な子集まれ‼️

2017.08.10 Thu

夏休み、いかがお過ごしですか?

夏休みは、いろんな意味で子供が成長する機会です。

IMG_4106

学校の授業だけでなく、色々な体験をする

普段できないけどやって見たかったことをする

家族で、会話やお出かけをする

 

受験生もそうですね。

中学受験

高校受験

大学受験

夏休みを制するものが、受験を制すると言ってもいいでしょう。

 

この機会に、苦手科目の遅れをしっかり取り戻すのも、いいと思います。

「国語が苦手な子」

集中講座で続々成果が出ています

特に中学受験の6年生、国語を取り戻すのは、早いほうがいいですよ

| 2017.08.10 18:21 | コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験 |

読書感想文のススメ〜想いを言葉にするチャンス

2017.07.27 Thu

「すごい‼︎読書感想文教室」は、今年も沢山のお申し込みをいただいております。

 

知人、友人から感想文教室の依頼を受け開催することもあります。

そんななか、なかなか予想通りに応募がないことがあります。

「何かやりづらいことある?」と聞くと、「読書感想文と自由研究の選択だと、

子供が自由研究を選ぶ。お母さんは読書感想文かかせたいんだけどね、、、」と

 

お母様方という話すと、「読書感想文が始まると、家の中でバトルが、、、」

と言われることが度々、、、

そんな体験を一度でもすると、お子さんは

「読書感想文(作文)なんて大嫌い」となってしまいますね

IMG_4008

先日、読書感想文教室をしていて思ったのは、

みんな、思いは胸にあるんだけど、それを言葉にする所が難しいということ。

言葉にならない言葉や思いと向き合って、それを言葉にできた時、

誰もが目を輝かすということ。

想いを言葉にすることは、嬉しいことなんだって言うこと。

丁寧に聴きだすと、素敵な言葉がココロに詰まっている。

 

ただ、それを引き出すのに必要なのは、「相互信頼」だったり、

「大丈夫、言葉にできるよ」という引き出す側の経験だったりする。

 

読書感想文は、その、想いを言葉にするとても良い機会なのに、

前の嫌な経験から、せっかくのチャンスを潰してしまっているのは、

勿体無いなぁ

 

先日小学校一年生の子たちが、嬉々として文章を綴っているのを見て、

マイナスの思い込みがないと、こんなにスムーズなんだ、

と、子供の持つ可能性に感動した

 

家でない場所で、逃げ場がないのも、やり切る為に良い環境。

 

頭をフル回転させて、ヘロヘロになる経験が、考える力を鍛えていくんだと、

子供たちのやりきった顔をみて、思った。

 

読書感想文を書くことは、自分の限界に挑戦して、

想いを言葉にするチャンスだ。

 

「嫌だなぁ」と言いながら、重い体と頭を引きずってきた子も

始まってみれば、夢中で考え、書き始める。

食わず嫌い、ならぬ書かず嫌いが多いんだよなぁ。

自分の中に埋もれている素敵だ言葉たちに

自分の中に潜んでいる天才に出会えないのは、勿体無いない‼︎

 

| 2017.07.27 18:35 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |

楽しかった〜2017第一回読書感想文教室開催報告

2017.07.25 Tue

「すごい‼︎読書感想文教室」2017年の第一回目を開催しました。

友人の幼児教室経営の中島さんにお声がけいただいての開催です。

ほとんどの子が、読書感想文を書くのは初めて。

本をしっかり読んで、ちょっと緊張しながら、始まりました。

IMG_4003

読書感想文が書けないのは、、、

書き方を学んだことがなかったから。

「これなら書けそう」という、小さなステップに分ける事で、

初めて書く子も、どんどん書きたいことがあふれてきます。

 

IMG_4008

時代が大きく変わって「正解のない学び」が重要になってきます。

小さな頃から

自分で決めること

自分の考え、好き嫌いをはっきり言葉にすること

人に伝わる言い方を考えること

を習慣化することは本当に大切です。

 

IMG_4031

1人では言葉にしにくいところを、「質問の力」を借りて、

言葉を表に出します。

素敵なアイディアや言葉が、それぞれの子の中に眠っていました。

「それ、いいね〜」

というと、笑顔があふれてきます

承認を得て、自信がつきます。

 

また、みんなでやる「場の力」もあります。

考えをまとめるのは、正直疲れます。ヘトヘトです。

家でやっていたら休憩してしまい、次回始めるのにまた、バトルが、、、

でも、他のみんなが頑張っているし、自分の家ではないので、

ちょっとだけ頑張ります。

それが早い完成につながります。

3時間経ったとき、「疲れた〜」と言いながら、頑張った自分を誇りに

思っているような、少し成長した笑顔!

たまりませんね

 

3時間で読書感想文完成!

あとちょっとで惜しい子もいましたが、どの子も3時間頑張りました‼︎

夏休み、できなかったことがスラスラできて、ひとつ成長できたね!

 

《子供たちのアンケートから》

★作文がこんなに面白いものだとは思わなかった

★また書いてみたいと思った。面白かった

★疲れたけど、感想文を書いているときは楽しい

★文章を作りやすかった

★前は大変だったけど、今回はそこまで大変じゃなかった。また来たい

《お母さまのアンケートから》

★思った以上に子どもがスラスラ書き込んでいくのをみて、頭の中の考えを

アウトプットすると整理しやすいなぁと思いました。

★子どもが面白いことを自分で整理できて、他の方にも応用できそうだと

思いました。受講して良かったです

 

予定している回は、全日程満席になっております。

5名以上(親子で5組)あつまっていただければ、開催します。

 

| 2017.07.25 15:29 | コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について |

読解力はトレーニングで身につく!

2017.06.16 Fri

ホームページやブログなどの発信では、主に小・中学生中心になっていますが、実は指導実績は、

高校生(浪人生)の方が多いのです。

 

今日は、大学受験の現代文について

芽シャボン

大学受験の現代文の問題は、私たち大人でも滅多に目にすることの

ないほど難しい内容の評論文が中心です。

使われている言葉も、普段の読書などでは出てこない語彙ですし、

評論文の内容も、かなり難易度が高いものです。

 

そこで、語彙の難しさに振り回されることなく、内容をしっかり理解する能力が必要です。

中学までは国語でそんなに困らなかった子でも、しっかりとした読解力がないと、高校の現代文は解けないのです。

そこで「要約」で、どうよんでいるのかを確認します。

 

この春からコクリエ国語教室に通い始めた高校生。

進学校に通っているので、かなり良くできるのですが、国語は苦手。

最初の数回は、「一番大切なところ」がつかめずに苦労していました。

こういう子の特徴は、そこそこ読めるが、「肝心なところ」だけ、外しているのです。

 

ところが、受講5回目、わたしの方が驚くことになります。

突然、とても良い要約ができる様になったのです。

 

現代文の場合、相性のいい文章ということもあるので、何問か試しましたが、実力が上がっているのです。

 

この様に突然読解力が付く子が良くいます。

なぜだか5回目あたりに、、、毎週だと一ヶ月ちょっと。

 

読める様になると、何故前は読めなかったのが、ズレていたのか、わからなくなるほどです。

実は、この様な自分の変化に驚いて「頭が良くなった」という子がいたので、

コクリエ国語教室のキャッチフレーズにしたのですが。

 

この様に色々な子に指導していると、「読解力」は、多くの人に共通に備わっている能力であり、トレーニングすれば、誰でもできる様になるものだ、との想いが確信になっていきます、

 

宿題も出していましたが、それ以外に学校の宿題として、週に2題、つまり授業以外に週3題要約をしていたのです。

最初は大変ですが短期に集中してトレーニングすると、力がつきますね。

 

国語の力、読解力はセンスではなく、トレーニングで身につくものなのです。

 

 

 

LINE@で、情報発信をしています。

よろしければ登録お願いします

IMG_3567

| 2017.06.16 16:44 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 大学受験 |

親子の気持のすれ違い

2017.05.07 Sun

IMG_3141

 

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

中高生の皆さんは、お休みが終わるとソロソロ定期テストの準備期間ですね。

 

さて、今日は本屋さんで興味深い場面に出会いました。

小学校4〜5年生位の女の子とお母さんが、スーパーの中の本屋さんの参考車コーナーにやってきました。

お母さんが

「あなた、アレやめたのだから、問題集買ってやらなきゃ、、、」と問題集を探しながら言っています

娘は「塾でやってるから、大丈夫だってば!そんなこと言ったって、塾の問題集と学校と、アレとコレと(何か義務としてやっている活動のよう)で、全く時間がないから、出来ない。」

お母さん

「だって、アレやめたでしょ。そのぶん時間できたし、問題数足りないでしょ。やめたんだから、、、」

(何をやめたかはわからずですが、ベネッセみたいな通信教育かな?)

娘「そんなこと言ったって、大丈夫だから、、、」

(多少感情的にいっぱいいっぱいな感じ)

 

非常に興味深い。よくありがちなワンシーン

お母さんは成績が下がったとかの「事実」ではなく、

自分が漠然と感じている「不安」に基づいて、

 

娘が「大丈夫だから」と言っているのに、信用しようとせずに、

自分の安心のために問題集を買うという自分の意見を押し付ける。

 

そもそも、解く問題の数の違いが成績に直結すると言うのはお母さんの仮説。なんでもいいからその辺に売っている問題集をたくさんとけばいいわけではない。

この繰り返しが、親子の不信感を作るんだろうなぁ、、と。

「大丈夫だって言っているのに、何故私を信じてくれないの?」

娘さんの言葉に出来ない心の声が聞こえてきたように感じました。

 

そんなに珍しいことない親子の日常の風景だと思うが、お母さんが、自分自身と向き合うこと、不安を何かだ誤魔化しているのかも、と気づくことが必要なのかな?と。

 

こんなことの積み重ねが、親子の気持ちのすれ違い、互いの不信感を育ててしまうのかも。

そして、思春期になった時、これらの積み重ねが爆発する、、、。

何故?と爆発前後の事だけ考えても手遅れなのです。

このような不信感の積み重ねが長年積み重なった結果であり、子供本人も何故爆発したのかは理解できていないと思います。

 

 

 

| 2017.05.07 15:41 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について |

塾の選び方教えます〜塾長会@愛知

2017.04.30 Sun

IMG_3045

愛知県で初めての塾長さんの集る会「塾長会@愛知」 が開催されました。

皆さん本当に熱心で、子供たちの事を思う気持ちがヒシヒシと伝わって来ました。

 

最近お母様方と話していると、よく聞かれるのが「いい塾ない?」ということ

大手塾は、一斉授業だからあまり意味がない

個別塾も、フランチャイズで信用できない  などなどお聞きします

(フランチャイズや大手塾にももちろんいい先生もたくさんいらっしゃいます)

 

聞いてみると、昔ながらの個人塾が消えているのです。

大手塾に阻まれて、なかなか生徒が集まらないのでしょう。

 

先日ある子が中学入学前に、苦手な算数をクリアしようと、個別のフランチャイズ塾に入ったそうです。

話を聞いてみると、何と、毎回先生(学生アルバイト)が変わるのだとか。

授業は60分。その間、先生はその子がどこが苦手なのか、何がわからないのかを把握することも出来ず、授業を終わるのではないかと想像します。

子供の特性を知った上で、「ここがわからないんだろうな」と仮説を立てて、説明していくには、それなりの経験と子供と教科を理解する力が必要です。

不慣れな学生が、毎回コロコロ担当が変わったのでは、何回受講しても効果が現れるとは考えられません。

また、先生は選べないようでわかりにくい先生も多々、、、だそう。

 

お母様方、塾は行けばわかるようになる魔法の場所ではありません。

キチンと塾を判別して、要望を話し、結果をウォッチして下さい。

 

例えば・・・

★塾長さんと必ず定期的に話して下さい

★塾長さんに、システムや講師、授業についてどうしてそうしているのかを含めてよく聞いて下さい

塾としてのポリシーや、教育方針がわが子に合っているか?

★我が子にあっているか、判断して下さい

わが子がどんなタイプか?ライバルや仲間がいると頑張れるか?

人に惑わされたくないか? ひとつわからないと前に進めないなど癖があるか?

★子供に塾での様子を聞いて下さい(わかりやすいかなど)

★信頼できる塾である事を確認して安心して任せて下さい

いったんお任せしたら、後は信頼し、時々塾長さんにご相談を。

 

その点、このような場所に情報収集するような熱心な塾長さんのいらっしゃる個人塾は信頼できると思います。

 

教育は人」です。

思いのある、プロフェッショナルな先生と関わることで、子供たちに変化が現れるのです。

 

そんな出会いが楽しい夜でした。

 

| 2017.04.30 14:59 | コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 研修・その他活動, 良かった出会い・セミナー |

お話会in弥富 第二回目

2017.04.10 Mon

乳幼児向けフィンガームーブメントのお教室をされている中島優子さんによんでいただいて、お話会in弥富を4月8日に開催しました

IMG_2772

 

土曜日ということもあり、午後から弥富のケーキ屋さんハルさんで焼き菓子付きでおちゃを飲みながら、ゆったりと

IMG_2616

小学校低学年〜中学生のお子さまをお持ちのお母様方に、新しい教育制度と、何故そうなっていくのか、を約2時間たっぷりお話しさせていただきました。

いろいろなご質問もいただき、まずはご家庭で出来る国語力アップ法をお伝えしました。

 

「考える力」を子供たちに持たせるということは、大人の側にも覚悟が必要。

でも、それがこれからの子供たちの人生に必要なのです、

| 2017.04.10 14:34 | 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内 |

第一回お話会in弥富 開催

2017.04.02 Sun

IMG_2614

先日、弥富でお話会をしました

《子どもを幸せな受験生にするために》と題し、

2020年度から始まる新大学入試制度が、

なぜ実行されるのか?

どう子育てしたらいいのか?

学習について

 

など、お話しさせていただきました。

 

会場は大好きな、スィーツカフェハルさん

午前中開催だったので、モーニングを頂きました

皆さん、当然ケーキモーニングをチョイス

(写真は以前のもの)

 

IMG_9801

みんな、モーニングをいただくのも忘れ、お話に聞き入ってくださいました。

弥富で0歳からの幼児教育教室を開催されている中島優子さんが企画して下さいました。

おかげさまで満員御礼‼︎

 

お子様の年齢は3歳くらいから中学生まで多様でしたが、気になることは一緒

 

IMG_2616

 

今回の改革は、明治以来の大改革

それに合わせて、ご家庭でも意識改革が必要です。

学校、塾に頼りきりの一括教育でなく、ひとりひとりオーダーメイドの教育が必要だからです。

 

社会は大きく変わっている

それをまずお母さまが知って欲しい。

 

次回4月8日午後にも開催します。

おかげさまでこちらも満員御礼‼︎

聞いて見たいなぁという方、5枚以上いらしたら開催できます‼︎

お問い合わせくださいね

| 2017.04.02 18:39 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

次のページ »