コクリエ国語教室

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

祝㊗️中学受験合格❣️今年もサクラサク

2018.02.11 Sun

IMG_2393

 

まだまだ寒い日が続きますが、、

 

中学受験は一足早く、春が来ています

 

名古屋は、先週末東海中学、滝中学の入試が行われ、

6日と7日に合格発表がありました‼︎

 

今年も生徒たちが、頑張ってくれました。

「合格しました!」

この一言が聞きたくて、お仕事頑張ってます。

 

難関中学は国語が難しい

 

なぜかというと、国語の力がある子達は、入学後、授業の吸収率がいいから。

教えたこと、本をきちんと理解できる能力が必要なのです。

こちらの本にも、読解力のある子は難関私立に入ると、書かれていました。

IMG_6942

 

中学入試を目指される方で4年生、5年生で、

「国語苦手かな?でも、算数でなんとかカバーすれば、、」

と思われている方

 

国語は早めの対応がオススメです。

学年が進めば、問題文が長く難しくなります。

また文章が簡単な時に、読解力、国語の解答力をつけることを体験からオススメします。

 

ご質問、お問い合わせのある方は、

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

 

| 2018.02.11 16:42 | コクリエ国語教室について, 中学受験, 生徒・父兄喜びの声 |

志望校はどう選ぶ?〜中学受験の基礎

2018.01.20 Sat

そろそろ中学入試も本番を迎えつつあります

何年もずっと勉強をしてきた成果を発揮する日がテスト日です

受験は、もちろんその子の進路、人生に大きな影響を与えます。

進学した学校で出会う人、先生、学ぶ事、学ぶ環境は、まだ幼い子供達に与えるものは大きいと言えるでしょう

 

偏差値が高いから、有名校だからと選ぶ場合があるかと思います

 

保護者の方にまずみて欲しいのは、その子の特性特徴も学校の相性です。

 

自由な雰囲気が合う子もいます

適切ないいか指導やマネジメントがあったほうが伸びる子もいます

友達の影響を受けやすい子

周りに関わらず一人で黙々と学びたい子

部活などその学校の特徴もあるでしょう

 

とりあえず有名校ではなく、

この子に合った学校はどこなのか?

その子がその環境で伸びるのか?

 

スタートはそこからです。

 

学校の特性がわからないという方、ご相談にのりますよ

 

お問い合わせください

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

08045250709 黒川
授業中など電話に出られないことがあります。折り返しお電話させていただきますので、メッセージを残してください

| 2018.01.20 15:11 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験 |

コクリエで学ぶのはリーディングスキル

2018.01.13 Sat

以前話題にした、東大を目指したAIの東ロボくん

国語の読解力がつかないと判断され、東大を目指すことを諦めました。

その研究者の新井紀子氏の記事が、今年の1月1日の「朝日小学生新聞」にのっていました。

見開きでどどーんと!(記事詳細はぼかしてあります)IMG_6612

先日お話しした「リーディングスキル」の話題です。

コクリエ国語教室で学ぶのが、この「リーディングスキル」

いままで、教育界では話題にも登っていませんでした。

今日ががわからないのは、その教科の知識が足りなかったり、記憶力ややる気がないからなどと、、おもわれていまふしが、、

 

そうではなく、「勉強の前にすることがある」のです。

教科書を読んで言葉でなく「意味」を理解するということ

日本語を話せるからといって、書き言葉、教科書の記述が理解できているとは限らないこと

それをAIにテストの問題を解かせる、というアプローチの途中で気づかれたのです。

 

リーディングスキルがないと、アクティブラーニングやプログラミング教育をしてもなんの意味もないと書かれています。

 

この記事では、どうやってリーディングスキルをつけるのか?に回答はありません。

ただ、カレンダーや新聞など文字情報を子供たちの目に触れるところに置いておくこと、というアドバイスだけ。

 

読み解く力=リーディングスキルは、スキルであり、才能ではありません。

読み方を学んで、訓練すれば身につくものです。

 

コクリエでなら「リーディングスキル」が短期間に身につきます

中学受験生、大学受験生には必須のスキルです。

どんなものなのか聞いてみたいかた

お問い合わせはこちらから

08045250709  黒川

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2018.01.13 16:28 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

読んで理解する力〜リーディングスキルを身につける

2018.01.03 Wed

【無料相談会のお知らせ】

お正月の朝日小学生新聞に、リーディングスキルの話題が出ていたようです。

 

年末に話題になっていた

生徒たちは教科書を理解できていない」問題

https://s.resemom.jp/article/2017/11/28/41564.html

 

リーディングスキルとは、読解力

文章を読んで、筆者の意図、伝えたいことを理解する力のことです。

実際に多くの生徒を見ていて、教科の能力が足りないというよりは、

リーディングスキル不足で理解できていない、テストの問題を把握していないというケースを多く見かけます

 

 

実は文字を読んで理解することは、とても脳を使うのです。

そして、脳は意外なことに、「怠け者」

少しでも楽をしたいのです

 

世の中は人の欲望に忠実に進化します

「楽をしたい」「疲れることはしたくない」

という多くの人の要望に応えて、多くの電化製品や携帯電話は

直感的に操作できるように進化しました。

一昔前は、携帯電話を買いかえると、取扱説明書と首っ引きでした。

 

こんな便利な時代に生まれ育っている子供達は、

文字を読まなくても、なんでも便利に使いこなします。

 

ところが勉強だけは、そうはいきません。

「頭を使うこと」が勉強ですから、頭を怠けさせるわけにはいきません。

 

そこで、ますます文字を読んで勉強することを嫌がる子たちが増えています。

 

国語のテストであまり良い成績を取れなかった子に、もう一度私の前でやり直してもらうと、結構いい点数を取れることがあります。

「どうしてテストの時、点数取れなかったの?」

ときくと、「真剣に読んでなかった」と

一人の時にじっくりと頭を使って読むということができない子が結構たくさんいます。

 

読む力がないというよりは、

理解できるようにしっかり読む読み方を知らない、

一人でしっかりと読む集中力がない

 

ということが多々あります。

 

「リーディングスキルをつけるには、どうしたらいいの?」という方

お問い合わせお待ちしております

 

新年度に向けて、無料相談会を始めます

お問い合わせはこちらから

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2018.01.03 17:29 | コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内, 社会問題 |

国語力を集中的につける in 名古屋駅〜冬季講座、相談会のご案内

2017.12.13 Wed

iroennpitu

【国語の力を冬休みにつけませんか?】

 

中学受験生〜大学受験生向け冬季講座を開催します

国語の力、考える力が必要なことはわかっているけど、普段なかなか時間が取れない、とお困りの方、、

 

国語だけは勉強の仕方がわからない、、という方

 

興味はあるけど、相談しづらいなぁ、、という方

 

冬休みに集中して国語に取り組んでみませんか?

 

 

国語の成績を上げるには時間がかかるとお考えでは?

 

たった4回の受講で難関校の模試で46点から70点に上がったかもいます

たった3回の受講で中学受験塾のテストで111位から7位になった例もあります。

高校2年生で2ヶ月受講で偏差値59から74に上昇した例ももあります

 

名古屋エリアでは国語塾はあまりなく、馴染みがありませんよね。

一度話を聞いてみたくはありませんか?

 

そこで、個別無料相談会を行います

 

お問い合わせください

★コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先
http://cocurie.jp/contact/index.html

 

08045250709  黒川

電話に出られない時があります。メッセージを残してください。折り返しお電話します

 

| 2017.12.13 18:07 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 相談会・説明会・イベント案内 |

国語が難しく感じる人は〇〇〇を知らない

2017.12.08 Fri

国語のテストって不思議で、わかる人はわからない人が何をどうしてわからないのかがわからない。

わからない人は、わかる人はどうしてわかるのかが全くわからない。

国語の先生になる人は、子供の頃から国語が得意だった人がなる確率が高いので、わからない人かなぜわからないかわからない。そこで「国語はセンス、漢字で点数を取って」となってしまう。

だから、「わかり方」を教えてくれる人がいない。

 

そんな「国語はセンス」という怪しい都市伝説への、一つのヒントがこの記事にある。

読んでみてほしい

 

 

「言葉の奥には、その言葉を使う社会の共通認識がある」

日本語で小説を書くイラン人作家
〈以下引用〉
人は互いの「共有知」を拠り所にし、それをバネとすることで、多くを語らずとも相手の言わんとしていることを察し合うことができる。
文章であろうと音声であろうと、言葉で何かを伝えようとするときに何よりも重要なのは、文法の知識でも語彙の数でもなく、この「共有知」の有無なのかもしれない。

 

国語で問われるのは、そういう事
国語が苦手、コミュニケーションが苦手な人は、この「共通知」に気づけていない

| 2017.12.08 10:41 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 作文・意見文・小論文教室, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

まずは、文を読んで理解すること

2017.12.03 Sun

コクリエ国語教室では、まず「読解力」をつけます

それは、国語ができないことの第一の原因は

文章を読んで意味が理解できていないから。

「ちゃんと読んで、設問に答える」が国語のテストだからです。

 

文章を読んで、意味がわからないってどういうこと?ですよね。

 

小・中学生の子供の多くが、文章を目で追っていても、頭を働かせておらず、文章を読みながら意味を理解しようとしていません。

 

よくいるのが、問題集を前にして

「先生!何すればいいの?」と聞く子

「何をすればいいかは、書いてあるから!」

はい。

面倒なんです。読んで、自分の頭で理解することは、、

最近なんでも便利だから、説明書を読まなくても、直感的に使い方がわかりますよね?

何年か前まで、携帯を変えると取扱説明書を読んだものです。

そんな世代に生きている子はより一層、文を読む習慣がない。

周りがやり始めたら、聞いたり、見よう見まねでやり始めればなんとかなる。

それが、色々な教科の学習に影響を与えているようです。

教科書を読んでも意味がわからない子が多数存在

https://s.resemom.jp/article/2017/11/28/41564.html

 

うちの子もそうかも、と思った方、ご相談にのりますよ。

冬季講習も募集中です

コクリエ国語教室問い合わせお申し込み先

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2017.12.03 09:45 | 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 社会問題, 考える力をつけるには? |

どうして勉強するのか?心に火をつける言葉で語る

2017.10.03 Tue

時代が変わっても変わらずに生徒、子どもが大人に聞くこと

「どうして勉強しなきゃいけないの?」

「大人になって、今覚えていることなんの役にたつの?」

最近セミナーの最初でお母さま方に聞くことがあります

 

すると、こまったような顔をされて

「えーーっと、将来、やっといた方が色々役にたつから、、、」などなど、、

毎日子どもに「勉強しなさい」「宿題したの?」

という時の、勢いがない。

 

かなりたくさんの方にお聞きしましたが、ご自分の意見をお持ちの方は、ほとんどいらっしゃいませんでした。

 

さて、次の記事を読んでみてください

2017年11月6日、四天王寺中学の女子中学生約500名に、講演が行われた。

話し手は、京都大学ナンバーワン人気教官の瀧本哲史氏。『ミライの授業』『武器としての決断思考』などのベストセラー作家としても知られている。

どうして勉強するのだろう?

http://news.livedoor.com/article/detail/13971240/

瀧本氏は、世の中の現状をわかりやすく興味深く解説する

そして次に、本題に入る

その時に見せたのは、ハリーポッターの写真

ハリーポッターは、生徒たちは大好きだ。

そして、こう続ける

 

「実は、皆さんが今学校で習っているのも、ハリーたちと同じ『魔法』なんです」

 

えーー?

魔法が使えたらいいのに、って、誰でも一度は思ったことがあるだろう。

学校で習っているあのつまらない勉強が、魔法?

なんで、なんで?

 

生徒たちは、思わずひき込まれる

 

 

「つべこべ言わずに勉強しなさい‼️」

そんな風に言われるから余計勉強が嫌いになる。

 

伝えるということは、相手に響く言葉で、身を乗り出したくなる表現で話すことだ。

 

わからないのは、相手が悪いのではない、話し手の力量不足だ。

 

と、自戒を込めて

 

そして、最後の瀧本先生のメッセージ

「皆さんはまだ若いから、自分たちの物語を作ることができる。自分で脚本を描いて、自分が主役を演じることができる。どこにでもいる女子中学生で、何者でもないからこそ、何者にもでもなれる可能性を持っている。

でも『何者か』になるためには、世の中のみんなが知っていることを知る必要があるし、みんなが知っていることを、違う角度から見られるようになる必要がある。そのためにも、今皆さんが取り組んでいる勉強を、がんばってください。今日の講義はこのへんで終わりです。くれぐれも、数学が大切ということは忘れないでくださいね」

| 2017.10.03 17:56 | コクリエ国語教室について, 中学受験, 作文・意見文・小論文教室, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

子どもたちと一緒に季節を感じる

2017.09.26 Tue

IMG_4966

昨日、どこからともなく、金木犀の香りが漂ってきました。

今日は近所の田んぼで稲刈りが始まり、稲を刻んだ青臭い香り、新しい畳の香りが漂っていました。

秋が深まっていますね。

IMG_4967

皆さんは、今年、どんな秋を見つけましたか?

 

昨日、小学生の授業で「手紙を書く」をやって見ました。

日曜日にお話を聞いたひきたさんのお手紙教室を真似て。

その中で「季節の挨拶を入れる」というのがあり、とてもいいなぁと思ったのです。

 

季節の挨拶を入れようと思うと、この本文の最初のように、

日常生活から季節感を自分で感じる必要がありますね。

季節の変化にどうやって気づくか?

それも教育だと思うのです。

私たちは、お父さんやお母さんおばあちゃんたちの

「あ、金木犀だね。秋だね」とか

「この香りは、稲刈りが始まったね。いよいよ収穫の秋だね」

なんて会話を聞いて、頭の片隅にインプットします。

あの甘い匂いが金木犀という花の匂いで、秋に咲くことは、誰か知っている大人が

それを幸せそうに話題にしてそうなんだと認識できるのです。

それは、日常生活で得る、生活のなかで得る生きた知識

これは、身につきます。

 

虫好きなら虫から、お花好きなら花から、お月見など季節の行事を

いつも家族で楽しむということでもいいですね。

 

私たちは、五感で様々なものを感じていますが、それを意識するのは

そのうちの一部だけです。

自分にとって意味のあるもの、価値を置くものだけを選択的に意識に上げ、

あとの情報は捨て去ります。

だから、感性を育むにもこのような教育が必要だと思うのです。

 

メールや、Lineで用事や情報のみを伝えることが多い今、

情緒や気持ちを大切にするには、こんな日常のさりげない会話が

大事ではないかなぁ?と思います。

教育でも頭の知識だけでなく「感じることが大切」と言われます。

自分の意見を持ったり、選択するには、感じる能力が大切だったりします。

感じることを親子一緒に始めませんか?

新しい教育制度で重要とされる、考える力、それを具体的に現す

作文、意見文、小論文も、自分の意見にプラスαの感性が乗っていて初めて

その人らしいとてもいい文章になります。

 

 

 

昨日教えていた子は都会に住んでいるので、私のように季節を感じる

自然が身近にないようです、そんな場合はお花を買ってくるとか、

スーパーで買い物する時にこれはこの季節なんだよなんて話してはいかがでしょう?

または、季節を感じに、休みの日は少し郊外まで 脚を伸ばすとが。

 

あなたの秋はどんな秋ですか?

どんな香り、どんな味、どんな音に秋を感じますか?

それを教えてくれたのは誰でしょう?

| 2017.09.26 16:44 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験 |

偏差値74‼︎3ヶ月ですごい成果!

2017.08.16 Wed

とても嬉しいご報告をいただきました。

 

この春から、コクリエ国語教室に通っていただいている高2の男子

進学校に通っていて、将来の夢も幼い時からしっかりしている。

知り合いの方にご紹介いただき、入塾されました。

 

中学までは国語もそんなに問題なかったのですが、高校に入って、

国語が伸び悩んでいるとのことでした。

 

志望校は、国公立の理系の超難関

センター試験でかなりの点数を取らなければなりません。

 

そんな彼は、本当に素直にきちんと課題をこなし、私も驚く成長をされています。

指導カリキュラムからは、まだ道半ばですが、先日授業時に、晴れやかな顔で

「模試の偏差値が74になりました!」と報告してくれました。

「今までどんなに頑張っても、59より上がることはなかったけど、、」と

 

指導1ヶ月目から、かなりの手応えを感じていたようで

「早く問題文が読めるようになった」

「読んだ文章がよくわかる」

と言っていました。

 

苦手意識の強かった国語で、偏差値74は嬉しいね‼︎

大学受験の国語の文章(中学受験も)は、国語嫌いにはかなり難易度が

高いのですが、「きちんとしたん読み方」を身につけた(まだ道半ばですが)

ことで、選択肢も迷わず選べるようになったようです。

 

ちなみに、偏差値74ってどれくらい?という方に

「偏差値74は上位約0.8% ということになります。1000人中8番目くらい、ということです」

 

こんなに短期間にはっきりした成果をあげられたのは、素直に

課題に向かい、自分と向かいあったから。

まだまだ教えることは沢山あるので、偏差値がどこまで伸びるのか、

とても楽しみです‼︎

 

本気の受験生は、伸びがすごい‼︎

どうしても入りたい学校がある、夢を叶えたい学生のみなさん、

お待ちしています

 

お問い合わせ先 お申し込みこちら
08045250709 黒川
電話に出られない場合がございます。お手数ですが、お名前とメッセージを残して下さい。折り返しご連絡いたします。

| 2017.08.16 17:46 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 大学受験, 生徒・父兄喜びの声 |

次のページ »