コクリエ国語教室

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

要約を学んで能動的に学ぶ力を付ける

2015.10.30 Fri

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{E0679605-C381-425A-877C-8EAA53CD75DE:01}
ニュースサイトからの引用です。

記事から

■勉強ができない人は、板書を作業としてノートに書き写す(A)

脳に情報を入れていない。おまけに、きれいにノートを取ったりなんかしていると、“ちゃんと授業を聞いていた”ような錯覚を覚えるから困る。

■勉強ができる人は一度脳にインプットしてから、アウトプットとして板書を写す(B)

勉強ができる人は、教師の言っていることを一度脳にインプットしてから、アウトプットとしてノートに板書を書く。

注意深く聞いていないといけない。集中力が必要だ。新しいことを即座に脳へインプットして、咀嚼していかなければならない。

ノートをとるときに、板書をそのまま写しては意味がなく、講義を聞いて、頭の中でまとめて、それをノートに書くことが必要だという内容です。
つまり、話を聞いて情報をインプットし、頭の中で咀嚼して、言っていることの全体像対決なポイントなどに分解し、ノートに書く、つまりインプットとアウトプットをしているわけですよね。
それに対して、板書を写すのは、他人がまとめた要点を写すだけなので、受動的であり、インプットのみで、全く頭が働いていない状態です。
インプットしたものを、咀嚼して対決なことに分解する時に必要なのが、要約力であり、理解力です。
これがない人は、出来ないので、板書がない時は、ぼっとしています。何も頭を働かせず聞いている可能性が高いのです。
きちんと理解しようと自分の頭を使うのは、とても疲れます。塾で面白い講義を聞いて、わかった気になっても出来ないのは、受動的にしか聞いてないからです。
要約を学ぶと、集中力が身につきます。逆に言うと、集中力がないと、まとめて物事を考えられないのです。
コクリエ国語教室でまなぶようやくりょくは、国語の勉強というだけでなく、広く学習、仕事に役立つ基本能力なのです。

| 2015.10.30 16:28 | 未分類 |

感性を磨く〜幼い頃辻井伸行さんがお母さんにしてもらったこと

2015.10.29 Thu

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{E7066498-F3AB-4F57-8099-06B5BF3E8001:01}
辻井さんのお話第3弾です
さて、一流の音楽家となると、表現力が必要ですよね。
表現するためには、感性を磨くといい
完成を磨くには、たくさんのものを見たり体験したり、触れたりという経験が欠かせません。
ところが、伸行くんは、生まれた時から全盲です。物を見ることが出来ません。そこをどうクリアしたのでしょう?
お母さまは、彼を色んなところに連れて行きました。美術館、花火、山の中など、、、
美術館や、山の中では、お母さんが、作品や物や風の一つ一つを説明したそうです。
伸行くんは、それらを聞いて心の目で見たといいます。
伸行くんは、風にあたるのをが好きで、その風の色をお母さんが説明してくれたといいます。「今日の風何色?」というのは、お母さまが書かれた著書第一弾のタイトルです
物理的には見えなくても、心の目で見る色は、豊かだったのですね。
他にも、小学校1年から中3まで水泳を習い、スキーや、山登り、乗馬もこなしたそうです。本人がやりたいといったことは、とにかくチャレンジさせる、それが教育方針でした。
目が見えないからこそ、やって見なくてはわからない。体験でしか、わからないからです。
このようにして、ハンディキャップがありながら、様々な体験をし、感じて、感性を磨いて行ったのです。
「おかあさんのおかげで」伸行くんは何度もDVDの中でそう言いました。
おかあさんの諦めない愛情のこもった関わりが、今の彼を作ったのは間違いありませんね。

 

| 2015.10.29 16:26 | 未分類 |

子供の才能は、すぐに磨くべし!~辻井信行さんおかあさま~

2015.10.28 Wed

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{2FCC1508-6E66-430E-924D-8A7645C36EC9:01}

ピアニスト辻井伸行さんのお母さまの講演会第二弾です

8ヶ月で、ひょっとして音楽を聞き分ける能力があるかも?と思ったお母さまは、オモチャのピアノを買い与えました。伸行くんは、毎日夢中でピアノで遊んでいたそうです。とにかく大好きで仕方ない、という感じ。
お母さんは、家事をする時など、目の見えない伸行くんから離れる時は、歌を歌って存在を伝えていたそうです。2歳3ヶ月の時、お母さんが鼻歌でジングルベルを歌っていると、ピアノでジングルベルが聞こえてきました。あれ?と思ってよく聞くと、伸行くんは、耳コピで、ジングルベルを演奏できるようになっていたのです。
お母さんは大感激!
目が見えない子の子育ては、出口の見えないトンネルの中にいるようなものと表現されました。そのトンネルに、先の方に少しだけ明かりが見えた気がすると。
ハイハイは出来ないし、育児本や周りの同年代の子とは、比べものにならないぐらい、何もできない我が子。
たった一つだけ、ピアノは、上手かもしれない、そう思った時、それに気づいた時、お母さんは、伸行君のために、趣味でいいので、好きなこと、一生の楽しみになるものになって欲しい、と思ったそうです。
オモチャのピアノが壊れたあと、実家からピアノを持ってきて、ピアノの先生を週一回呼んで、先生の演奏をお母さんと伸行くんで毎週聞いたのだそうです。
そうこうしているうちに、自分でも簡単な曲なら弾けるようになりました。
5歳の時、サイパンのショッピングセンターにあったピアノを見つけ、ひかせてもらったら、たくさんのお客さんが集まってしまい、みんなに喜んでもらえた。伸行くんは、それが嬉しくて、人前で演奏することが大好きになったのだそうです。
才能を見つけた後のお母さまの関わり方が、素晴らしいですよね。
たった一つだけ、才能らしきものの芽がみつかった。それをどう伸ばして行くか、いろいろされています。
無理強いをせず、やりたい気持ちが高まるまで待つ。やりたい気持ちが出てきたら、無理かもしれなくても、親として出来るサポートをする。それにより、自信をつけたり、もっとやりたいという意欲が生まれています。
難しいのは、みんな中途半端に、ちょっとづつ才能らしきものや興味があること。たったひとつなら、集中出来るのですが、一つに決めるところが、なかなか踏ん切りつきませんよね。
選択と集中
これが大切だと、経営者セミナーなどでもよく聞きます。限られた時間限られたリソースなので、子育ても仕事も、大切なことは同じですね。

 

| 2015.10.28 16:24 | 未分類 |

子供の才能開花に成功する親の関わり方~辻井君お母さま

2015.10.27 Tue

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{2A7931EE-2B95-4AA5-9F78-7EB600C7B876:01}

ピアニストの辻井伸行さんのお母さま辻井いつ子さんの講演会「子供の才能の見つけ方伸ばし方」を拝聴しました。

地元愛西市の、教育関係のイベントでした。
まず、彼の才能が見つかるエピソードから。
伸行さんは、生まれながらに全盲でしたが、8ヶ月くらいから、あるクラッシック音楽を聴くとご機嫌になったそうです。そのCDが傷付いたので、同じ曲で別の演奏者のものを買って聞かせたら、無反応。元の奏者のものを聞かせると、ご機嫌になったそうです。8ヶ月で、演奏者の区別が出来るとは、相当の才能がある、と、お母さまは思われたのだそうです。
はい、言い方は悪いですが、かなりの親バカです。
親バカ大事です!
だって、誰よりも誰よりも我が子は可愛いし、特別ですよね?
冷静に客観的に見ている場合ではありません。
ちょっとしたスゴいところを見つけたら、すご~~い!と、思いっきり言葉にしてあげてください。「そうなの?」と意識に上がります。
人の才能の多くは、子供の頃誰かに気づいてもらって、褒めてもらうことで、「もっとやろう」と思えるものです。
お母さんが、一番身近にいて、気づくチャンスも多い存在ですよね?
また、子どもは、誰よりもお母さんやお父さんに認めてもらいたいもの。
声をかけてもらうこと、褒めてもらうことでモチベーションも上がります。
人の才能って、どこにあるかわからないものです。「うちの子、ココすごいカモ」と思ったら、言葉に出して、本人に伝えてあげてください。
きっと、、、気に登ります。(失礼!)
お母さんお父さんの愛情ある眼差しの中で、才能は開花していきます。決して、冷静に客観的に他人と比較しないでね!

| 2015.10.27 16:23 | 良かった出会い・セミナー |

おとこのこをやる気にするお母さん、やる気を削ぐお母さん

2015.10.26 Mon
頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。
{8D4CE16C-CC79-4435-BB4E-9DE007DA425B:01}
東洋経済の記事から引用しました。
記事から
http://toyokeizai.net/articles/-/89110
男の子は、お母さんには理解不能な行動をします。
余裕がある時は、可愛いとおもえますが、切羽詰まってくると、キレたり、何かおかしいのでは?と心配にさえなるほど。
記事の中にあるように、「おとこのこはオタク」なのだと思います。
イマココしかなくて、自分の興味の範疇にあるものしか目に入らない、意識に上らない。人が何を言っていても、本当の意味では聞こえていない。
何人もの男の子、そして大人の男性でも、そう言えるでしょう。多少の社会性を身につけても、「おとこのこ」の部分は残っています。「おとこのこ」というのは、記事にあるような、女性に理解不可能な男子の行動の部分。
ザクっというと、やるべきことではなく、やりたいことしかしない、のです。その代わり、やりたいことのゾーンにはいったら、止めてもやります。たとえ、それが勉強であったとしても。
また、ゾーンに入った時の脳力はものすごく、馬力があるので、すごい成果を出します。
そこで、この特徴を理解して、おとこのこのやる気を引き出すには?というお話をします。
こんな男の子の受験生のお母様方は、このことをよく知って、うまくゾーンに入れるよう誘導してあげるといいのです。決して、命令したり、正論を言ったりして、ご機嫌を損ねてはなりません。
持ち上げていい気にさせて、すっかりその気になるようにするのが、有る意味お母様のお役目!あとは、テスト結果などをみて、喜ぶ。
お母さんが大好きなおとこのこには、それが一番のごほうびなのです。
どうやって?は、またおいおいアップしますね!お楽しみに‼︎
タイミングと、誰が?というのが意外に大切です。

| 2015.10.26 16:19 | コクリエで学ぶこと, 中学受験 |

自分の気持ちを言葉にできないと、爆発する

2015.10.21 Wed

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

夏に上映されていたインサイドベッド
私たちの頭の中、心の中にある感情をキャラクターにして、それぞれの感情すべて大事、特に悲しみのような一見ネガティブな感情にも役割があることを伝えてくれました。
この感情、何か出来事が起こると、それに自分のフィルターが付いて、価値判断が起こり感情が生まれます。
例えば、誰かよく知らない人があなたを見て、あっ!って顔をして、こちらにやってきたとします。これが出来事です。
これを例をあげてお話しますね。
例1
もし、あなたに対人関係でネガティブなフィルター、例えば私は人に嫌われるとか、怒られるとか、があったとします。すると、やってくる人の雰囲気を恐ろしく感じ、恐怖やビビりの感情が生まれるでしょう。これは、瞬間的に起こります。相手の表情も自分のフィルターによって加工されてしまうので、恐ろしい形相でやってきたように感じます。
例2
もしあなたが対人関係でポジティブなフィルター、私はみんなに好かれるとか、みんな私と話したいと思ってる、を持っていたとします。すると、やってくる人の雰囲気を好意的に受け取ることができて、ニコニコしたウェルカムな表情で迎えるでしょう。ポジティブなフィルターを通ると、相手の表情もポジティブに感じるのです。
これらは、どんな時も瞬間的に起こるので、例1の人は、怯えた態度を取るので、相手もそれに合った反応をし、例2の人は友好的な態度を取るので、相手も好意的に接してくるようになります。
つまり、嫌われている私と好かれている私がいるのでなく、嫌われていると思い怯える私と好かれていると思い友好的なに振る舞う私がいるだけなのです。
これは、頭の中で自動的に起こり、普通はわざわざ意識に上がりません。
ところが、何か問題が起こり、自分の心の中をよく見て、それを言葉にする=気持ちの言語化をすると、今まで見えていなかったものが、自分に見えてくる、意識することができるようになります。
先日テレビのニュースで、思春期の子供が、お父さんのことが大好きなのに、反抗的な態度をとってしまう、というシーンをやっていたそうです。
特に思春期には、心の中、感情、気持ちと、体の反応があっていないことがあります。モヤモヤして、爆発を起こすような時期ぐ思春期です。暴力や、自傷などの形で現れることもあります。
自分の心を見つめて、気持ちを言葉にすること、その原因に気づく内省をすることが、本当に大切だと感じます。
それには、言葉を自分でしっかり扱えること、語彙が多いこと、本などを読んで人の例を知ることなど、国語を学ぶことでカバー出来ることがたくさんあります。
実は、私が国語を教えているのには、気持ちを言葉にすることを、学んで欲しいという願いが潜んでいます。
ご相談などある方は、ご連絡下さい。

| 2015.10.21 16:51 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について |

国語力は、君の夢の追い風になる

2015.10.20 Tue

頭が良くなる国語塾 コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。


コクリエで学ぶ、まとめ力、役に立つのは国語の勉強だけではありません。
錦織選手や、色々なスポーツ選手の活躍のおかげで、スポーツで一流になりたくてがんばっている子達がたくさんいますよね。コクリエで学ぶまとめる力は、そんな子達の追い風にもなります。

例えば、テニスを一生懸命やっている子が、大人向けのこんな雑誌から、勉強しようと思う時、大人向けなので、知らない言葉が出てきたりします。

そんな時、まとめ力が役に立ちます。
先日小学校4年と5年の子に、この記事を要約してもらいました。
1年以上やっているので、少し手伝いましたが、無事にまとめることができました。
二人とも、しっかりテニスクラブで学んでいるので、実際に使えるアドバイスを要約するのは、楽しそうでした。
まとめ力、国語力は、国語のテストや他の教科のテストに役立つだけではありません。
「大切なことをつかむ力」は、何かを学ぶ時に、必要な能力です。
以前東大の医学部に行った子が、「僕の能力の素は、幼い頃スポーツのコーチから学んだことを理解して体に落とすために要約をした、その力が勉強に役立っていたんだ」と、言っていました。
「大切な事、エッセンス、本質」を文章や人の言葉からつかみ出すこと、この力は、子供でも大人でもとても必要だと考えています。
新聞や本を読むとき、「大切なこと、伝えたいことは何かな?」と考える習慣をつけて見てください。
その力は、あなたがしたい事が見つかった時、夢を見つけたときに、あなたを応援してくれるでしょう。
あなたの追い風になってくれるでしょう。

| 2015.10.20 14:30 | コクリエで学ぶこと |

視点を増やす

2015.10.17 Sat

頭が良くなる国語塾 コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。


2年ほど前に、iPhoneアプリで知って、面白いと思って買った本です
「ネガポ辞典」
ネガティブに捉えがちなことを、ポジティブに言い換えるという、学生が作ったものです。
例えば

 

愛想が悪いというのは、媚を売らないとか、他人に流されない、などというと悪いイメージがなくなりますね。
他にも、
キモいは、存在感がある、ミステリアス
三日坊主は、切り替えが早い
など。
ものの見方、捉え方、表現の仕方によって、印象がかわり、判断が変わりますよね。これは「視点が増えた」と言えます。
国語の学習で、「本を読むといいですか?」とよく聞かれます。
私はこの、「視点を増やす」という意味で、読書は効果的だと考えます。
本を読むと、自分や周りの人とは全く違うものの見方や考え方に触れることが出来ます。
そもそも、普通の人と同じ物の見方や考え方をしていたら、ワザワザ本にはならないでしょうから。
今まで、こうに違いない、こうじゃないのはおかしい、と思っていたことに、全く違う考え方や行動をする人のことを知ったら、自分の考えの幅が広がります。
それが、広い意味で「学ぶ」ということだと思います。
新しく知ったことを正解として、自分の考えを改めるたり同意する為ではなく、そういう考え方もあるのだ、と、知っておくことに意味があるのです。
「愛想が悪い」をネガティブにしか見れないのでなく、媚を売らない、とも見れると、随分変わりますよね。
自由自在に物事を見ることができる能力は、世の中でも必要とされます。自分の思考の枠にとらわれない、ということです。
ディベートなどで、自分が支持しない意見でも、キチンと論じる力を養うことは必要ですね。
この力を最も簡単に手に入れる方法が、色々な本を読むことだと考えます。それについて誰かと討論する事もいいですね。
「視点を増やす」心掛けてみてください

| 2015.10.17 14:27 | コクリエで学ぶこと |

頭が良くなるノートの秘密

2015.10.15 Thu

頭が良くなる国語塾 コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。


頭がいい人は何故方眼ノートを使うのか?
この中で、学生とビジネス向きのノートの取り方、使い方を学びました。
その中から、頭が良くなるノート術をお伝えします。
これは、写真の2冊のうち、大きい方ムック本に詳しく書かれています。ご興味のある方は読んでみてくださいね。

ノートにあらかじめ線を引いて、一定のフォーマットにしておきます。
そのフォーマットの中に、「考えざるを得ない仕組み」が作ってあるのです。
授業を受けるということは、基本的に「受け身」です。一斉授業では、先生の言うことを受け取るのが基本になってしまいます。そのあと、数学など演習のあるものは、「能動」のフェーズがあるとも言えますが与えられた問題を解くといういみでは、受け身でもできます。授業と演習という一連の流れの中で、本当に能動的になるフェーズはないと言っていいでしょう。
ところが、このノートのフォーマットを使うと、考えざるをえないのです。能動的にならざるを得ない。
与えられた問いに答えるのではなく、自分で「要するに」と頭を働かせ、聞いた内容をまとめ直さなければならないのです。
要約をした後、あれ?おかしいな?と思うこと、更に突っ込んで聞いて見たいことを考えます。
授業で受け取った基礎情報を、自分の頭で加工し、バージョンアップさせる仕組みがノートに仕組まれているのです。
これをやり始めると、普段どんなに頭を使っていないかが分かるでしょう。楽ではありませんが、とても効果的です。
じゃあ、方眼ノートでなくても構わないのでは?という意見もあります。方眼ノートのいいところは、図やグラフが書きやすかったり、頭揃えなど、綺麗にまとめるのに役立ちます。
頭もノートも、整理されるのですね。
ちなみに、教科別にこんな事例も載っています。

| 2015.10.15 14:28 | おすすめの本, コクリエ国語教室について |

考える力を止めるのは?

2015.10.04 Sun

頭が良くなる国語塾 コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

ネットで見た情報から
一方的な記事からの、断片的な情報なので、偏った記事になるかもしれませんが。
元の記事はこちら
小学校のテストで、まだ掛け算を学んでない子が、掛け算で文章問題に答えたら、先生が、バツをつけたそう。
掛け算を書いたところに、赤ペンで、何これ?と添削して、、、
学んでないことを使って解いたとしても、答えがあってれば、マルだと思うのですが、、、
もし、式の書き方などで、不備があったとしても、新しいことにチャレンジして、考えようとしたことを評価するのが、指導者だと思うのです。
「自分が教えた事」以外を答えたことがダメなのでしょうか?
教わっていないことでも、何処かで知ったことを使って自分で考えた事、は、素晴らしいのでは?と思うのです。
先生のやり方に従えではなく、子どもの工夫や、やってみたチャレンジを承認したら?と思うのは、私だけではないはず。
文部科学省は、「考える力」「生きる力」を育むことを大切にしていく、という方針だと聞いています。
現場が変わらないと、子供達の「考える力」を止めてしまうのは、こんな制限だらけの、現場の指導者では?と。

| 2015.10.04 14:22 | コクリエで学ぶこと |

次のページ »