コクリエ国語教室

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

求めている人に出会えました!

2016.05.22 Sun

私が求めている人、私を求めている(だろう)人に出会えました!

先日、たまたま時間つぶしに名古屋中心部の書店に行きました。

かなり品揃えのいい本屋さんで、学習用の問題集類が豊富でした。

平日の昼間、参考書コーナーは、ガラガラ

聞き耳を立てなくても、近くにいる方のお話は丸聞こえです

ご夫婦でいらしていて、中学受験生用の問題集の辺りで、いろいろ見ながらお話しされていました。

「おんなじように育てたのに、何でこう違うんだろう?」

「文が読めない、って、どうしたら読めるように?」

「どの問題集ならいいんだろう?」

「これなんか面倒がって読まないよな」

「国語だけ、ダメなんだよなぁ」

 

 

おっと、、、、耳がダンボになってきました!

 

教えてあげたい〜〜

「読み方」をしらないだけ

「わかり方」がわからないだけ

問題集がいいとか、悪いの問題じゃない〜〜!

読む技術、わかる技術を手に入れれば問題ないのに〜

 

まさに、まさに、私が力になりたい人が、そこにいた!

あなたが、今、喉から手が出るほど欲しいものを、私は知ってます!提供出来ます

あなたの力になりたい〜〜!

 

 

でも、、、

突然声をかけたら、、、怪しまれる?

勧誘じゃないから、、、

 

 

でもね、これで誰かの一生が変わることだってある!

今まで出会ってきた子たち、人生変わった、って自信あるし。

お互いの千載一遇のチャンスかもしれないし、、、

 

で、勇気を出して声をかけてみました。

奥様の方は、お話で来ましたが、ご主人が引き気味、、、

でも、勇気を持って、オススメの本と、方法をお伝えして見ました。

身分を明かさず、月光仮面、、、(どれだけ古い)

 

 

失礼しました〜〜

撃沈

片思い、、、でした。

 

でも、出会えてよかったと思う

 

やっぱり、国語の点数が上がらなくて困ってる子、

私がサポートできる子がちゃんといるって、分かったから。

方法を探して困っている親御さんがいるってわかったから

 

あとは、探してもらえるまで、自然に出会えるまで、信頼してもらえるまで私が発信しつづけるだけですね。

 

いつか、あの二人のお子さんに出会えたら嬉しいなぁ

 

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら

| 2016.05.22 18:35 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について |

障害児を誰がどう認定できるのか?

2016.05.19 Thu

文部科学省が、とんでもないことをやり始める

以下ニュースより抜粋

障害のある子どもを小学校から高校まで一貫して支援し、進学や就労につなげるため、文部科学省は進学先にも引き継げる

「個別カルテ(仮称)」を作るよう、各校に義務づける方針を固めた。通常学級に通う比較的軽い障害や発達障害の子どもも対象で、

2020年度以降に導入する。(朝日新聞デジタル)

 

 

新聞で読んで違和感を感じたが、詳しいこともわからず、表面的情報で意見をするのも無責任かと思い控えておりました。

「違和感を感じる」これがどこに向かって感じているのかを自分で考えたいとも思いました

そんな時、夜まわり先生のブログを読んで、「これだ」と思った。

夜回り先生ブログ

http://www.mizutaniosamu.com/blog/010diary01/post_411.html

 

 

「カルテ」として学校をまたいで引き継がれた場合、それは「疑い」ではなく「事実」になってしまう。

そもそも、障害かどうかは、病気と違い血液データなど客観データはなく、診断する人の主観

によるものとなる。

病気の場合「カルテ」はどの医者が見てもほぼ同じ結論が出る事が多い(それでも差異はある)

この診断の場合「「障害」=「非定型」をどこから非定型と診断するのかは、教師次第だ。

教師の「ふつう」がおかしかったら??

そんなことは考えなくても「ふつう」のおかしい教師など山のように知っている。

通知表だけでも、人質を取られたようになっているのに、エビデンスのない「障害認定」」を専門家でない教師がしていいのか?

また、否定形とまでいかなくても、他の子の発達より1~2年遅い子はたくさんいる。

「障害」ではなく、時間が解決する問題だ。

まだ医療の世界でも、認定は難しく、「グレーゾーン」の子が多数いるがそこも含めるようだ。

ただ、「いう事を聞かない子」「自立心の強い子」が先生に刃向ってカルテを書かれる可能生は大いにある。

いじめにしろ、何にしろ隠ぺい体質の学校という特殊な環境で、何が行われるか怖い

 

また、忙しい先生たちは、書類が回ってくれば、それを、まぎれのない事実として扱うだろう。

生徒を見て「この診断おかしくないですか?」とほかの学校に問い合わせる余裕のある先生がどれほどいるだろう?

 

今年3月発表された痛ましい事件は記憶に新しい

他の生徒の万引きのぬれぎぬを着せられて、間違った資料を基に、推薦を取り消されたせいとが自殺した事件

その先生はどうして一言、他の先生に聞かなかったんだろう?

「あの子が本当にこんな事件を起こしたのですか?普段の生活態度からは考えられませんが・・・」と

そうすれば資料が間違いであったことがたちどころにわかったであろう。

 

同じ学校でもこうだ。

小学校から中学校、中学校から高校とまたげば、資料だけが独り歩きする。

「通常学級に通う比較的軽い障害や発達障害の子どもも対象」とのことだが、これが原因でこどもが傷つく可能性も多い

障害認定やその制度が全くがいけないというのではない

その運用に耐えられない学校の現実があるうえで、こんなに危険な決定をすることは、人権侵害だと考える。

 

| 2016.05.19 16:48 | 社会問題 |

自分のタイミングで芽を出す

2016.05.16 Mon

この仕事をして、生徒たちと接していて、一番うれしいのはその子の成長を感じたとき

特に、変化に時間のかかっている子が、自ら変化した時に、何とも言えない喜びというか、「やっぱり!」っていう感じを受ける

そして、いつ芽を出すかは、本人にかかっていて、人が何ともしがたいことも・・・・

芽シャボン

 

私や親などの大人は、何年も生徒たちを見ていて、人生経験もして、

その中から、「こんなことあるかもよ」と予想される出来事や、生徒はあまり意識していない視点を伝える。

たとえば・・・・、「中学と違って高校はあまりにもテストの成績が悪いと、進級できないよ。」とか

新しく中学生になった子には、「定期テスト前にはワーク提出があるから、テスト前だけでなく家に帰ったら勉強してね」

なんて、話をしても、たいてい聞いてはいない

大体中3まで、毎回テスト前に後悔を繰り返す子が多い

 

そんなもんだとは思っているが、言い続ける事(文句を言うのではなく)にも意味があると思う。

頭の片隅にはそれらが入っていて、なんかの瞬間に、自分から行動し始める事がある

 

今年高校に入った子

英語が苦手で、出来なくて、今まで何十年教えてきた子の中でも、ダントツで、びっくりするくらい英語がわからない。

勉強しようともしない。

そんな子が、ある夜LINEをしてきた

「明日までにやりたいので英語わからないところ、教えてもらえますか?」

驚くとともに、本当にうれしかった

 

まもなく、定期テスト

自分から「次回とその次、英語のテスト対策お願いします」と言ってきた

「やる気になった?」と聞くと

「さすがにやらなきゃと思った」とのこと

 

聞いていないようで、ちゃんとどこかでは認識しているんだな。

自分のペースで、どこかでスイッチが入るんだな

 

こんなことが起きるたび、その変化や成長に感動しながら、

この仕事をやっていてよかったと思う

そして、生き物はすべて自分のタイミングで芽を出し、それは早すぎず遅すぎずちょうどいいタイミングなんだと

| 2016.05.16 13:28 | コクリエ国語教室について, 未分類 |

ノートを見れば脳内がわかる

2016.05.14 Sat

ここ数カ月、「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」でおなじみの

高橋政史先生直伝の方眼ノートを皆様にお伝えする準備をしております。

20160429071723

ノートと聞いて、みなさんは何をイメージしますか?

何となく「学校」「勉強」をイメージするのではないでしょうか?

勉強するときに、ノートは欠かせないものですよね?

では、みなさん一生懸命勉強をしてきた中で、

「ノートをこう使ったら、成果が出た!」という秘伝のノートはありますでしょうか?

 

数年前「東大合格生のノートは必ず美しい」という本もベストセラーになりましたよね。

それが本当だとしたら(全員でないことは確実ですが、美しいノートの人も多いのでしょう)

それは、どうしてでしょうか?

 

ノートが勉強の時に欠かせないものである以上、そその道具であるノートに工夫があれば、

勉強効率が上がることは想像に難くありません。

ノートは、生徒個人が書くものです

ノートは、授業や学んだことを、アウトプットしたもの。まとめたものです。

ある意味、ノートに書かれていることは、生徒個人の頭の中を書きだしたものと言えるでしょう。

 

生徒の頭の中が整理されていたら、ノートも整然としていて、わかりやすく美しいでしょう。

生徒の頭の中が、整理されず、わからないことだらけであれば

整然と書き出すことが出来ず、美しいとは言えないでしょう。

 

つまり、ノートは脳の様子を表わしているというのは、当たり前の事。

 

また、勉強の結果は、テスト等で誰かに見てもらう必要があります。

きれいというより、「人にわかりやすく書くこと」は、大事なポイントです。

 

脳の様子を表わすノート、お子さんのノート大丈夫ですか?

毎日毎日使うノートは、頭をよくするノートでしょうか?

 

脳の中身を直接見ることはできませんが、ノートの書き方を教えてあげれば・・・どうなるでしょう?

 

あれ??と思った方、チャンスです!!メッセージ下さい!!詳しくお話しますね

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら

 

| 2016.05.14 19:02 | おすすめの本, 方眼ノート |

教育虐待ってしってますか?

2016.05.12 Thu

東京で、厳しすぎる母親を女子中学生(今は高校生)が殺したとされる事件が報道されました

ニュース

今年2月に、中日新聞に掲載された「教育虐待」

親が、子どもの意思に沿わない受験や進路などを推し進める事が「虐待」であるとして問題化しています。

20160224070753

子供が幼い時代は、本人には情報源がなにもなく、親の意思が子供の意思である事は、誰も疑いません。

いつから、子どもの意思を尊重すべきか・・・難しい問題です。

特に母親は、母子一体化している場合も多く、大学生になっても、親が様々なことを決めるというケースもあります

では、何が問題で何が問題でないのか?

はっきりした線引きができるものではなく、セクハラやパワハラもそうですが、当事者がそれを嫌だと思ったら、問題なのでしょう。

そのためには、信頼関係をもつこと。

お互いに本音で語れるフラットな状態である事。

20160224070803

これにつきるのではないでしょうか?(写真は記事内の私のコメントです)

 

また、母子が密着しすぎて息苦しい状態の場合、父親や第三者(塾の先生などが最適)がサポートすることも重要です

 

いずれも、良かれと思っての事。

悲しい事件です

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら

| 2016.05.12 18:51 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 未分類 |

人生を変える国語の授業

2016.05.09 Mon

前回のブログでもお話したとおり、私は2003年に特別非常勤講師として、公立中学校に一年間勤務しました。

この時の体験は、本当に宝物のようで、私に様々な気づきを与えてくれ、ますます教育に傾倒していきました。

そんななかから、今日もひとつお話をさせていただきます。

 

職員室で、私の前の席に座っていらしたのは、割と個性的な美術の先生。

この先生は、特別支援学級の担任でもありました。

特別支援学級の生徒は、国語や数学などの教科は支援学級で受け、体育や音楽などは普通クラスと一緒に受けます。

そんなわけで、美術の先生でしたが、国語も教えていらっしゃいました。

 

あるとき、給食の時間に先生と話していたら、

「国語の教科書の詩を、短く短くする授業をしたら、生徒たちが大人の言うことがよくわかるようになった、家の手伝いやお使いができるようになった。」とおっしゃるのです。

興味を持った私は、詳しくその方法をお聞きしました。

詩の一行に20文字あったとしたら、それを10文字に・・・とすべての行の文字を半分にする

次は2行を1行にし、字数を半分にする

これを繰り返して、最後に詩を数文字で表わす

 

かなり興味深く、一度見学させてほしいと言いながら、その機会は得られませんでした。

しかし、この話は、私の脳裏に深く刻まれていました。

 

特別支援学級の生徒で、人の指示や話が理解しにくい子に、「半分、半分・・・」と意味は残して文字数を半減させる事で、「意味を理解する」ことが出来る!!

これは、彼らの人生を変える程のすごい学びだと・・・・

「人の言うことがわかる」ことで、彼らが得るものは大きいと思ったのだ

まさに、人生を変える国語の授業である

 

のちに、コクリエメソッドを作る中で、このエピソードは、大きな支えとなりました。

理解力は、能力ではなく、学べば誰でもできる技術である

私は、自分が教えてきた体験からもそう信じています

 

頭の悪い子はいない!!

ぜひ、理解する技術を手に入れてほしい、と思う次第です

 

| 2016.05.09 16:58 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について |

頭の悪い子はいない!!

2016.05.07 Sat

私が塾を始めたきっかけ、教育にたずさわるいきさつを少しお話しますね

2003年いまから13年ほど前に、私は公立中学で1年間特別非常勤講師として勤めました。そこは、愛知県の郊外の1学年6クラスくらいの規模の中学校でした。

私の仕事は、主に中学2年生の各クラスの数学・英語・理科の授業で、TTという、正規の先生の補助として、授業を理解しにくい生徒たちのサポートをしていました。6クラスあるので、すべてのクラスの授業に入れるわけではなく、飛び飛びで入れる時とは入れないときがある、という感じでした。

 

数学の授業のサポートの時にあることに気づいたのです。

普段、休憩時間(名古屋弁で、放課)の時は、とっても元気に走り回っている男の子が、授業中は、小っちゃくなって、気配を消したように、座っています。

近づいてノートや教科書をみても、ほとんど何も書いていない。

黒板すら見ず、下を向いて背を丸めて、休憩時間の彼とは別人でした

「どこかわからない?」と声をかけると、何も言わない・・・・

どこがわからないかもわからないくらい、授業に参加できない、そこにいないかのようでした。

そんな彼の後ろ姿は、こう言っている気がしました

「どうせ、僕なんか・・・頭が悪いんだから・・・」

あるとき、ちょうど数学の新しい単元に入った時に彼のクラスに入りました。

単元の最初は比較的簡単なので、彼の近くにいて、授業の進度にあわせて、ひとつひとつ説明していきました。

彼のペースで、彼が納得いくよう、言葉を選び、言葉の意味を噛み砕いて説明しました。

すると、彼は、しっかり理解したようで、練習問題も自分の力で解きました。

「きちんと説明すれば、理解できるんだ」

いつもと違い黒板に顔を向け、みんなと同じように授業に参加している姿を見ながら、そう思いました。

 

ところが、次にそのクラスに入った時、たぶん2時間ぶりくらいでしたが、彼は、もうすっかり前の彼に戻っていたのです。

背を丸め、小さくなって、授業に参加できていません。

またもやこんな心の声が聞こえた気がしました

「やっぱり、ぼくなんか・・・頭が悪いからしかたがない」

近づいて、声をかけても、もう受け入れてくれませんでした。

 

毎授業、毎授業、毎日毎日彼はこんな風に時間を過ごしているのか?と思ったら、やるせない気持ちになりました。

ただ、その時の私は力不足で、それ以上何もすることはできませんでした。

 

その後、塾に勤務し、国語を教えていく中で

「勉強する前に、国語力。日本語を理解する能力を身につければ、

他の教科も理解できる」と発見しました。

全ての教科の教科書や問題集は、日本語で書かれ、教師は日本語で説明しています。

驚くことに、生徒たちは、国語力をつけると、算数(数学)社会など、他の教科が、わかるようになった、と報告をしてくれるようになったのです。

ある子はこう言ってくれました

「私、頭がよくなったみたい」

国語力をつけること、「学び方」を身につけることで、

生徒たちはやっと自分の本来ある能力を発揮し始めるのです。

 

実は、勉強が出来るようになる鍵は、日本語理解=国語力にあったのです。

先ほどの男の子は、

彼のペースで、彼が納得いくよう、言葉を選び、言葉の意味を噛み砕いて説明したことで、「日本語を理解」し、数学を理解したのです

この問題点は、噛み砕いて言葉を説明してくれる人がそばにいなくては、いけないこと。

自分でこれが出来たら・・・・いいですよね?

実は、コクリエ国語教室では、単純に国語を教えるというよりは、国語教材を使って、文章を理解する力=読解力を学びます。

そうすると、自分でわかりにくい文章でも噛み砕いて理解することが出来る様になります。

 

「頭の悪い子はいない」

あの時の彼に伝えたいと思います。

学び方をきちんとおしえてあげられなくて、ゴメンネと・・・・・

| 2016.05.07 13:42 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について |

コクリエ国語教室ご近所散歩

2016.05.03 Tue

コクリエ国語教室は、名古屋駅から徒歩7分ほどの、笹島エリアにあります。

このあたりは、ビルや駐車場、飲食店など新しい建物が多い地域です

そんなエリアに、場違いな石碑をみつけました

20160503061320

夏目漱石の「三四郎」に出てくる宿の跡地だそうです。

20160503061344

今は、コインパーキングになってしまった宿屋跡。

それでも、この石碑が、歴史を伝えてくれていますね。

この石碑は、笹島から、コクリエ国語教室のあるオリファビルを通り越して(地図だと名古屋高速方面に)次の角の手前側にポツンとあります。

名古屋駅から徒歩で約8分程度でしょうか?

お時間があれば、お散歩たのしんでくださいい。

20160503062555

| 2016.05.03 18:33 | コクリエ国語教室について |

どうして考える力が必要なのでしょう?

2016.05.02 Mon

コクリエ国語教室では、小論文・意見文を書く授業があります。
考える力を養うことが目的です。

 

今の受験制度では、大学受験又は公立中高一貫などでは小論文のテストはありますが、ほとんどの学校ではこの授業をすることはありません。

高校生でも、必要な人だけが、個別に先生に教えてもらうか、予備校で学ぶ程度です。
しかし、現在進められている教育改革の中では「考える力」をつける事が最も重視されています。
「考える力」が最もよくわかるのが、小論文・意見文であり、今後大学入試は、小論文が増えていくであろうと考えられます。
まだ、大学入試なんて先の事・・・なんて、考えていらっしゃる父兄の皆様、お子様方・・・
「考える力」は一朝一夕につくものではなく、早い段階から習慣化することが重要であると考えます。

 

そもそも、何故大学入試制度が変わるのか?
何故「考える力」をつける必要があるのか?
それは、社会の変化、世界における日本のポジションの変化に関係します。
私たちが、学校で勉強した後は、就職または自分で仕事をします。
ある意味勉強のゴールは、社会で活躍する人材を作ることです。
社会が大きく変われば、必要とされる人材や能力も変わりますよね。

50年60年前、戦後間もない日本は、工業国、製造業中心の国として発展しました。
世界の工場として、安く品質のいいものを作り、その後はメーカーとして工場は国外に移りましたが、必要な人材は変わりませんでした。
必要だったのは、従順に言われた通りに工場で作業する人材。

管理職にしても、疑問を差し挟むことなく、会社の命令に従っていればある程度安泰で人生を終えられる。
ところが、今、どうでしょう?
シャープは、海外に身売りし、東芝、三菱自動車などが実は世界水準においつけず、ごまかして生き延びていたことが発覚しています。不正やごまかしに疑問を差し挟む社員は、いなかった、または残れなかったのでしょう。

 
今後、日本企業はどのように生き残るか?
企業が、新しく採用する人材に求めているものは「クリエイティブさ」や「プレゼン力」など、今までの学校では教えてこなかったものばかりです。
言われた通りに、余計なことを考えず受動的に学ぶ人材は必要とされず、自分で考え、上下の区別なく意見をはっきり言える人材を求めています。グローバルな社会に対応できる能力を持った人材が必要なのです。

この社会の求めに応じて、大学入試制度が変わります。(現在に中二からです)
「自分で考える」ことは、誰かが教えてくれて、短期に身につくものではありません。
長い時間をかけて考える習慣を身につけることにより、わざわざテスト前に入試対策をする必要は無くなリます。
というより、テスト前の付け焼刃の対策では、合格水準には達しません。

どんなことをするの?
難しく、特別な人しかできないのでは?
そんなことはありません。
簡単なことから「考える習慣作り」を日常にする方法をお伝えします。

ご興味のある方は、お問い合わせください。

弊社ホームページ お問い合わせ

http://cocurie.jp/contact/index.html

| 2016.05.02 20:27 | 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 考える力をつけるには? |