コクリエ国語教室

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

考える力を育む

2017.09.28 Thu

「ちゃんと考えなさい」

そんな風にお子さんに言うことないですか?

IMG_2126

 

言われた方は「えーっと、、何すればいいの?」

と疑問に思うものの、なんと聞いていいかわからず黙って「考えたふり」

で、結局「ちゃんと考えなさいと言ったでしょ?なんで考えないの?」

と怒られる、、、

考えるって何をすればいいのかわからないまま大人になり、

「ちゃんと考えなさい!」と子供に言う、、と言う連鎖

 

考えるためには?

 

こちらの記事にあるように、お子さんに考える力をつけるには

身近な人の「質問」が効果的です。

どう考えるのか?その方法を質問で誘導して行きます。

答えに誘導するのではなく

「考え方を身につける」ために、質問してくださいね。

 

しばらく続ければ、自分で質問を作れる、自問自答できるようになります。

これが、「考える力がついた」状態です。

 

中学生などでは、考える力がなくても、なんとか点数が取れたりします。

しかし、その後、伸びません。

 

目の前の点数を取ることではなく、考える力を養うことが勉強の大きな目的です。

 

日常生活の中で、小さな頃からできる考える力を育む方法です

 

| 2017.09.28 19:12 | コクリエで学ぶこと, 考える力をつけるには? |

子どもたちと一緒に季節を感じる

2017.09.26 Tue

IMG_4966

昨日、どこからともなく、金木犀の香りが漂ってきました。

今日は近所の田んぼで稲刈りが始まり、稲を刻んだ青臭い香り、新しい畳の香りが漂っていました。

秋が深まっていますね。

IMG_4967

皆さんは、今年、どんな秋を見つけましたか?

 

昨日、小学生の授業で「手紙を書く」をやって見ました。

日曜日にお話を聞いたひきたさんのお手紙教室を真似て。

その中で「季節の挨拶を入れる」というのがあり、とてもいいなぁと思ったのです。

 

季節の挨拶を入れようと思うと、この本文の最初のように、

日常生活から季節感を自分で感じる必要がありますね。

季節の変化にどうやって気づくか?

それも教育だと思うのです。

私たちは、お父さんやお母さんおばあちゃんたちの

「あ、金木犀だね。秋だね」とか

「この香りは、稲刈りが始まったね。いよいよ収穫の秋だね」

なんて会話を聞いて、頭の片隅にインプットします。

あの甘い匂いが金木犀という花の匂いで、秋に咲くことは、誰か知っている大人が

それを幸せそうに話題にしてそうなんだと認識できるのです。

それは、日常生活で得る、生活のなかで得る生きた知識

これは、身につきます。

 

虫好きなら虫から、お花好きなら花から、お月見など季節の行事を

いつも家族で楽しむということでもいいですね。

 

私たちは、五感で様々なものを感じていますが、それを意識するのは

そのうちの一部だけです。

自分にとって意味のあるもの、価値を置くものだけを選択的に意識に上げ、

あとの情報は捨て去ります。

だから、感性を育むにもこのような教育が必要だと思うのです。

 

メールや、Lineで用事や情報のみを伝えることが多い今、

情緒や気持ちを大切にするには、こんな日常のさりげない会話が

大事ではないかなぁ?と思います。

教育でも頭の知識だけでなく「感じることが大切」と言われます。

自分の意見を持ったり、選択するには、感じる能力が大切だったりします。

感じることを親子一緒に始めませんか?

新しい教育制度で重要とされる、考える力、それを具体的に現す

作文、意見文、小論文も、自分の意見にプラスαの感性が乗っていて初めて

その人らしいとてもいい文章になります。

 

 

 

昨日教えていた子は都会に住んでいるので、私のように季節を感じる

自然が身近にないようです、そんな場合はお花を買ってくるとか、

スーパーで買い物する時にこれはこの季節なんだよなんて話してはいかがでしょう?

または、季節を感じに、休みの日は少し郊外まで 脚を伸ばすとが。

 

あなたの秋はどんな秋ですか?

どんな香り、どんな味、どんな音に秋を感じますか?

それを教えてくれたのは誰でしょう?

| 2017.09.26 16:44 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験 |

中学受験のメリット〜有名私立中学のいいところ

2017.09.21 Thu

開成×灘式思春期男子を伸ばすコツ

随分前に買った本ですが、やっと読めました

IMG_4836

私立の学校のいいところは、教育方針がしっかりしているところ

特に、難関校になると、独自の取り組みを長年にわたって、

信念を持って継続している。

目の前のテストの点数や、損得勘定ではなく、

長い目で見て、人格形成に必要だと思われる事に力を注いでいる。

思春期男子ばかりがいる環境で、その子達に必要な経験、生きた学びがある場なのだ。

 

「信念のある教育方針」のある公立校がいくつあるだろうか?

基本的に先生達は公務員であり、転勤がつきものなので、

公立校でこだわった教育方針を持続するのはなかなか難しいのではないだろうか

 

いくつか気になった部分を挙げてみる

 

★開成    ☆灘

★放任主義で失敗を経験させる。自立と自律を育む自由

☆自由なものの中には、自己責任と自律の気持ちがないと成り立たない

男子校にこだわる理由

★中高時代は女子の発達が早く、男子は補佐的になる。男子ばかりだからこそ先輩後輩で学ぶことがたくさんある

☆男子校だからこそできる事が沢山ある。伝承がある。

 

★面倒見の悪い学校ですが、生徒は世界一優秀。先生は見ているだけ。生徒は問題解決力が身についている

☆受験勉強でなく、大学、社会に出てから役立つ学びを意識。

★思春期という勉強が手につかなくなる時期があります。その時期が高校受験にぶつかると厳しいですね。

☆授業を再現するため 、板書を丸写しでなく、じぶんなりのノートを作る

★何回書いて感じを勉強しなさいという管理教育はせず、自主性を重んじます。勉強方法も個性。自分に合ったやり方を見つけ、それを許す学校に行けば幸せに過ごせる

 

高校入試がないぶん、内申を気にしなくていい分、生徒達は自らの知的好奇心に沿って学び、切磋琢磨し、傷つき立ち直り、自分の道を見つけていく。

 

もちろん優秀な子達だから、とは言えるが、この本を読んでいると、公立中高の環境が、気の毒になる。

 

私立受験をするかしないかの参考にもなるので、興味のある方は、一度読んで見てください

| 2017.09.21 18:26 | おすすめの本, 中学受験 |

漢字のとめ、はね問題

2017.09.19 Tue

先日のお話会の時、お母様方から出た話題に

学校の先生がかなり強力に、漢字のとめ、はねの間違いをチェックする

という話題で、多くのお母さまが「ある、ある、、、」と

中には、大人が見て、何故ここまで?というレベルでこだわりがあり、

何が正解か、もう、わからず、子供とともに先生に怒られる、、と。

iroennpitu

確かに、正しく漢字を書くことは大切ですが、程度にやりますね。

漢字が嫌いになるレベルにまで、こだわるのは、先生のコントロールしたい気持ちからでは?

注意すべき箇所を、しっかり教えて、それと違っていたら、正したらいい。

 

と、思っていたら、こんな記事が、、、

 

「漢字のとめ、はね問題」記事はこちらから

http://toyokeizai.net/articles/-/188728?display=b

 

そもそも、漢字のとめやはねの中には「どっちでもいい」ものが多数あると。

それでは指導しにくいから、基準として、示しているだけなんだそう。

この記事の記述が正しいのであれば、ですが、

先生の厳格な指導は、子供のやる気を削ぐだけのもの

先生自身の自己満足に過ぎないのでは?

 

勉強において最も大切なものは、「勉強って楽しい」と思えること。

最初は多少間違って覚えたとしても、やる気をなくすくらいなら、後々修正したらいいんじゃないかなぁ?

 

ご批判もありましょうが、、、

 

| 2017.09.19 18:59 | 社会問題 |

大学入試改革お話会in一宮ピルエット

2017.09.14 Thu

IMG_4789

2020年大学入試が変わります

あと3年、今の中学3年生からが対象です

あっという間のことなのに、あまり浸透していない

「まだ先のことだし」

「入試って、中学入試?」

「うちには、関係ないのでは?」

そんなふうに思っていらっしゃる方が多い、主に小学生のお子さんの

お母さまにお集まりいただきました。

 

「明治以来の教育大改革」

「大学入試が変わるだけでなく、国の教育の方針が変わる」

「新しい時代に必要な学力とは?」

 

そんなお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4794

 

お話会が終わってからは、ロコモコプレートランチ

美味しゅうございました

| 2017.09.14 19:31 | 2020年度新大学入試, 大学受験 |

貧困格差は、〇〇格差

2017.09.09 Sat

「貧困の格差」

教育を語るとき、このキーワードはよく出てくる

親が貧しいと、塾など教育費がかけられなかったり、高校や難関大学に進めないために、収入が少ない

貧しさが連鎖するという文脈で語られる事が多い。

detail_pop

これは、本当なのでしょうか?

私が教育業界で見聞きした事によると、そうとも言える部分もありますが、そればかりでもないと言えます。

もっと大きな問題、関連性があると考えています。

 

「貧困の連格差は、思考格差」という記事です

http://www.mag2.com/p/money/293416/2

 

子どもはどうして、学ぶようになるのか?

逆に、学ばないようになるのか?

 

個々の事情はあるし、同じように育てた兄弟で違うなど、反論もあるでしょうが、、、

 

子どもは親の背中を見て育つ

 

親の考え方や習慣が大きく影響します。

 

勉強しなさいと言っているのに、親が勉強している姿は見た事がない

 

本を読みなさいと言いながら、親は読まないまたは漫画本だけ

 

家での話題は、週刊誌のゴシップや、愚痴

 

休日は仕事の憂さ晴らし

 

これで、子供が進んで勉強したり、読書したり、良い人間関係を築いたり、人を尊敬したり、、するでしょうか?

 

人は、置かれた環境の影響を大きく受けます

 

親が人生で上手く 考え方や習慣を実践していれば、こどもはそれを身につけるでしょう

努力をしたり、あきらめなかったり、上手くいかないこともいろんな方法でやり直して見たり。

子どもは、親の(私)何を真似ているのでしょう?または、反面教師にしているのでしょう?

 

恐ろしいことですが、考えてみるといいかもしれませんね

| 2017.09.09 15:24 | 社会問題, 考える力をつけるには? |

ホームページプチリニューアル〜お話会へのお誘い

2017.09.07 Thu

8月末に、ホームページをプチリニューアルしました。

ぱっと見た目は変わらないんですがね

IMG_4729

 

ホームページを作ってから2年半

本当にたくさんの方と、ホームページを通じて出会ってきました。

ご縁のある方は、繋がるものだなぁと、驚いています。

 

今回のリニューアルは、今一番力を入れたい事、伝えたい事を

ホームページに反映したいと思い、始めました。

 

その第一弾は、これ

IMG_4730

2020年の大学入試改革

2年半前にも書いていたのですか、まだまだ業界の人間以外は馴染みがなくて、、、

あまり前面に出していませんでした。

今の中学3年生からが対象ですが、正直言って、関心のある方は、少ない、、、

 

本当に驚くほどの大革命

今までの常識が非常識に

ダメだった事や、子が、評価されるように、、

 

大丈夫かな?間に合うかな??

一朝一夕に変われるものではないのです。

意識改革が必要なのです

 

一番しわ寄せが来るのは、受験する生徒

なのに、今だに詳しいことは学校では教わっていない、、、

 

ってことで、お母さまに大学入試改革について伝えて、

家庭でできる対策をして欲しいということでセミナーやお話会をしています。

 

近々は、来週の9月14日、一宮のカフェピルエットでお話会をします。

ピンときた方、是非いらして下さい

 

9月14日10時から12時

会費   3000円

終わったあと、ご希望の方は別料金でランチもご用意できます

ランチはお申し込み時にご予約下さいませ♪

お申込み先はこちらまで
☎0586-52-2185 ピルエット

http://www.pa-du-due.jp/pirouette/inq.php

 

| 2017.09.07 18:06 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室からのお知らせ |

ご参加いただいた方の声〜大学入試改革セミナー

2017.09.05 Tue

IMG_4106

大学入試改革のお話会、お茶会を昨年より何度か開催致しております。

ご参加いただいただいたお母さまからの声をいくつかお伝えします

 

★男子中学生のお母さま

新しい大学入試は、今までと全く違うことが今わかってよかったです。

国語力の必要性がよくわかりました。家でやってみます。

 

★中学生のお母さま

一緒に受講した、同じ年代の母たちの話が聞けたことがよかったです。

気さくにどんな質問もできたところもよかったです。

 

★女子中学生のお母さま

今後の入試の試験の様子が少しイメージ出来ました。

日々の暮らしの中で、いろいろなことに興味を持つことで国語力を上げられることがわかりました。

 

★男子中学生のお母さま

話がわかりやすく、参加者の考えや気持ちに寄り添い表現されていたのが、スムーズでよかった

 

 

 

| 2017.09.05 16:29 | 2020年度新大学入試, 出席者の声 2020入試改革セミナー |