コクリエ国語教室

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

個性的すぎて、理解出来ない子の世界は、、

2017.04.03 Mon

IMG_2643

 

「COCORA  自閉症を生きた少女」天咲  心良

 

衝撃的な本である

発達障害のひとつ、自閉症スペクトラムと診断された著者が、自叙伝として書いた本

本人の内側で、どんな事が起こっているのか、何故なのか?が、

本人視点で描かれている事が画期的だ。

癇癪持ちで、人の顔も区別がつかず、人の気持ちもわからず、

団体行動が出来ない主人公ここら

 

ここらの家庭、おばあちゃん、両親、姉からも、「頭がおかしい」「生まれて来なければ良かった」と心無い言葉を浴びせられ続け、ほぼ虐待状態。ひとりも味方になる人はいない

自分で自分の制御もできず、人の話を聞いたり

理解したり、言われた通りに出来ず、

小学校に行けば、かなりおかしいエキセントリックな教師にあたり、毎日ターゲットとなり吊るし上げと、生徒によるいじめ

 

何が嫌で、暴れるのか?

なぜ、奇声をあげるのか?

なぜ、いう事を聞けないで何度も禁止事項をやってしまうのか?

 

それは、自閉症スペクトラムという、発達障害のひとつ、脳の障害なのだが、

その感覚、違和感は子どもだから説明できず、他の人と違うので理解されない。

わがままで頭がおかしく、言う事を聞かない頑固な困り者とレッテルを貼られる

 

感覚が他の人と違う

衣服は、チクチクしたり違和感がひどくて、特定のものしか着られないから、着たきりスズメで臭いと怒られる

何かを食べても味がわからず、嫌な感触しかなく、給食を先生が求めるスピードで食べられない

シャワーや風呂の水が肌に当たる感覚が耐えられず風呂に入れない

音などに敏感

 

慣れたことしか対応出来ないので

教室が変わっても、いつものトイレしか使えなくて、粗相をする

知らない場所ではパニックを起こす

 

言葉通りにしか受け取れないので

人の言うこと、意味を理解出来ない

 

衝動的な側面を制御できないので

親身になってくれる人、人の親切にも結局裏切りで返す

 

などなど、、、

周りの大人や子供から、到底理解されない行動と発言ばかりする。

 

本人の記憶による描写なので、本当にあったことなのか?と首を傾げたくなるほど酷い周りの扱い

家族も酷い     かなり偏った人たちばかり

学校の先生も酷い    特に1年生の担任は人格異常だろう

クラスの同級生も酷い  先生というリーダーの言う通り悪ノリでいじめ続ける

 

小学一年生またはそれ以下で、

自分の感じている事を説明することもできず、

何を言っても信じてもらえず、まともに受け取られず、

どこにいてもひとりぼっちで、仲間も居場所もない。

 

この物語が本当なら、周りの対応もあまりにひどく、読んでいて痛すぎるが、

こういう感覚の違いすぎる、独特の世界観にある人がいるという想像力を持つこと、ひとつの世界観をしることは、決して無駄ではないだろう

その行動や反応でしか判断できない周りの人にとって

ここらさん特有な点もあるだろうが、本人視点で詳しく描かれている事は理解したいと思っている周りの人には役に立つ

特に、子育てで困っているご両親、教育関係者、心理的サポートをする人には一読をすすめる

IMG_2646

今のところ.小学校編と思春期編が出ており、続編も予定されている。

とにかく圧倒され、ほぼ1日で2冊一気に読んでしまった。それほど衝撃的で、新鮮で、惹きこまれた

 

| 2017.04.03 15:02 | おすすめの本 |

第一回お話会in弥富 開催

2017.04.02 Sun

IMG_2614

先日、弥富でお話会をしました

《子どもを幸せな受験生にするために》と題し、

2020年度から始まる新大学入試制度が、

なぜ実行されるのか?

どう子育てしたらいいのか?

学習について

 

など、お話しさせていただきました。

 

会場は大好きな、スィーツカフェハルさん

午前中開催だったので、モーニングを頂きました

皆さん、当然ケーキモーニングをチョイス

(写真は以前のもの)

 

IMG_9801

みんな、モーニングをいただくのも忘れ、お話に聞き入ってくださいました。

弥富で0歳からの幼児教育教室を開催されている中島優子さんが企画して下さいました。

おかげさまで満員御礼‼︎

 

お子様の年齢は3歳くらいから中学生まで多様でしたが、気になることは一緒

 

IMG_2616

 

今回の改革は、明治以来の大改革

それに合わせて、ご家庭でも意識改革が必要です。

学校、塾に頼りきりの一括教育でなく、ひとりひとりオーダーメイドの教育が必要だからです。

 

社会は大きく変わっている

それをまずお母さまが知って欲しい。

 

次回4月8日午後にも開催します。

おかげさまでこちらも満員御礼‼︎

聞いて見たいなぁという方、5枚以上いらしたら開催できます‼︎

お問い合わせくださいね

| 2017.04.02 18:39 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

学校不要論!byホリエモン

2017.03.25 Sat

「すべての教育は洗脳である」 堀江貴文  光文社新書

 

ホリエモンらしい、とてもストレートで論理的な内容だ。

 

IMG_2512

世の中は二種類の人に分けられる

貯金型は、「いざという時のため」備えるタイプ

やりたいことを我慢し、ボスに従いやりたくないけどやらなくてはいけないことをする

もう一つは投資型   自分のしたい事にすべてのリソースを投下する。

したくないことはせず、自分が夢中になれる事だけにリソースを費やす

 

「いざという時のための」 貯金、勉強、学歴、資格

イザはいつ来るんだろう?

インターネットの時代、昭和のイザは、もう通用しないのに、学校だけは昭和のまま、、、

 

学校も会社も洗脳

思考停止になり、自分のしたい事は迷子のまま、、、

 

ローカル人材とグローバル人材

どちらを目指したいか?

 

今までは、教育分野は、何十年も学校と塾に丸投げのしていたと言っても過言ではない。

それが、これからは、ひとりひとり違う道を選ばなくてはいけない。

 

「いざという時のための取り敢えず進学」は無駄でしかない。

 

お母さま、お父さま。この本を手にとって、読んで見ませんか?

そして、出来れば子どもにも読ませてあげてください。

知らない言葉があっても、なんとか読めるでしょう。

一緒に考えて話し合って見てください。

この子は、どんな教育、どんな興味があるのだろう?

 

ひとりひとり違う世の中には、今の教育制度は、合っていないようです。

 

| 2017.03.25 12:14 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, コクリエで学ぶこと, 中学受験, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

受験と親の関わり〜下克上受験に学ぶ

2017.03.23 Thu

先日、テレビで「下克上受験」が最終回を迎えました

私も全部ではありませんが、よく見ていました。

面白おかしい脚色がありましたが、しっかりした内容だったと思います

IMG_2491

 

原作は同じタイトルの実話本

両親ともに学歴は中卒

おじいちゃんおばあちゃんも中卒

そんな家庭の中で、子供には自分と同じ道を歩いて欲しくないと思ったお父さん

中ぐらいの成績の娘を、塾に通うことなく

お父さん自身が指導して受験に向かったストーリー

 

ドラマも面白かったが、ディテールは省かれているので、本の方がリアル感が伝わります。

 

事の始まりは、お父さんが娘を何よりも愛していたから。

「こんな素晴らしい子が間違って我が家に産まれた。自分たちと同じ道ではなく、

幸せになるべき子だ」と思ったことだ。

そして、お受験ブログから様々な情報を得て、問題集を買い込み、塾テキストをオークションで手に入れ、自宅に塾ルームを作った。

5年生の夏から始まった、少し遅い下克上受験。

どんなに教えても、なかなか覚えない娘。

二人三脚で、お父さんも娘も一緒の問題を解く。

教える人と教えられる人ではなく、ともに学ぶ。

そんな顛末を描いた実話ストーリー

 

この本を読んで、学ぶべきことは

親が「ともに学ぶ」という事。

教えるのではなく、横に並んで学ぶ。

 

子供と同じ視線で物事を見ているという事。

 

ともすると、親も先生も、

対面で「上から視線」で 子供を見がちになる所、

横並びで同じ視線でいると感じた。

 

押し付けない一生懸命さ

言葉にしなくても伝わる信頼感が、

 

子供にとって、安心感になるのでは?

 

受験をしなくても、一度読んで見られるといいと思う、いい本です

 

| 2017.03.23 18:56 | おすすめの本, 中学受験, 考える力をつけるには? |

春休みにお茶会開催します In 弥富

2017.03.22 Wed

《小中学生のお母さんへ

子どもを幸せな受験生にするには?》

IMG_2394

3月30日と4月8日にお話会&お茶会に登壇します

教育大改革を知っていますか?
2020年から「考える力」が必要とされる試験に変わります。それに伴い、既に今年度の愛知県の公立高校テストが変わっています。
塾や学校任せにしない、出来ない大改革です。

改革で「求められる基準」がほぼ真逆になります。

どんな教科も出来る子より、一つの分野で突き抜けている子

人の言うことを聞く子より自分の意見を言える子
お母さんが今すぐできる小中生の勉強法や接し方をお伝えするお茶会を開きます。

コクリエ国語教室の黒川葉子先生をお招きして
小中学生のお子さんに役立つ、受験に関するお話をしていただけることになりました。

 

お楽しみに

日時
3月30日(木)10時開始
10時〜11時 お話会
11時〜12時 お茶会

4月8日(土)13時開始
13時〜14時 お話会
14時〜15時 お茶会

定員6名

会費 3000円(お茶、お菓子付き)

場所 弥富市(詳細はお申し込み時にお知らせします)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お申し込み方法

お電話又は申込フォームにてお願いします

http://cocurie.jp/contact/index.html

 

 

《お母様のお名前》
《お子さんの学年》
《希望日時》
をメッセージにてお知らせくださいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
講師プロフィール
黒川葉子
コクリエ国語教室主宰 教育アドバイザー
小学生から大学受験生まで、読解力、国語の受験対策、小論文を中心に教える。
その経験から「受かる子」「残念な子」が事前に分かる。国語だけでなく、受験生と家族のメンタル面のサポートが得意

| 2017.03.22 16:18 | 2020年度新大学入試, 相談会・説明会・イベント案内 |

記憶と感覚〜ゴッホとゴーギャン展

2017.03.16 Thu

IMG_2392

 

先日、愛知県美術館で3月20日まで開催されている「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきました。

 

ゴッホとゴーギャンは同時代の画家で、交流があり、

ゴッホがパリから南仏のアルルに移住した後、

一時一緒にアルルに住んでいました。

 

ゴッホはゴーギャンの才能を評価し慕っており、

ゴッホが精神的な発作を起こし耳を切り落とした事件後に

ゴーギャンはパリに帰りました。

 

展示は時代ごとに両者の作品を展示しており、

アルルの時代のコーナーに差し掛かりアルルという文字を見た時

ふと、以前アルルを旅した時の感覚が蘇ってきました。

 

私が電車でアルルに着いた日は、とても暑い夏の日でした。

なぜだか、駅から宿まで歩いて行くことになり、

アルルの乾いた田舎道を、重い荷物を持って、てくてくとあるきました。

道端には、ラベンダーが群生しており、それを摘んで香りを嗅ぎながら、灼熱の道を歩き続けました。

 

アルルという地名を目にした時、一瞬にして、その時の暑さ、乾いた空気、ラベンダーの香りが蘇ってきたのです。

 

記憶というものは、こういうものだと思いました。

五感と共に、体験と共に記憶は成立するのが自然なのです。

そうやって培われた本物の記憶は、忘れるわけはありません。

 

だから、教科書や教材だけから頭だけで得た記憶、体感、経験を伴わない記憶は、

薄っぺらく再現性が低い。

 

それを続けること、強要される事は、苦痛でしかないでしょう。

経験や体感、感動を伴う記憶が、自然な記憶。

自然に沿った形で学習環境を作れないだろうか?

 

理科の実験や、体を動かし心を動かすワークと共に学ぶことが出来れば、

「記憶すること」は自然なのではないでしょうか?

学ぶことの楽しみを味わうようになるのではないでしょうか?

より自然で楽しい学び方、学びの場を工夫していきたいですね。

 

ゴッホとゴーギャン展での、アルルの記憶からそんな事を考えました。

類稀なる才能のふたりの展覧会

見ごたえたっぷりです。混んでますが、、

 

| 2017.03.16 13:10 | コクリエで学ぶこと |

教育が変わる‼︎まずお母さま方が学ぶ時代です!

2017.03.15 Wed

IMG_2407

 

2020年大学入試が変わります。

明治以来の大改革だと言われています。

第一弾は、新中3から第二弾は新小5からが対象です。

センター試験が廃止になり、代わりに大学入学希望者学力評価テスト(仮称)

が始まります。

大きな違いは、第一弾では、数学と国語に記述式問題が導入されると言う事です。

思考力、判断力、表現力をみるところが、大きなポイントです。

 

どうして大学入試が変わるのか?

それは世の中が変わり、社会で必要とされる人材、能力が大きく変わったからです。

具体的には、こんな感じ

IMG_2408

求められる資質、能力、評価が、180度変わると言ってもいいでしょう。

正解を求めず、苦手なものを克服せず、努力しない。

ケンカもしてしまうなんて、、

つまり、これより前の世代の常識が通用しないのです。

お子さんに今まで通りの「いいこ」になる教育だけをしていては、大学入試や就活では評価されなくなってしまいます。

 

どういうことかと言うと、お母さまがたが、新しい時代に向けてお子さんをどう育てるか?を学ぶ時代になったのです。

「正解がない世界」 なので、子供の個性と、未来の社会や生き方をそれぞれの子ごとにオリジナルに考える時代なのです。

 

私は家庭での在り方で、この変化の多くの部分はクリアできると思っています。

「考える力」をつけるのは、お子さんの前に、保護者の方。

あら〜!大変?

やった〜!楽しそう?

 

お母様方とそんなお話をしたり、話し合うお茶会を企画しております。3月30日と4月8日、会場は弥富の予定です

お問い合わせください。

08045250709黒川

この情報元はこちら

 

 

IMG_2409

| 2017.03.15 15:06 | 2020年入試対策イベント開催のお知らせ, 2020年度新大学入試, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室からのお知らせ, 大学受験, 社会問題, 考える力をつけるには? |

合格を手にするためには、〇〇が必要

2017.03.13 Mon

IMG_2393

サクラサク

 

3月も中旬になると、中学生、高校、大学共に入試も終わり、受験結果も多くのところでわかってきたころですね。

受験に合格するには、もちろん長い期間をかけて努力していく必要があります。

 

ただ、私たちの立場から見ると、かなり初期の段階で、「合格する子」はわかります。

それは、その時点の成績ではありません。

初期の時点で成績が伴わなくても、「合格するな」と思った子は、徐々に成績を上げていきます。

もちろんその逆、初期の成績が良くても、、、というお子さんもいらっしゃいます。

 

その違いは、何でしょう?

 

それは、ざっくりと言うと「性格」です。

私の経験からの仮説では、、ですが、

 

★素直な子

★スケジュールなどをコロコロ変えない子(安定している)

★自分を認めている子

 

は、合格確率が高いと言えます。

 

こういう子は成績は、後からついて来ます。

 

つまり、受験勉強の前、「人格形成」の時点でかなりの違いが出ているということです。

早期教育で知識をつけるより、その子の良さを伸ばし、心身ともに素直にスクスク育てることが、一番の教育です。

 

もう一つ、

ご家族の見守る視点も、大きいと思います。

安心できる居場所を家で提供しているか?も違いを作ります。

受験勉強は過酷です。

その中で、ホッとできる居場所があること

暖かい美味しい食事

は、エネルギーの補給になります。

 

是非、ご家庭はそのような場所にして下さいね!

 

直接私の声でお伝えしたいことが、まだまだあります。もっと深めてお母様方にお伝えするお話会を行なっております。お話1時間と質問タイム1時間のお茶会です。

今決まっているのは

3月30日と4月8日に弥富で開催します。残席わずかです。

ご興味のある方はお問い合わせください

08045250709黒川

 

 

| 2017.03.13 15:19 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験 |

思考整理に方眼ノート体験会

2017.03.10 Fri

思考整理の方眼ノート勉強会を開催します

IMG_2378

会場:エニシア名古屋

名古屋市中村区名駅4丁目26-10ファーストビル6階

以前の開催の様子は   こちらから

 

お申込み・お問い合わせは

080-4525-0709 黒川

又は  http://cocurie.jp/contact/index.html  お問い合わせフォームより

| 2017.03.10 14:14 | 方眼ノート, 相談会・説明会・イベント案内 |

わかっているのに、成果が上がらない子へ

2017.03.08 Wed

IMG_2126

一生懸命勉強しているのに、テストなど成果に結びつかないお子さんがよくいらっしゃいます。

それは、何故なのでしょう?

どうしたらいいのでしょう?

今日はそんなお話をします

 

多くの生徒たちは、授業を聞いたり、自分で勉強して「わかった!」といいます

でも、その後問題集を解いたり、テストだったりで、分かったはずのことができないことがよくあります。

私はそんな生徒たちによく、こう説明します

 

まず、最初は「わからない」よね

次に習って「わかった!」になる。

ここで気を緩めちゃダメだよ

次は「出来る」

問題集などで、似た問題をたくさん自分でやってみて、「出来る」になる

大体ここまではやるね。ワークを一回やって、提出まで。

でもね、これじゃ足りない。まだ次がある

ちょっと基本を変えてあったり、応用問題になると出来ない。

テストなど緊張した状態だと出来ない

それはね、勉強不足。大事なステップをやってないの

次はね「いつでも(何でも)出来る」

 

ここまで仕上げたら、緊張しちゃう人も大丈夫だよ

わかった?

「出来る」から「いつでも出来る」の間は結構距離がある

一旦ここまでやるようにすれば、レベルアップ間違いなし

もうひとステップ、もうひと頑張りトライしてみてね

 

こんな風に、成果が上がらなかったお子さんに話してみてはいかがでしょう?

| 2017.03.08 11:37 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 考える力をつけるには? |

« 前のページ | 次のページ »