コクリエ国語教室

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

勉強の基礎力は国語というのはなぜか?

2020.02.25 Tue

春休みに集中して通いたいのですが・・・

最近そのようなお問い合わせを多数いただいております。

特に春期講習というわけではありませんが、

春休みは国語を集中的に学ぶチャンスです。

夏休みや冬休みと違い、宿題もなく、新しい学年への橋渡しの時期。

なぜ、国語なのかというと・・・・

すべての教科の教科書は日本語で書かれ、先生は日本語で指導されます。
テストも、ほとんどの教科日本語で設問が書かれています。

私は、もともと国語専門ではなく、中学生に数学や英語を教えていました。

その中で、プリントを渡して、「これやって」というと、
プリントの設問を読まずに、「何すればいいの?」という子が一定割合いました。

文章や文字を読まないのです。

そういう子の多くは、国語が苦手でした。
文章を読むことに苦手意識があり、無意識に読むことを避けています。

彼らのテストを見ると、
設問に答えていないということ事が少なくありませんでした。

パッと問題を見て、「きっとこういうことだろう」と

想像し、

設問をしっかり読まずに、憶測で答えているようでした。

驚きです!

 

彼らのテストの点が悪かったのは、

内容がわからないのではなく、
問題をきちんと読んでいなかったから・・・・

 

なぜか・・・・

文字を読むことが面倒だからです。

実は文字を読むことは、脳の負担が大きいのです。

だから、出来るだけ脳を消耗しないように

省力化しているのですね。

逆に、国語が得意、文字を読むことが苦でない子は

当然、テストの設問もしっかり読みます。

だから、設問に答えることができるのです。

勉強をする前にすることがあった!

文字を読むことが苦でない

文字を読んでしっかり理解できる状態を作るのです。

国語はすべての教科の基礎といわれるのは、こういうことです

スポーツ選手がまず体づくり、体力づくりをするように

勉強については、
文字を読んで意味が分かること
文字を読むことに苦手意識がないこと
がとても大切なのです

 

春休みをきっかけに、国語のトレーニングを始めませんか?

国語は能力でなく、読むコツを知り、トレーニングをするのです。
お問い合わせお待ちしています

お問い合わせはこちらへコクリエ国語教室へのお問い合わせご質問は、お気軽に上記よりお願いします。

メルマガ登録葉子先生の国語塾無料メルマガで、国語、教育改革、各種イベントのご案内などを発信しています。
上記より登録お願いします。

LINE公式アカウント登録LINE公式アカウントで、新しい情報などをお伝えします。上記より登録お願いします。

コクリエ国語教室ホームページコクリエ国語教室について詳しくは上記から

コクリエ国語メソッド講師養成講座ホームページ講師養成講座について詳しくは上記から

| 2020.02.25 17:59 | コクリエ国語教室からのお知らせ, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 高校入試 |

高校受験

2019.10.31 Thu

コクリエ国語教室で一番多いのは中学生です

中学生になると、小学生と違い、定期テストが始まり、成績表も気になります。

また、高校受験も視野に入ってきます。

小学校の時は、テストも80点くらいだったけど、中学入ったら急に国語が苦手になった、という話をよく聞きます。

多くの場合、本当は小学生の時も国語は得意でなかったけれど、問題が簡単だったので、苦手だと気づかなかっただけ・・・・ということです。

でも、中学で気づいてよかった!!

そのまま高校になったら、高校の現代文でびっくりするところです。

これ、本当に日本語ですか?

何を言っているのか、さっぱりわかりません

というような文章が、高校のテストでは出てきます。

「抽象度が高い」文章になるのです。

だから、ひょっとして国語が苦手かもと気づいたら、早めにきちんと国語を習いましょう。

きちんと読めるようになれば、国語はとても分かりやすい教科です。

また、国語の基礎ができていないと、英語の長文読解ができません。

先日PISAの読解力テストで日本の順位が下がったことが話題になりました。

当然です。

日本の国語教育では扱っていないことが出題されているのですから。

国際社会で働く若者たちには必要な能力ですが、日本の国語教育では扱ってきませんでした。

そのような分野も、コクリエ国語教室で学ぶことができます。

お問い合わせをお待ちしております

こちらから

| 2019.10.31 18:12 | 高校入試 |