子供の才能開花に成功する親の関わり方~辻井君お母さま

2015.10.27 Tue

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{2A7931EE-2B95-4AA5-9F78-7EB600C7B876:01}

ピアニストの辻井伸行さんのお母さま辻井いつ子さんの講演会「子供の才能の見つけ方伸ばし方」を拝聴しました。

地元愛西市の、教育関係のイベントでした。
まず、彼の才能が見つかるエピソードから。
伸行さんは、生まれながらに全盲でしたが、8ヶ月くらいから、あるクラッシック音楽を聴くとご機嫌になったそうです。そのCDが傷付いたので、同じ曲で別の演奏者のものを買って聞かせたら、無反応。元の奏者のものを聞かせると、ご機嫌になったそうです。8ヶ月で、演奏者の区別が出来るとは、相当の才能がある、と、お母さまは思われたのだそうです。
はい、言い方は悪いですが、かなりの親バカです。
親バカ大事です!
だって、誰よりも誰よりも我が子は可愛いし、特別ですよね?
冷静に客観的に見ている場合ではありません。
ちょっとしたスゴいところを見つけたら、すご~~い!と、思いっきり言葉にしてあげてください。「そうなの?」と意識に上がります。
人の才能の多くは、子供の頃誰かに気づいてもらって、褒めてもらうことで、「もっとやろう」と思えるものです。
お母さんが、一番身近にいて、気づくチャンスも多い存在ですよね?
また、子どもは、誰よりもお母さんやお父さんに認めてもらいたいもの。
声をかけてもらうこと、褒めてもらうことでモチベーションも上がります。
人の才能って、どこにあるかわからないものです。「うちの子、ココすごいカモ」と思ったら、言葉に出して、本人に伝えてあげてください。
きっと、、、気に登ります。(失礼!)
お母さんお父さんの愛情ある眼差しの中で、才能は開花していきます。決して、冷静に客観的に他人と比較しないでね!

| 2015.10.27 16:23 | 良かった出会い・セミナー |

コクリエ国語教室

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ