コクリエ国語教室

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

日本の受験事情の危機?爆受験

2016.10.20 Thu

今朝の朝の番組で

「爆受験!」という特集をやっていた

image

 

中国人学生が、大量に日本の大学を受けに来日しているという。

中国人受験生専門予備校が東京や大阪にたくさんあり、日本の一流大学入学を目指している。

彼ら彼女らは、中国の都会からやってきているが、日本に憧れているという。

都市機能など、中国とはまったく違う、アニメ文化などへの憧れが強い。

 

なぜ、こんなにたくさんの中国人学生が日本の大学を受験するのか?

 

それは、中国の大学入試が過酷極まりないから。

一つの受験会場で一人しか受からない。(詳細不明)

中国の一斉テスト(日本のセンター試験のようなもの)の合否基準が明確でなく、地区ごとに問題が違い、不平等極まりない。

 

受験者が日本の15倍程度で、競争率が高すぎる。

 

テレビを見ていて感じたのは、中国人学生の意欲が高いこと。

日本人受験生のありようとは、まったく違う。

真っ向勝負したら、かなわないのではと感じる。

とても恐ろしいとかんじた。

 

近い将来、難関国立大学は中国人学生ばかりになってしまって、日本人が肩身が狭くなっていたりして、、、

就職でも同様のことが言えるかもしれない。

 

それも、日本という狭い世界で安穏と生きてきたツケかもしれない。

国際化がこういう形でやってくるとは。

 

今の中学生たちの大学受験のライバルは、中国人など外国人になるのかもしれない。

 

また先日 、別の番組で、林修先生が、大学受験生が205万人から120万人に激減しているのに、東大合格者は3000人と、変わらない。上の何割かは別として、下の方は東大生でも、少し前の世代とは全くレベルが違う。と言っていた。日本人は、ぬるま湯なんだ、と、感じた

 

コクリエ国語教室
お問い合わせ:080-4525-0709 黒川
お手数ですが、電話に出ないときは、メッセージ入れてください。折り返しご連絡します
お問い合わせはこちら
  ← お問い合わせフォーム

| 2016.10.20 13:37 | 2020年度新大学入試, 大学受験, 社会問題 |