「言葉にできる」は武器になる

2016.10.01 Sat

これは、すごい本です。

本屋さんで、偶然の出会い

私、本との出会い運だけはいいんです!

(別の出会い運が欲しい、、、ですが)

 

タイトルがまた、秀逸です。

image

「言葉にできる」は武器になる

 

カリスマコンサルタント、和仁氏も、顧客に喜ばれるコンサルタントの能力は、「経営者が言葉に出来ないことを言葉にする能力だ」と言っています

 

実は、読んでみると、もっと深い

著者は、電通のコピーライター

缶コーヒージョージア「世界は誰かの仕事でできている」

「この国を支える人を支えたい」

などで有名な  梅田  悟司さん

 

耳障りのいい綺麗なことばでなく、「伝わる言葉」はどうしたらできるか?

伝わる言葉はテクニックで学べるものではなく、

その人から出る本当の「意見」もっと言えば「人格」そのものだという

 

では、どうすればそれが磨けるのか?

 

ここからは、、、

簡単に教えたくないけど、、、

 

外に出る言葉は、内なる言葉から

「内なる言葉」とは、自分が言葉にしないまま頭の中でぐるぐるしていることば、判断基準、価値観

考えるということは、頭の中で内なる言葉を発しているということなのだ。

言葉にできないということは、言葉にできるほどには考えられていないということ。

 

そして人を動かすほどに伝わる言葉とは、

内なる言葉が、切実さ、使命感、熱量を持って

発せられ、聞き手と志を共有したということ。

つまり、伝わる言葉とは

「あなたの本物の意見が宿っている言葉」

 

 

本書のなかでは、どうやって「内なる言葉」を磨くのか?をワーク形式で教えてくれている。

 

自分と向かい合い、考えを深めるためのいい本だと思う。

 

| 2016.10.01 17:27 | 2020年度新大学入試, おすすめの本, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 大学受験, 考える力をつけるには? |

コクリエ国語教室

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ