コクリエ国語教室

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

伝統の錦織の工房の特別見学

2015.11.30 Mon

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{1335F0EA-95DD-47D4-81E2-5D5C890D1A2A:01}

週末は、京都に日帰りで行ってきました。

まずは、お世話になっているよが大家、龍村修先生の、ご実家である、錦織の龍村の工房見学
龍村は、錦織(西陣織)の中でも特別な存在
帯も特別なもので、皇室に錦織をたくさん収められています。
{2CD50730-9ECB-4EDF-9E96-BFA85013A696:01}
東宮御所に収められたものと同じ作品
織物は「本物」が複数存在できるのです。
{F3539A54-2B60-42EA-BAB8-B927772D3D47:01}
昔の織り機、高織(たかはた)の再現品
機職人も、今はなかなかいらっしゃらないのだとか。
織物は数学、という名言をいただきました!
{BED8A5D3-300E-4BA7-A807-1C4589F5A8AC:01}

龍村は、代々研究家であり、アーチストなのです。

手前が3代目光峯氏、奥が4代目周氏
2代目は、古代のエジプトの布の復元で、中学校の教科書にも載っていらっしゃるのだそう。
周氏直々に色々と説明して下さいました。

{3C5B712D-5E79-44DF-AD24-403E4B495098:01}

龍村の帯は特別

着物を知っている方は皆さん口を揃えておっしゃいます。
その秘密は、糸の細さ
同じ幅に2倍以上の糸が詰まっています。
それにより、光を煌めかせ、特別な色や輝きが現れるようです。
したの布によって変幻自在な帯
{A0703B3C-B79A-46B8-8B6D-EF6C84D28597:01}
{9BBCD34D-E53D-45AE-917B-064B95850FE7:01}

写真で違いがわかりますか?

特別なものには、きちんと理由がありますね。
素晴らしい経験をさせていただきました。
日本の伝統技術は、本当にすばらしいですね

| 2015.11.30 22:14 | 未分類 |

夢を叶える原動力〜下町ロケットから

2015.11.16 Mon

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

日曜夜の下町ロケットみていますか?

最近あまりドラマを見ていなかったのですが、今クールはドラマが面白い!
その中でも、下町ロケットは、直球の企業ドラマですね。
昨日は野球の影響で1時間半遅れで、ネムネムになりながら待ってました。
夢に向かって技術開発をしている、中小企業の佃製作所を舞台にしたドラマです。
昨日はやっと念願の、夢の実現、ロケットが飛びました!いろいろなことがありながら、「信じる」をキーワードにキーマン達が難しい決断を下し、下っ端が変なプライドにしがみついて、ドラマが展開して行きました。
キーマン達の決断は、功をそうして日本初のロケットは大成功、主人公佃をはじめとしたみんなの夢が叶いました。
1時間のドラマの中に、かなり凝縮したメッセージと、いいセリフが散りばめられて、眠い目をこすりながら待っていた甲斐がありました。
自分たちの技術力を「信じる」
人のポテンシャルを「信じる」
夢を叶える原動力は、「信じる」こと
まだ形になっていないもの、その価値、それを作り上げられる事、人、その全てを信じることが、夢の実現の過程にたくさんある。
まずは、信じる自分を信じること
単にかけや、情ではなく、信じる側に広い意味でも経験や技量があるから、大切な決断が出来る。
そう感じたドラマでした。
主人公佃の、こんな言葉も心に残りました。
仕事は二階建ての建物のようだ。一階は生活を支えるお金のため。でも、それだけではつまらない。2階は夢だ。夢のある仕事をしたいと思わないか?
多くの人が一階だけで、キュウキュウしがちですが、こんなものの見方が出来ると、いいですね。

| 2015.11.16 14:56 | おすすめの本, 未分類 |

要約を学んで能動的に学ぶ力を付ける

2015.10.30 Fri

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{E0679605-C381-425A-877C-8EAA53CD75DE:01}
ニュースサイトからの引用です。

記事から

■勉強ができない人は、板書を作業としてノートに書き写す(A)

脳に情報を入れていない。おまけに、きれいにノートを取ったりなんかしていると、“ちゃんと授業を聞いていた”ような錯覚を覚えるから困る。

■勉強ができる人は一度脳にインプットしてから、アウトプットとして板書を写す(B)

勉強ができる人は、教師の言っていることを一度脳にインプットしてから、アウトプットとしてノートに板書を書く。

注意深く聞いていないといけない。集中力が必要だ。新しいことを即座に脳へインプットして、咀嚼していかなければならない。

ノートをとるときに、板書をそのまま写しては意味がなく、講義を聞いて、頭の中でまとめて、それをノートに書くことが必要だという内容です。
つまり、話を聞いて情報をインプットし、頭の中で咀嚼して、言っていることの全体像対決なポイントなどに分解し、ノートに書く、つまりインプットとアウトプットをしているわけですよね。
それに対して、板書を写すのは、他人がまとめた要点を写すだけなので、受動的であり、インプットのみで、全く頭が働いていない状態です。
インプットしたものを、咀嚼して対決なことに分解する時に必要なのが、要約力であり、理解力です。
これがない人は、出来ないので、板書がない時は、ぼっとしています。何も頭を働かせず聞いている可能性が高いのです。
きちんと理解しようと自分の頭を使うのは、とても疲れます。塾で面白い講義を聞いて、わかった気になっても出来ないのは、受動的にしか聞いてないからです。
要約を学ぶと、集中力が身につきます。逆に言うと、集中力がないと、まとめて物事を考えられないのです。
コクリエ国語教室でまなぶようやくりょくは、国語の勉強というだけでなく、広く学習、仕事に役立つ基本能力なのです。

| 2015.10.30 16:28 | 未分類 |

感性を磨く〜幼い頃辻井伸行さんがお母さんにしてもらったこと

2015.10.29 Thu

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{E7066498-F3AB-4F57-8099-06B5BF3E8001:01}
辻井さんのお話第3弾です
さて、一流の音楽家となると、表現力が必要ですよね。
表現するためには、感性を磨くといい
完成を磨くには、たくさんのものを見たり体験したり、触れたりという経験が欠かせません。
ところが、伸行くんは、生まれた時から全盲です。物を見ることが出来ません。そこをどうクリアしたのでしょう?
お母さまは、彼を色んなところに連れて行きました。美術館、花火、山の中など、、、
美術館や、山の中では、お母さんが、作品や物や風の一つ一つを説明したそうです。
伸行くんは、それらを聞いて心の目で見たといいます。
伸行くんは、風にあたるのをが好きで、その風の色をお母さんが説明してくれたといいます。「今日の風何色?」というのは、お母さまが書かれた著書第一弾のタイトルです
物理的には見えなくても、心の目で見る色は、豊かだったのですね。
他にも、小学校1年から中3まで水泳を習い、スキーや、山登り、乗馬もこなしたそうです。本人がやりたいといったことは、とにかくチャレンジさせる、それが教育方針でした。
目が見えないからこそ、やって見なくてはわからない。体験でしか、わからないからです。
このようにして、ハンディキャップがありながら、様々な体験をし、感じて、感性を磨いて行ったのです。
「おかあさんのおかげで」伸行くんは何度もDVDの中でそう言いました。
おかあさんの諦めない愛情のこもった関わりが、今の彼を作ったのは間違いありませんね。

 

| 2015.10.29 16:26 | 未分類 |

子供の才能は、すぐに磨くべし!~辻井信行さんおかあさま~

2015.10.28 Wed

頭が良くなる国語塾  コクリエ国語教室 名古屋駅前校 主宰の 黒川葉子です。

{2FCC1508-6E66-430E-924D-8A7645C36EC9:01}

ピアニスト辻井伸行さんのお母さまの講演会第二弾です

8ヶ月で、ひょっとして音楽を聞き分ける能力があるかも?と思ったお母さまは、オモチャのピアノを買い与えました。伸行くんは、毎日夢中でピアノで遊んでいたそうです。とにかく大好きで仕方ない、という感じ。
お母さんは、家事をする時など、目の見えない伸行くんから離れる時は、歌を歌って存在を伝えていたそうです。2歳3ヶ月の時、お母さんが鼻歌でジングルベルを歌っていると、ピアノでジングルベルが聞こえてきました。あれ?と思ってよく聞くと、伸行くんは、耳コピで、ジングルベルを演奏できるようになっていたのです。
お母さんは大感激!
目が見えない子の子育ては、出口の見えないトンネルの中にいるようなものと表現されました。そのトンネルに、先の方に少しだけ明かりが見えた気がすると。
ハイハイは出来ないし、育児本や周りの同年代の子とは、比べものにならないぐらい、何もできない我が子。
たった一つだけ、ピアノは、上手かもしれない、そう思った時、それに気づいた時、お母さんは、伸行君のために、趣味でいいので、好きなこと、一生の楽しみになるものになって欲しい、と思ったそうです。
オモチャのピアノが壊れたあと、実家からピアノを持ってきて、ピアノの先生を週一回呼んで、先生の演奏をお母さんと伸行くんで毎週聞いたのだそうです。
そうこうしているうちに、自分でも簡単な曲なら弾けるようになりました。
5歳の時、サイパンのショッピングセンターにあったピアノを見つけ、ひかせてもらったら、たくさんのお客さんが集まってしまい、みんなに喜んでもらえた。伸行くんは、それが嬉しくて、人前で演奏することが大好きになったのだそうです。
才能を見つけた後のお母さまの関わり方が、素晴らしいですよね。
たった一つだけ、才能らしきものの芽がみつかった。それをどう伸ばして行くか、いろいろされています。
無理強いをせず、やりたい気持ちが高まるまで待つ。やりたい気持ちが出てきたら、無理かもしれなくても、親として出来るサポートをする。それにより、自信をつけたり、もっとやりたいという意欲が生まれています。
難しいのは、みんな中途半端に、ちょっとづつ才能らしきものや興味があること。たったひとつなら、集中出来るのですが、一つに決めるところが、なかなか踏ん切りつきませんよね。
選択と集中
これが大切だと、経営者セミナーなどでもよく聞きます。限られた時間限られたリソースなので、子育ても仕事も、大切なことは同じですね。

 

| 2015.10.28 16:24 | 未分類 |