文章が読めないのは語彙が足りないのかも

2022.12.09 Fri

「うちの子読解力がないのです!」
多くの保護者の方が、そういってお問い合わせをくださいます。

「読解力」って何?
という問いに対して、一概に「コレ」と答えるのは難しいのです。
色んな原因があって、その結果として「読解力がない」と言われる現象があらわれます。

今回はその中で、「語彙力がない場合」についてお話しますね。

この前、授業をしていた時のこと。
別の塾で解いてきた問題のやり直しをしていました。
「○○さんはあきれて言いました」なぜあきれたのですか?
という問いに、選択肢で答える問題です。

「『あきれる』ってどういうこと?意味わかる?」
と聞いてみると、『飽きる』と勘違いしていました。

この問題自体が、その言葉を知っているかどうかを試すものだったと考えますが、
子どもたちは、知らない言葉が出てきたときに
「知らない言葉だ」と認識せず、自分の知っている言葉に変換して読むことがあります。

というより、国語が得意でない子の場合、多くのケースで
知らない言葉を、知っている言葉に変換しているといっていいでしょう。

「知らない」と言えるのは、正確に語彙をとらえている子です。
わからない子ほど、無意識に「知っている言葉」に変換して、わかったふりをしてしまうのです。

では、どうしたらいいか?

お勧めは、問題を解く前に、「知らない言葉を探す」ことです。
知らない言葉に、子どもに印をつけさせて、まず辞書で調べる。
ノートに書き記して残します。
辞書の説明は子どもには納得しにくいので、
その言葉の使い方の例を挙げるなどして、
理解を深めると、なおいいでしょう。
こうして、「知らない言葉」に気づく習慣をつけるのです。
少し手間はかかりますが、知っている言葉を増やすのはたのしいという
イメージがつくといいですね。

国語の問題に出てくる言葉は、日常生活ではなかなか出会わない言葉であることが多いのです。
大人にしてみたら、そんなに難しくない言葉でも、子どもは初めて出会う言葉であることも多いのです。

「読解力がない」と一言で済ませずに、
原因を探ってみるといいと思います。

お問い合わせはこちらへコクリエ国語教室へのお問い合わせご質問は、お気軽に上記よりお願いします。

メルマガ登録葉子先生の国語塾無料メルマガで、国語、教育改革、各種イベントのご案内などを発信しています。
上記より登録お願いします。

LINE公式アカウント登録LINE公式アカウントで、新しい情報などをお伝えします。上記より登録お願いします。

コクリエ国語教室ホームページコクリエ国語教室について詳しくは上記から

コクリエ国語メソッド講師養成講座ホームページ講師養成講座について詳しくは上記から

| 2022.12.09 14:47 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, 中学受験, 入試と国語, 国語のレベルアップに必要なこと, 国語専門講師の視点, 大学受験, 聞く&話す力/コミュニケーションスキルを高めたい, 読む力/読解力をつけたい, 高校入試 |

文章が理解できないのは読解力不足だけではない~ごんぎつねの読解~

2022.11.10 Thu

少し前に話題になった、「子どもたちが、「ごんぎつね」を読めない問題」覚えていますか?

それは、小学校の国語の授業の話。ごんぎつねを題材にして授業が行われていた。

ごんぎつねが、兵十の家にあった魚やうなぎを逃してしまった数日後、
ごんぎつねが兵十の家を訪ねると、葬式の準備をしていた。
近所の人が集まり、家の外で火をたいて、鍋がぐつぐつしていた。 
というシーンで、

先生が生徒をグループにして、話し合わせた。「この鍋で何を煮ているでしょうか」

子どもたちは、真剣に考えて、答えを出した。
半分以上のグループの子たちは
「亡くなった兵十のお母さんを煮ていた」
と答えた。

それを見た先生たちは、嘆いた。
「人の気持ちがわからない」「想像力、読解力の欠如だ」と。

ネット上でかなり話題になった。
それは、読解力や感受性の問題ではないだろう、と。

普段から多くの子供たちに国語を教える立場からも、
これは、読解力のもんだいではなく、
子どもたちの問題でもなく
指導者の想像力の欠如、指導方法の間違いだと思う。

こちらの本の冒頭部にそのエピソードがある。

試しに、コクリエに通う中学生3人に同じ質問をしてみた。
中三生2人中二生1人だ。
この内、中三生の一人は、難関私立中学で、学年1位から3位に間には常に入っている子だ。
3人ともよく本を読んでいる。本の虫と言ってもいいくらいに本を読んでいる子もいる。

中二生「何かを消毒するために湯を沸かしている」
中三生「お母さんの死体を煮ている」
中三生「・・・・何か食べ物を煮ている???理由はわからないけど」

そう、中学生でも、本の虫でも、
みんな、先生が期待している答えには行きつかないのだ。

なぜ???

3人とも、この時代の葬式について、何一つ知らないから。

現代の葬式は、葬儀会館で行い
葬儀社のスタッフが取り仕切り、近所の人はせいぜい弔問に来るだけ。
通夜葬儀では、親しい親戚だけに取り寄せた食事をふるまう。

ごんぎつねの時代の葬式は
家でとり行い。
近所の人が手分けして取り仕切り
近所の人が作った煮物を出席者にふるまう。

近所の人が集まって煮物をするなどという習慣は、
現代の日本にはない。

近所の人が葬式の日に何かを煮ていたら
それが、葬式に来た人にふるまう食事野ための煮物だなんて、想像すらできない。

子どもたちがこれを想像できないのは、いけないことだろうか??

私は、比較的田舎で育ったので、リアルに近所の人が集まって祖母の葬式をとり行ってもらった経験がある。
しかし、私と同世代でも、このような葬儀の経験のある人は少ないのではないか? 

この話を、国語指導者養成講座の卒業生たちと話したとき、
多くの人は経験はなかったが、
テレビアニメの「日本昔ばなし」などで、こういうシーンを見たことがある、
と話してくれた。

小学校の先生の授業の進め方に疑問がある。
ここは、想像したり考えたりする部分ではなく
昔の日本の風習として、情報をあたえる必要があると思う。

この授業のしかたを、外国人向けにするだろうか?
この風習を知らないかもしれない外国の人に、
昔の日本の生活様式として、「葬式のときは・・・」と教えるのではないか?

日本は、戦後、昔の生活習慣や、住まいや、考え方などの多くを捨てて
西洋式の新しい日本として生まれ変わっている。

日本の古い文学や随筆など、その多くの背景は、現代の子どもたちには未知なのだ。

国語指導者には、
そう思って、その前提で、
子どもの立場になって考えてほしい。

自分には当たり前のことが、もはや子供には当たり前ではないのだ。

知らないことは、情報として与えて
そのうえで、想像力を働かせるよう、働きかけるのが当然の指導法だと考える。

そうでないと、国語嫌いを量産することにつながってしまうと考える。

#ごんぎつね
#読解力
#子どものせいでなく指導者の力不足
#国語嫌いをつくらない

お問い合わせはこちらへコクリエ国語教室へのお問い合わせご質問は、お気軽に上記よりお願いします。

メルマガ登録葉子先生の国語塾無料メルマガで、国語、教育改革、各種イベントのご案内などを発信しています。
上記より登録お願いします。

LINE公式アカウント登録LINE公式アカウントで、新しい情報などをお伝えします。上記より登録お願いします。

コクリエ国語教室ホームページコクリエ国語教室について詳しくは上記から

コクリエ国語メソッド講師養成講座ホームページ講師養成講座について詳しくは上記から

| 2022.11.10 16:11 | つれづれ思うこと, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語メソッド講師養成講座, 国語のレベルアップに必要なこと, 国語専門講師の視点, 社会問題と国語, 考える力をつけるには?, 読む力/読解力をつけたい, 読解力/リーディングスキルについて |

2023愛知県の高校入試改革は国語力が勝負!

2022.11.10 Thu

今の中3が受験する、2023年の愛知県の公立高校入試は、大きく変わります。

主な変更は
1.受験機会が2回から1回に変更
2.受験時期が2月中旬に変更(1か月早くなる)
3.解答方法がすべてマークシートに変わる

今回お話したいのは3番について
解答方式がすべて選択式になる、というものです。

一見、受験生にとって、楽な変更だと感じます。
特に、国語の記述問題がなくなるので、国語嫌いの子は一瞬喜びます。
実は、そうではなく、国語が得意でない子にとって、選択式の解答は、楽だとは言えないのです。

なぜなら、高校入試の目的は、合格者と合格しない人を分けること。
そうなると、差をつけるために問題や選択肢は、選びにくいものとなるでしょう。
一足早くマークシート式に変更した神奈川県の問題は、確実に難化したといいます。

その為には、度の教科でも、選択肢は、間違いやすいもの、
パッと読んだだけでは、どれが正解かわからないものになる、ということです。
つまり、選択肢が、長文化し、注意深く読まないと
どれが正解かわからないものになることが想像できます。

国語が得意でない子は、文章を読むことが嫌いです

文字が大量に書かれているだけで、戦意喪失です。
文字の多い文章を読むことを放棄して、
「適当に」選択してしまうことは容易に想像できます。

これが、国語だけではなく、すべての教科においてテスト紙面が文字で埋め尽くされるのです。

実は、この傾向はすでに大学入試「共通テスト」をはじめとして、
多くの入試で、数学などの国語以外の教科のテスト問題が文字で埋め尽くされ
国語が得意でない学生が戸惑っているという現実が報告されています。

数学の問題なのに、読みにくい文章を乗り越えないと先に進めないのです。

「理系だから、国語はいいかな」
「まずは、英語と数学、国語はわざわざ学ばなくても・・・」
という時代は終わったのです。

まずは国語力
まずは、「読解力」
文章の意味を自分で理解することが第一歩なのです。

なぜ?

社会が変わり、求められる能力が大きく変化したからです。

コクリエ国語教室では、冬休みの特別講座、2023年どの新規入学者を募集開始です。

ご興味をお持ちいただいた方は、下記からお問い合わせをお待ちしています。

お問い合わせはこちらへコクリエ国語教室へのお問い合わせご質問は、お気軽に上記よりお願いします。

メルマガ登録葉子先生の国語塾無料メルマガで、国語、教育改革、各種イベントのご案内などを発信しています。
上記より登録お願いします。

LINE公式アカウント登録LINE公式アカウントで、新しい情報などをお伝えします。上記より登録お願いします。

コクリエ国語教室ホームページコクリエ国語教室について詳しくは上記から

コクリエ国語メソッド講師養成講座ホームページ講師養成講座について詳しくは上記から

| 2022.11.10 16:07 | コクリエで学ぶこと, コクリエ流国語のお悩み&お困りのツボ, 入試と国語, 受験・入試対策/苦手な国語をクリアしたい, 国語のレベルアップに必要なこと, 国語の成績を上げたい, 国語を学ぶメリット, 国語専門講師の視点, 夏休み・冬休み・春休み企画, 読む力/読解力をつけたい, 読解力/リーディングスキルについて, 高校入試 |

国語の最後の壁「記述問題で点数を取れない」をクリアするには??

2022.10.27 Thu

夕方、暗くなるのが早くなってきましたね。
秋が深まるこの時期、受験生や保護者の皆さんの戸惑いや、お悩みの声をよく聞きます。

・模試の成績がちっとも上がらない
・国語の記述問題が全く書けていない
・国語の記述問題を書いても、点数が取れない

一生懸命頑張って、読解力がつき、漢字など努力で点数の上がる問題は上がってきても
肝心の高得点の「記述問題」がちっともできない
または、書いても、点数につながらない。

過去問を解き始めているこの時期、
このようなお悩みの相談をよく受けます。
本当に多くの方がお困りです。

では、どうしたらいいのでしょう??

この時期、記述問題で点が取れていないのは、どうなのでしょう??

今までの経験から、お話しますね。

もちろん「読解力」をつけて文章の意味がわかっていることが第一条件です。そこが苦手な方は、ぜひコクリエ国語教室に!

その上でのアドバイスですが、この時期、記述問題で得点できていないというのは、よくあることです。
ご心配に及びません。

その理由を、記述問題の「正解」やどうしたら得点できるか、から考えていきましょう。

記述問題の採点方法は、解答に、それだけ必要なキーワードが盛り込まれているか、
により加点していきます。
必要なキーワードが3つでいつ2点とか
語尾などの指定(から、や、ことで終わる)で1点などと決まっています。
そのキーワードが書かれていないと、内容的には似たようなことが書かれていても得点になりません。

がんばってきて、少しづつ読解出来て、レベルが上がって、記述問題を記入できるようになっても
それが完全正解になるまでには、少し時間がかかることがあります。(というか、その方が多いです)

模試で点が取れたか取れなかった、で一喜一憂するのでなく、
どこまで記述が書けていて、どうしたら得点になるかを、
一問づつ、丁寧に見直して、課題を整理してください。
そして、次の時には、必ずその課題をクリアする。

全くできていない状態でも
あと、ちょっと、でも、点数にはなっていない状態でも
結果的には、同じ×ということが、記述では多いのです。

点数だけで一喜一憂せず、細かく見てください。
なにが課題か、何に気を付ければ〇になるのかを、
細かく見てください。

今まで見ていた子たちでも、この時期で記述が全く書けなくても、
書いても得点できなくても、志望難関校に合格しています。

まだまだ時間はあります。
「何をすれば壁をのりこえられるか?」をよく考えてみてください。

お問い合わせはこちらへコクリエ国語教室へのお問い合わせご質問は、お気軽に上記よりお願いします。

メルマガ登録葉子先生の国語塾無料メルマガで、国語、教育改革、各種イベントのご案内などを発信しています。
上記より登録お願いします。

LINE公式アカウント登録LINE公式アカウントで、新しい情報などをお伝えします。上記より登録お願いします。

コクリエ国語教室ホームページコクリエ国語教室について詳しくは上記から

コクリエ国語メソッド講師養成講座ホームページ講師養成講座について詳しくは上記から

| 2022.10.27 15:43 | つれづれ思うこと, コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について, コクリエ流国語のお悩み&お困りのツボ, 中学受験, 入試と国語, 受験・入試対策/苦手な国語をクリアしたい, 国語のレベルアップに必要なこと, 国語の成績を上げたい, 国語を学ぶメリット, 国語専門講師の視点, 大学受験, 書く力/作文力をつけたい, 読解力/リーディングスキルについて, 高校入試 |

子どもが成長する鍵は?

2022.08.20 Sat

夏は、植物も大きく成長する時期ですね!
もちろん、子どもも、夏休みのいろいろな体験や
塾の夏季講習で、普段より多くの時間勉強をすることで
大きく成長します。

同じように、長時間勉強していても、
成長の著しい子と、もうちょっと、という子がいます。
同じ時間を使っていても、成長度合いの違いは、どうして起こるのでしょう??

受験生を見ていて、私が言えることは・・・
自分のやっていることを、主体的にしているのか、
「やらされ」で受け身的にしているのか
の違いは、大きいと感じます。

やっていることが「自分ごと」なのか「他人事」なのかです。

別の言葉で言えば
「責任感をもってやっているか?」なのです。

子供の成長のカギは「責任感」です

先日、読書感想文教室をしていました。

その時、ある子が、自分で書いていないで、
ほとんどお母さんが書いていました。

私の読書感想文の教室では、事前に、お子さんの言うことをお母さんが引き出し
サポートするという役割で進めるとお伝えしているのですが・・・
主役がお母さんになってしまっています。
誰の感想文?
誰の宿題?と思ったのですが・・・
何気なくサポートに入り、促してみたのですが、
お子さんの他人事のスタンスは変わらず・・・

読書感想文の一部として、この本を選んだ理由を書いてもらうのですが、
そこにも、「お母さんが選んだ」と一言書いて終わり。

さすがに、「買ってきたのはお母さんでも、あなたの宿題だから、
責任をもって、この作文を自分で書くように」と子どもに言いました。

どんな事でもそうですが、結果を出す取り組みと、出さない取り組み
その差を作るのは、「自分ごととして、主体的に取り組むかどうか」
だと思うのです。

その為には、お母さんが、先回りしてなんでも準備しないこと。

自分ごととして、物事をするような習慣をつける事。

日々、子どもたちと関わっていて、
責任をもって物事をするような、
精神的な成長を促すことが、まず大切だと思うのです。

勉強の前にすることがあります。
それは、自律した子に育てること。
これが何より大事なのです。

その子その子でスピードが違ったりしますが
自律 = 自分で物事に責任を持つ ことです。

特に、男の子
お母さんがついつい手を出しがちなのです

あと少しある夏休み
お子さんを自立させるために、
何かできることはないかと、考え実行してみてください。

自律と、自分で物事を責任をもって行う態度
勉強にかけた時間を、何倍にもする力があると思っています。

お問い合わせはこちらへコクリエ国語教室へのお問い合わせご質問は、お気軽に上記よりお願いします。

メルマガ登録葉子先生の国語塾無料メルマガで、国語、教育改革、各種イベントのご案内などを発信しています。
上記より登録お願いします。

LINE公式アカウント登録LINE公式アカウントで、新しい情報などをお伝えします。上記より登録お願いします。

コクリエ国語教室ホームページコクリエ国語教室について詳しくは上記から

コクリエ国語メソッド講師養成講座ホームページ講師養成講座について詳しくは上記から

| 2022.08.20 16:12 | すごい!読書感想文教室2022, コクリエ国語教室について, コクリエ流国語のお悩み&お困りのツボ, 中学受験, 書く力/作文力をつけたい, 考える力をつけるには?, 読書感想文, 高校入試 |

次のページ »

コクリエ国語教室

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ