コクリエ国語教室

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

人生を変える国語の授業

2016.05.09 Mon

前回のブログでもお話したとおり、私は2003年に特別非常勤講師として、公立中学校に一年間勤務しました。

この時の体験は、本当に宝物のようで、私に様々な気づきを与えてくれ、ますます教育に傾倒していきました。

そんななかから、今日もひとつお話をさせていただきます。

 

職員室で、私の前の席に座っていらしたのは、割と個性的な美術の先生。

この先生は、特別支援学級の担任でもありました。

特別支援学級の生徒は、国語や数学などの教科は支援学級で受け、体育や音楽などは普通クラスと一緒に受けます。

そんなわけで、美術の先生でしたが、国語も教えていらっしゃいました。

 

あるとき、給食の時間に先生と話していたら、

「国語の教科書の詩を、短く短くする授業をしたら、生徒たちが大人の言うことがよくわかるようになった、家の手伝いやお使いができるようになった。」とおっしゃるのです。

興味を持った私は、詳しくその方法をお聞きしました。

詩の一行に20文字あったとしたら、それを10文字に・・・とすべての行の文字を半分にする

次は2行を1行にし、字数を半分にする

これを繰り返して、最後に詩を数文字で表わす

 

かなり興味深く、一度見学させてほしいと言いながら、その機会は得られませんでした。

しかし、この話は、私の脳裏に深く刻まれていました。

 

特別支援学級の生徒で、人の指示や話が理解しにくい子に、「半分、半分・・・」と意味は残して文字数を半減させる事で、「意味を理解する」ことが出来る!!

これは、彼らの人生を変える程のすごい学びだと・・・・

「人の言うことがわかる」ことで、彼らが得るものは大きいと思ったのだ

まさに、人生を変える国語の授業である

 

のちに、コクリエメソッドを作る中で、このエピソードは、大きな支えとなりました。

理解力は、能力ではなく、学べば誰でもできる技術である

私は、自分が教えてきた体験からもそう信じています

 

頭の悪い子はいない!!

ぜひ、理解する技術を手に入れてほしい、と思う次第です

 

| 2016.05.09 16:58 | コクリエで学ぶこと, コクリエ国語教室について |